5,171件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

【流通、間で苦慮】 高炉系素材メーカーは収益改善を目的に販売価格引き上げの意向を強める。... ただ利ざや確保には下げ代が少なく「値を下げても量を確保できない」(流通筋)認識から無理...

同日の会見で今村清志常務は「建値と市況が乖離(かいり)しているので、新年度に当たり、販売価格を再設定した。... ただ「海外市況の悪化と円高のため輸入材のオファーが下がっており、国内相場の弱基調に拍車...

輸入販売を主業として雑貨や家電品など幅広い商品を通販業者や量販店向けに販売していた。... しかし、輸入販売事業で取引先の事業停止に伴い受注が落ち込み、翌15年9月期は売上高が減少。

【東京/全般的に荷動き悪く】 日本洋紙代理店会連合会がまとめた1月の国内向け販売高は、前年同月比5・0%減の50万9290トンだった。... 新型コロナで中国の産業活動が停滞している...

近年は生産者から市場や卸、仲卸を通じて小売りに到達する既存の安定供給ルートだけでなく、EC(電子商取引)サイトなど生産者と消費者を直接結びつける販売ルートも立ち上がってきている。... これまで、バナ...

クラボウは12日、研究用として新型コロナウイルスの抗体を検出する検査試薬キットを16日から国内販売すると発表した。... 技術提携している中国の検査薬メーカーが開発した同キットを輸...

阪和興業がまとめた輸入鋼板の1月末岸壁在庫は前月末比1・1%減の18万8000トンで、2カ月ぶりに減少した。... 中国材の割合が高いとされるが、建設需要の低調などを反映し、輸入も減った。 &...

全国鉄鋼販売業連合会(全鉄連、東京都中央区)が2月にまとめた業況調査によると、鋼材流通・加工業者の需給DI(供給が「不足」と答えた企業の割合から「過剰」とした企業の割合を引いた値)は、H形鋼など全品種...

最前線に立つ営業部門の意識改革にもつながり、販売にプラス効果を生んだ。 豆の抽出かすの消臭効果に着目した研究や豆を輸入する際に使う麻袋の再利用模索など廃棄物削減にも力を入れる。

輸入車全体における外国メーカーの存在感は増している。... 消費者の意識も変化し輸入車と国産車を選ぶ垣根は低くなっているようだ。... 現在は販売パートナーを探索中だ。

日本自動車輸入組合(JAIA)が5日発表した2月の外国メーカー車の輸入車登録台数は、前年同月比8・7%減の2万755台だった。... 「新型コロナの影響で客足が減ったブランドの販売店がある」(同)とい...

ワイン各社、「オーガニック」拡販 高まる環境意識に対応 (2020/3/3 建設・生活・環境・エネルギー2)

ワイン大手各社がオーガニックワインの販売強化に乗り出した。... サッポロビールは輸入オーガニックワインを国内充填する価格・品質の安心感をPRする。 ... 20年の販売数量で同3倍...

▽荒木誠也社長は代表権のある会長に▽交代理由=グループ人事の一環▽就任日=3月31日▽本社=東京都千代田区丸の内1の7の12(液化石油ガスの輸入、仕入、販売)

三菱製紙はドイツで生産してきた、プラスチックを代替する食品包装用紙の国内生産販売に乗り出す。... ドイツでの生産販売は継続し、欧州市場での事業拡大を狙う一方、アジア市場は日本からの輸出で市場を深耕す...

米ディア、予想外の増益 (2020/2/26 機械・航空機 1)

米国内ではこれまで、対中貿易摩擦の長期化や穀物輸出をめぐる懸念などを背景に農機販売が低迷し、同社の業績を圧迫していた。... 中国による米国産品の大幅な輸入拡大がうたわれており、メイCEOは「貿易をめ...

ホンダ、来月下旬に比工場閉鎖 (2020/2/26 自動車)

同国内で販売するため2車種を製造してきたが、稼働率が低下しており、生産を打ち切る。今後はアジアの他の地域から輸入し、現地販売を続ける。

ホンダ、「アコード」車台刷新 (2020/2/21 自動車)

日本で販売するアコードとしては初めてタイの工場で生産し逆輸入する。 新型アコードは10代目で、日本より先に17年から米国や中国などで販売する。

県は要因として、ホンダが九州と四国の一部で販売する2輪完成車の輸入を他港から熊本港にシフトしたことをあげた。また、サントリービールが熊本港から輸入する麦芽の割合を増やしたことも要因の一つとしている。

メーカーは採算確保に販売価格を据え置く。... 特に高炉は諸コスト上昇とともに電炉品や輸入材との価格差に競争力を失い収益が悪化。... 2月販売も軟調な原料市況を受け、先安観から日当たり販売量が伸びな...

輸入紙の急速な増加による需給ギャップが解消できていない状況が続く。 ... 「需要がなければ生産を減らして価格維持に動くメーカーと、輸入紙を増やす商社のしのぎ合い」(同)になっている...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる