46件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

モンゴル高専生、機械製造学ぶ ニッセー、就業体験修了式 (2019/2/19 機械・ロボット・航空機2)

(諏訪支局長・岡部正広) 【転造技術習得】 モンゴルに日本式高専を創る支援の会は10年ほど前、モンゴルに日本式高専を設置することと、現地で実践的モノ...

ニッセー、歯車転造仕上げ技術セミ 30日に広島で (2018/10/24 中小企業・地域経済1)

ニッセー(山梨県大月市、0554・26・5311)は30日13時から広島市中区のRCC文化センターで「歯車転造仕上げテクニカルセミナー『焼結用鉄粉から転造技術まで』」を開く。諏訪東京理...

翌年は、当社が製造する転造機で造る「緩まぬボルト」の技術原理に関する博士号論文を書くために半年ほどイベント参加を休んでいた。

【諏訪】ニッセー(山梨県大月市、新仏利仲社長、0554・26・5311)は、最長約7メートルのボールネジを転造できる6軸のコンピューター数値制御(CNC&#...

■丸ダイス転造機、精度高める■ ニッセー(山梨県大月市、新仏〈しんぶつ〉利仲社長、0554・26・5100)は、国内唯一の丸ダイス転造機専業メーカー。... 丸ダイス...

2月に1500万円で転造機、同6月に7000万円で圧造機をそれぞれ1台ずつ計8500万円を投じて八尾工場(同八尾市)に導入する。転造機は従来よりも大型のステンレスを加工しやすくするため...

同社では、圧造機や転造機は汎用性の高い機械を用いるが「金型の組み合わせ一つで、基本的にはどんなネジも作れる」(浅井英夫社長)と1本から受注を受けている。

【東田機工/平ダイス式ネジ転造機】 東田機工(大阪府東大阪市)は、主力の平ダイス式ネジ転造機でM10対応の高速機「HR―XE=写真」を目玉に出品する...

【ニッセー/クラッチギア仕上げ転造実演】 ニッセー(山梨県大月市)は、2014年に発売開始したギア仕上げ転造機「ギアロール&#...

内藤は圧造・転造機を手がけており、2012年にベトナム南部のミーフク工業団地に進出した。

11月にはネジの溝部分を作る転造機1台も導入する計画。

メーカー機能は、転造機や鍛圧機械などを生産子会社のローラーテクニカ(大阪府八尾市)が手がける。

冷間転造と呼ばれる塑性加工技術でリング部品を生産する日本シーアール。... 転造機を見つけたとはいえ、北之間はモノづくりの素人。... 転造機メーカーから設備を借りて毎夜、遅くまで試作に取り組んだ。&...

「冷間転造」―。... ドイツ発祥のリングの冷間転造技術に関する記事だった。... 四方八方手を尽くし、何とかリング成形の転造機を自社開発しているメーカーを1社見つけた。

転造フィンチューブはパイプをらせん状に塑性変形させる転造加工で製作する。... フィン高さ3・5ミリメートルは、転造機のダイス、ローラーを新規設計して開発した。 転造フィンチューブ事...

ニッセー(山梨県大月市、新仏利仲社長、055・426・5311)は、主軸の角度を任意に設定して歯車の歯形や歯筋を容易に補正できるギア仕上げ転造機「ゼータコメット=写真」の受注を...

【焼結ギヤ仕上げ転造機/ニッセー】 ニッセー(山梨県大月市)は、2014年に発売する焼結ギヤ仕上げ転造機「ゼータコメット ギヤロール」のデモ映像とミ...

現在、DMG製の同時5軸制御など計4台のMC、イタリア・ORT製の3ロールネジ転造機などを保有している。

「転造でここまで精密なモノづくりができることを多くの人に知ってもらいたい」と熱く語るのは、ニッセー(山梨県大月市)社長の新仏(しんぶつ)利仲さん。... 転造は工具を材...

住軽伸銅は生産拠点の本社・伸銅所(愛知県豊川市)に日立電線土浦工場から焼鈍設備と転造機を移設し、設備を増強。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる