8,011件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

窪田製薬HD、米で近視治療メガネ販売 VR技術活用 (2022/6/20 素材・医療・ヘルスケア)

米国では、世界最大級の眼科製薬・医療機器企業の臨床試験・製品開発に参加実績がある眼科専門研究所「マンハッタン ビジョン アソシエイツ」(MVA、ニューヨーク州)と販売契...

製品はナベヤが生産し、NXHD傘下の日本通運以外の物流会社や製造業にも供給する。... ナベヤは同事業の本格化に向け製品開発・生産の専任担当者1人を配置した。... 防振のコンテナや通い箱、関連の新技...

【第二製品開発部チーフビークルエンジニア・坂幸真氏】 日産自動車にとって初の軽自動車の電気自動車(EV)となる「サクラ」では、軽の常識をはるかに超...

同社が自社製品開発を開始したきっかけは東日本大震災だ。... そこから約10年かけ自社製品開発のノウハウが蓄積されたことから、BツーC(対消費者)製品開発に着手した。 ...

インタビュー/SUS社長・石田保夫氏 設立30年、500億円企業へ (2022/6/15 機械・ロボット・航空機2)

自社製品は受注生産から、標準ユニット製品のカタログ形式に切り替えたことが拡販につながった。さまざまな効率化を提案し、ユーザーの潜在需要に対して先手を打って製品開発してきたことが評価されたと思う。......

それに対して当社製品をどう説明するか。... 今後は車載用ディスプレー向けフィルム製品なども増やす。... ただ新製品開発など、M&A(合併・買収)後のシナジーは出せている。

日本の利益率が高い理由は開発から施工、販売、メンテナンスまで一貫して自分たちで行えるためだ。... 大型化する台風の風圧に耐える製品などをすでに発売しているが、同業他社を圧倒するような差別化製品をどれ...

同製品を製造するのは、精密部品の切削加工を行うコアマシナリーだ。... 社内改革を進める中で、「受注生産だけでなく自社で製品開発を行う『主体性のあるモノづくり』をしてみたいという思いが強くなった」&#...

経営ひと言/ハイスキー食品工業・菱谷哲嗣常務「消費者が大事」 (2022/6/10 建設・生活・環境・エネルギー)

おかげで新製品開発まで手が回らない」と苦笑する。

「最後まで他社に負けない製品を供給する」と力を込めるのは、八千代工業社長の加藤憲嗣さん。... 変化への対応策として、事業の軸を樹脂モジュール製品に移しつつある。「より軽量で価格競...

「アナログ系半導体は“筋骨系”の製品のため、基本性能の差が明確に出る。SiCのように従来の延長線上にない技術にも取り組み、基本性能を高める研究開発を続ける」 「顧客の課題を...

社員が飲み屋で自身の処遇を嘆くのは、日本型制度の評価軸に管理職という地位しかなかったからだ」 ―多様な評価軸を持つHOPESを導入したことが、オープン型のクリーンシステム『KOACH...

同社は自動車部品製造などを手がけるグループ会社の技術力を生かした新製品開発に力を入れており、その事業化の第1弾となる。 ... 長坂智グローバル先進技術...

会員企業の各製品の安全性に関わる調査も同協会が担う。近年は住宅・インフラ投資の減少で内需が縮小する一方、住宅地などに降った雨水を地面へと浸透させ水害軽減につながる雨水浸透ます、低コストタイプの電力管&...

製品出し改良重ねる ロシアのウクライナ侵攻をめぐる情勢で、図らずも無人航空機や飛行ロボット(ドローン)が注目されている。... 中小企業...

成果”見える化” で機構活性化 日本原子力研究開発機構は2022年4月から小口正範新理事長を迎えるとともに、新たな中長期目標を掲げた。... 民間で培った力が国立研...

「鍛造も同製品も共通点は打つことなので、『打ち具(ウチグ)』と名付けた」と開発に携わった経営企画部の生田厚史次長は話す。 同社はコロナ禍をきっかけに自社製品開発を始め...

当日はデンソー執行幹部で環境ニュートラルシステム開発部長の石塚康治氏が「デンソーのカーボンニュートラル構想」、東芝デバイス&ストレージパワーデバイス技師長の高下正勝氏が「東芝デバイス&...

自動車や電池メーカーの製品開発、物流企業の車両管理など幅広い活用を想定する。

新工場では主力製品の「エコフィットヒーター」などの凍結防止製品に加え、通年でニーズが見込まれる「畜産ヒーター」「グリッドヒーター」の生産も新たに始めた。... 伊藤社長は「これからも新製品開発、新規事...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン