61件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

ハイアックミニは水素圧縮機や冷凍機、蓄圧器などを一体化し、コンパクトかつ安価にしたもの。... 熱交換器も国内で100基以上の納入実績を持つ極小型を搭載した。

14年に発売した現行のハイアックミニは圧縮機のほか、冷凍機、蓄圧器などを一体化して、設置面積をそれ以前の約半分に削減した。

現在、主流である「タイプ1」の鋼製容器に比べコスト、重さとも大幅に削減し、水素ステーションの蓄圧器として2018年度中に量産する予定。

日本製鋼所は16日、新日鉄住金のシームレス鋼管を採用し、水素ステーション向け蓄圧器(写真)を開発したと発表した。... 日本製鋼所によると、高圧下で使う蓄圧器にシームレス鋼管を採用したのは世界初。&#...

日鋼MECは水素ステーション用の鋼製蓄圧器や、開発を進めている同ステーション用の複合圧力容器蓄圧器などの製作も担う。

神鋼環境ソリューションが主に電解水素発生器を受け持つ。 ... ある程度たまった時点で圧縮し、通常の場合と同様に蓄圧器に貯蔵する。

完成した水素ステーションは、圧縮機、蓄圧器、冷凍機、充填機などで構成する。

従来は圧縮機や蓄圧器といった機材から防護壁など建材までを個別に設計していたが、情報を集約して標準化した。

JFEスチールとJFEコンテイナーは30日、コストを大幅に低減できる水素ステーション用蓄圧容器(写真)を試作したと発表した。... 現在、水素ステーション用蓄圧容器は肉厚のある鋼製が主流。

圧縮機や冷凍機、熱交換器などの主要機器と蓄圧器をパッケージし、小型化した装置では、欧州の産業ガス大手のリンデと双璧をなす。

【日本初の試み】 「開発ターゲットは蓄圧器。... 低合金鋼製ライナー(容器の内側部)表面に炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を巻き付け、補強した蓄圧器を開発中だ。現在の蓄圧器は高...

水素ステーション内で圧縮機と蓄圧器、ディスペンサーなどをつなぐ配管用鋼管の開発依頼を受けたのが10年。

JFEスチールは現行比30―50%コストダウンした蓄圧器を2018年にも商品化する。... JFEスチールはグループのJFEコンテイナーと共同で、鉄と炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の複合材料によ...

70メガパスカル以上の高圧水素に対応できるステンレス鋼「HRX19」は、主に水素ステーションでの圧縮機から蓄圧器、ディスペンサーまでの配管に使われる。

蓄圧器に油圧エネルギーをためておき、揺れに応じて油圧回路で打ち消す方向に力を出す。

炭素繊維で補強した水素蓄圧器の容量を従来比約18%増の300リットルに拡大するなど当初から改良を続けており、17年までに価格1億円台に低減する目標も掲げている。

タンクローリーから移した液化水素をためるタンク・蒸発器と火気施設間の規定距離を現状の8メートルから2メートル以上に縮める。... 他に、ステーションで使う蓄圧器の材料も金属製だけでなく、繊維強化プラス...

さらに圧縮水素を貯蔵する容器(蓄圧器)の素材に、より安価な炭素繊維強化プラスチック(CFRP)が用いられた場合の保安検査方法などを検討する。 ... 蓄圧器では今の鋼製よりも安くでき...

ショックアブソーバー(緩衝器、SA)などを手がけるショーワは5月に浅羽事業所(静岡県袋井市)で2輪車ロードモデル向けSA用テストコースを拡張したほか、15年には栃木県塩谷町に約1キロメートルの直線を含...

小型のアキュムレーター(蓄圧器)の市販品は圧力が45メガパスカルまでしかないため500ccのボリュームタンクを自社で設計し、脈動を吸収する仕組みを採用。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる