50件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

リアルタイム直接質量分析法(DART―MS)に使用する揮発性成分を分析する装置で、エスビー食品と共同開発した。揮発性成分を質量分析装置まで拡散させずに効率よく導入できる。... 「ガス...

構造情報が分かる「エネルギー分解質量分析法」と理論計算で、元の光学異性体を特定することに成功した。 創薬の現場では薬の候補化合物の構造を調べるために核磁気共鳴分光法(NMR&...

第58回十大新製品賞/本賞−富士電機 (2016/2/2 電機・電子部品・情報・通信2)

従来は1日程度の分析期間が必要だったが、粒子捕集効率を高めて大幅に短縮。... エアロゾル複合分析計は光散乱法やレーザー誘起白熱法、質量分析法を使った複合分析手法を採用。... 硫酸塩や硝酸塩、ブラッ...

採血と質量分析法によるものでは日本初という。

硫酸塩や硝酸塩、ブラックカーボンなどPM2.5の主要成分について、粒径や粒子数、成分の質量濃度を同時に連続で測定する。... 光散乱法やレーザー誘起白熱法、質量分析法を使った複合分析手法を採用...

発症しているのか、治療法が効いているのかなどの客観的な把握が難しい。... CE―MS法(キャピラリー電気泳動・質量分析法)を使ったメタボローム解析(代謝物の網羅的解析)...

富士電機は粒子状物質(PM)2・5の主要成分を15分で分析できる「エアロゾル複合分析計=写真」を発売した。エアロゾル(浮遊粒子状物質)の粒径や粒子数、成分の質量...

高温のプラズマで試料をイオン化して質量分析する「誘導結合プラズマ質量分析法」(ICP―MS)を改良。... 単一細胞に含まれる微量成分の分析に関しては、従来は大型の放射光施設を利用する...

計測評価分野では、単一細胞内微小局所質量分析法の創成と展開で、理化学研究所生命システム研究センターの升島努細胞質量分析研究チームチームリーダーが選ばれた。

ノーベル賞受賞者の田中耕一氏による質量分析法のたんぱく質分析への応用である。

理研の質量分析法を横河の装置に採り入れ、新薬開発に必要な細胞分析をより高速化できる新装置を開発する。 ... 理研の一細胞質量分析法を活用する。... 理研の分析法は細胞1個で済むた...

名古屋大学環境医学研究所の澤田誠教授らのグループは、質量分析法の改良によりアルツハイマー病関連分子の脳内での3次元分布を測定することにマウスで成功した。生体組織から切り出した微小片の位置情報を高精度に...

理化学研究所とは1細胞質量分析法に基づき、「生きた細胞の時系列変化」(未来医療開発センター)を研究している。

研究グループは、島津製作所の田中耕一田中最先端研究所長が開発した「MALDIイオン化質量分析法」という技術をもとにした、組織切片中の脂質分布密度を10マイクロメートル(マイクロは100万分の1...

▽ポゴ金鉱山におけるドライスタッキングについて=住友金属鉱山▽最近のバツヒジャウ鉱山の選鉱操業について=同▽安中製錬所における亜鉛鋳造歩留まりの改善について=東邦亜鉛▽佐賀関製...

従来の遺伝子解析法ではrRNA遺伝子のDNA配列を解読しているが、私たちの分析法では数十種類のリボソームたんぱく質の分子量を質量分析装置を用いて測定する。... リボソームたんぱく質はわずか数分の簡単...

DNAの修復がうまくいかず、がんの発症を誘発するリンチ症候群の予防法や治療法の開発が期待できる。 ... たんぱく質内にある水素を重水素に置き換える手法と、原子や分子の重さを量る質量分析法を組...

大阪工研協会(大阪市城東区、06・6962・5307)は2月23、24の両日、大阪市立工業研究所(大阪工研、大阪市城東区)で「第35回分析機器展講演・技術発表会」を開く...

年代測定は加速器分析研究所(川崎市多摩区)が行う。 ... 実際に海外から輸入した複数の植物由来基礎原料を分析した結果、石油由来と見られる原料が1点見つかったという。...

薄膜・多層膜構造の評価には、イオンスパッタリングを併用したX線光電子分光法やオージェ電子分光法、二次イオン質量分析法などによる深さ方向の分析手法が広く用いられている。... 膜厚が認証された標準物質は...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン