440件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

川原経営総合センター(東京都品川区)の薄井和人氏が「医療現場における働き方改革」、長面川さよりウォームハーツ(同墨田区)社長が「2020年4月診療報酬改定の方向性と対策」をテーマにそれぞれ講演する。

厚労省は今回の調査結果を踏まえ、20年度の診療報酬改定で、薬価を引き下げる方針だ。

診療報酬本体は、賃金や物価の水準と比べ高い水準となっており、マイナス改定により是正していくべきだとした。

医療サービスや薬の公定価格である診療報酬の20年度改定に当たって、基礎資料となる。 日本医師会などからは、診療報酬のうち、医師の人件費などに充てる「本体部分」の引き上げ論が高まってい...

今回の改正では、例えば債権関係では消滅時効が、現行は商取引債権は5年、医師の診療報酬は3年、飲食代金が1年などと違っているが、原則5年に統一される。

診療報酬改定を背景とした受託単価下落の影響はあるが、それを上回る医療機関からの外部委託検査数増が背景にある。

2020年度診療報酬改定に向けた議論が本格化しつつある。... 18年度診療報酬改定では、医師や薬剤師の技術料にあたる「本体」部分が0・55%のプラス、薬価は1・65%のマイナスとされた。... 患者...

そうしたなか、以前から利用していた診療報酬債権のファクタリングで、資料によれば、23年7月分までの診療報酬債権を譲渡していたという。

薬価改定は原則2年に1度、4月の診療報酬改定に合わせ、諮問機関などでの議論を経て、厚生労働省が実施します。

MDV、MDIを連結子会社化 (2019/9/17 素材・医療・ヘルスケア)

MDIはレセプト(診療報酬明細書)などの医療システムの開発や販売、サポートを手がけ中小規模病院やクリニックなどにネットワークを持つ。

2020年度の診療報酬改定に向け、健康保険組合連合会(健保連)がとりまとめた政策提言が注目されている。... 健保連は、政策提言を厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)で提起する方針で...

診療報酬改定のような事業環境変化への対応や、後継者不在・人材不足といった経営課題を支援するコンサル機能も持つ。

グローリー、病院向け診療費支払機 現金管理の負担軽減 (2019/7/18 機械・ロボット・航空機2)

【姫路】グローリーは病院の会計窓口向け診療費支払機「FFH―700=写真」を開発、2020年中に発売する。... 業務終了後の現金処理では、支払機が診療報酬に当たる売り上げ分と釣り銭分を仕分けるため、...

両社は2016年に業務提携し、病院などの診療報酬明細書(レセプト)を分析、予防医療に役立てる「データヘルス事業研究会」を18年に組織。

KDBの健診データ、医療レセプト(診療報酬明細書)データを連結しAIが分析した結果、年齢や血圧などの62の因子から、糖尿病性腎症の新規発症に関連する血清クレアチニンなどの10の因子を絞り込んだ。

講演会とワークショップの2部構成で、メディカル・サポート・システムズ(神奈川県鎌倉市)の細谷邦夫社長が消費増税に伴う診療報酬改定について講演し、西山病院管理研究所(群馬県安中市)の西山信之所長が医療勤...

大和総研ビジネス・イノベーション(大和総研BI、東京都江東区、03・5931・8600)は診療報酬明細書(レセプト)の点検を手がける大正オーディット(同世田谷区)と8月に提携する。

米国では診療報酬の削減といったコスト低減の動きがある。

【姫路】グローリーとイーエムシステムズは、薬局において診療報酬明細書(レセプト)の作成を効率化する処方箋入力支援システムを共同開発する。イーエムシステムズが提供する調剤報酬を請求し患者情報を管理するレ...

18年度診療報酬改定では「オンライン診療料」も創設した。... オンライン診療の本格化を見据え、今後もオンライン診療に関するサービスは活発化する。... 18年度診療報酬改定では保険適用にもなった。&...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる