76件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

クルマを単なる移動手段ではなく、さまざまなサービスの基盤として活用する「MaaS」時代に即した車両だ。 eパレットの“売り”は車両制御のプログラムを外部にも開示すること。... 車両...

東京メトロは、19年2月に投入する丸ノ内線新型車両「2000系」で車両情報管理装置(TIS)を刷新。... 東急電鉄は、3月に営業運転を始めた田園都市線新型車両「2020系」で、次世代車両制御システム...

独コンチネンタルは年内に無人で自動走行するロボットタクシーの試験車両を日本の拠点に導入する。... 日本への試験車両の導入でセンサーや車両制御といった技術開発や技術提案を強化し、日系車メーカーなどへの...

車載カメラなど各種センサーから取得した多量の情報をリアルタイムに処理し、障害物の検知や危険予測を基に運転を判断し、車両を制御する。... 周囲環境の認識から車体制御、走行の判断まで一貫してソリューショ...

(注)「官民ITS構想・ロードマップ2017」の自動運転レベルの定義によると、レベル1:運転支援(システムが前後・左右のいずれかの車両制御に係る運転タスクのサブタスクを実施)、レベル2:部分運転自動化...

NTNのIWM駆動システムは、タイヤホイール内部に設置して車輪を個別に制御できる。FSATは2019年に量産を開始する予定のEVに、IWM駆動システムと車両制御技術を搭載する。

デンソーは自動運転や電動化の普及を見据え、車両制御システムの開発でルネサスとの関係を深める。 ... デンソーはトヨタが20年に実用化する自動運転車に、ルネサスのLSIやマイコンなど...

駆動システムには、モーターを制御するコンバーター・インバーター(CI)があり、半導体素子が制御役を担う。... 佐藤賢司車両制御チームチームマネージャーは「予想通りの結果を得られるかどうかにつき、時間...

システムが運転する「レベル4」「レベル5」の車両への活用を想定する。... 減速時はできるだけ加速度の変化を抑えるように滑らかに制御する。... 車両制御と通信を滑らかにつなぐことはシステムへの信頼を...

(ブルームバーグ)トヨタ自動車はインターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムやライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな...

20年の東京五輪・パラリンピックでは、一部の技術を活用した車両を移動手段として提供するという。 ... そのためか、トヨタは5社の提携相手とともにMaaSの実用化...

日立が得意とする情報通信技術や鉄道向け運行制御技術を応用した。... 日立グループのシステムは、自動駐車に必要な情報を遠隔から送るプログラムを組んだ無人の管制センターと、情報を受発信する機能を搭載した...

自動運転やEVの操舵(そうだ)システム、車両制御など先行開発はジェイテクトが中心。... 「例えばシフターはメカ式から電子制御式に変わりつつある。... 電子制御が普及するタイミングの予測は難しいが、...

例えば自動運転用の電子制御ユニット(ECU)が破損した場合、別の車両制御装置がECUの機能の代わりにブレーキやステアリングなど各種アクチュエーターに信号を送信し、10秒間自動走行を維持できる。

ただ自動運転などの安全に関わり、通信遅延の許されない処理は車両ですべきだ。... 車両制御にも応用できますか。 ... 人間は多様で制御しきれない。

同社は鉄道車両の制御装置、ブレーキ装置などを手がける。... カコテクノスは小野工場にロボットを導入し、月に約500台納品している鉄道車両用空気制御部品のバリ取り工程を無人化する。

膨大なデータ処理の必要性が迫っているため、車両制御やリアルタイムデータを活用した地図生成などが支障なくできるように基盤をつくる。

実験車両には同社製のステレオカメラなど各種センサーや自動運転用の小型電子制御ユニット(ECU)を搭載。... すでに実証済みの低速車両の追い越しや自動車線変更に加え、高速道路で自動で分合流する機能を確...

日本の完成車メーカーから電動車両用システム受注が決まったほか、電気自動車(EV)ベンチャーのGLM(京都市左京区)と提携し車両制御システムの共同開発を始めるなど、日系メーカーとのビジネスが拡大している...

京都大学発電気自動車(EV)ベンチャーのGLMは20日、独ロバート・ボッシュと提携し、EV用車両制御ユニット(VCU)を共同開発すると発表した。GLMは2019年に量産するEVスーパーカー「GLM G...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる