398件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

太陽光発電設備は航空貨物ターミナル施設の屋根に設置し、12月初旬までに全面的に運用する予定。

ジップエア、来月からホノルル線 来年度、米西海岸に就航 (2020/11/23 建設・生活・環境・エネルギー)

日本航空(JAL)傘下の中長距離格安航空会社(LCC)ZIPAIR Tokyo(ジップエア)は2021年度上期にも、北米・西海岸への路線開設を計画する。... 航空貨物の輸送需要も見込み、フルサービス...

日通、通期見通し上方修正 緊急輸送需要取り込み (2020/11/2 建設・生活・環境・エネルギー)

日本通運は国際貨物の輸送需要の伸びと全社のコストダウン効果によって、公表済みの21年3月期連結業績予想について、営業利益見通しを20億円引き上げるなど、すべての利益段階で上方修正した。新型コロナウイル...

航空会社にとって機材調達は要となる。... ANAHDはANAと格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションに次ぐ、第3の航空ブランドを、航空需要の回復をにらみながら22年度にも運航開始する。... ...

米国南東部向け高速航空貨物便 日通、サービス開始 (2020/10/23 建設・生活・環境・エネルギー)

日本通運は22日、日本発、米国南東部向けに従来のサービスと比べてリードタイムが約1日半短い、ハイスピード航空混載サービスを始めたと発表した。国内線貨物やトラックで羽田空港に、午前中までに搬入された貨物...

私募債/近畿通関、運転資金に7000万円 (2020/10/13 中小・ベンチャー・中小政策)

同社は海上、航空貨物輸送、輸出入サービスなどを行う総合物流サービス業。

ジップエア、成田―仁川の貨物週5便に (2020/9/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本航空傘下の国際線格安航空会社(LCC)ジップエア・トーキョーは7日、12日から成田―韓国・仁川間に旅客機を使った貨物専用便を週5便就航させると発表した。... 旅客便で就航する予定だったが航空貨物...

海運3社の4―6月期、損益に明暗 コロナで物流需要変化 (2020/8/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

海運の荷動きが低調となる中、日本郵船は日本貨物航空(NCA)の航空貨物事業が好調で経常利益を大幅に増やし、商船三井は春先に高騰した油送船市況に支えられて経常黒字を確保した。... 日本郵船はONEの想...

具体策として、外航船員や海外航空貨物便の乗員ら重要物資の輸送従事者の業務について、感染を防止しつつ隔離措置の緩和により交代を円滑化すべきだとした。

国際航空貨物輸送が同65・9%上昇、国内航空貨物輸送が同29・9%上昇。減便によって貨物輸送の需給が逼迫(ひっぱく)した。

JALのLCC新会社、成田―バンコク貨物便で初就航 (2020/5/22 建設・生活・環境・エネルギー)

日本航空(JAL)の中長距離国際線格安航空会社(LCC)、ジップエアトーキョーは21日、6月3日から成田―バンコク間に旅客機を使った貨物便として初就航すると発表した。新型コロナウイルス感染症の影響で旅...

運輸・郵便は、道路旅客輸送がタクシーの値上げが寄与したものの、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で人、物の流れが滞り、国際航空旅客輸送、国際航空貨物輸送が落ち込んだ。

日通、パリ経由でモロッコに輸送 (2020/2/28 建設・生活・環境・エネルギー)

モロッコ向けは直行便が少なく、航空貨物の運航便数が多いパリ向けでスペースを確保する。これにより、安定したスケジュールでの輸送でき、コストも抑えられるほか、背高・長尺貨物の輸送にも対応が可能となる。&#...

2019年下期の新社長 (2020/2/3 下期の新社長)

俊治氏は会長も兼務 マックスバリュ西日本           平尾健一  57  業績不振の経営責任を明確にするため ZOZO      沢田宏太...

運輸・郵便では道路貨物輸送、鉄道貨物輸送が伸びる一方、米中貿易摩擦の影響で、国際航空貨物輸送は低下した。

ANAHD、貨物専用便の運航縮小 米中貿易摩擦など響く (2020/1/27 建設・生活・環境・エネルギー)

ANAホールディングス(HD)は、米中貿易摩擦の長期化を背景にした航空貨物の荷動き低迷を受けて、3月29日の夏ダイヤから貨物専用便の運航規模を縮小する。... 那覇空港を拠点に国内とアジアの輸送網を構...

展望2020/日本郵船社長・長沢仁志氏 環境問題、真摯に対応 (2020/1/23 建設・生活・環境・エネルギー1)

最も環境問題に真摯(しんし)に取り組む海運会社でありたい」 ―日本貨物航空(NCA)の立て直しは。 「航空貨物の市況はきわめて厳しい。東南アジアの現地航空会社と提携...

ANA、大型貨物専用機の米・中路線減便 貿易摩擦で荷動き低迷 (2020/1/20 建設・生活・環境・エネルギー)

これに加えて上海線は中型貨物機のボーイング767F、シカゴ線はエアラインチャーターとコードシェア便も運航する。 ... 航空貨物運送協会がまとめた直近、19年11月の輸出貨物実績は重...

需要増が期待できるオリンピックイヤーを迎え、航空・鉄道の訪日外国人受け入れ体制準備も仕上げ段階だ。米中貿易摩擦や日韓関係冷え込みの影響は航空貨物や観光などで一部現れているが、好調なムードを覆い隠すまで...

キヤノンITがシステム 輸出入業者に貿易管理支援 (2020/1/1 電機・電子部品・情報・通信2)

キヤノンITソリューションズ(東京都港区、金沢明社長、03・6701・3300)は、航空貨物通関情報処理システム(NACCS)を利用している輸出入事業者向けに貿易業務の管理を支援するシステム「トレード...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる