154件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

逆浸透(RO)膜を使って洗浄装置や滅菌装置に純水を供給する用途に売り込む。

海水淡水化では微細な穴のあいた逆浸透(RO)膜に海水を通して塩分を取り除き、飲料水レベルの水にする。

日立、水処理2社合併−東南アで受注機会拡大 (2016/3/21 素材・ヘルスケア・環境)

逆浸透(RO)膜システムの製造・販売を担当する日立アクアテック(シンガポール)と水関連設備工事を手がけるアクアワークス(同)の2社を合併し、受注機会を拡大する。... 日立アクアテックは海水から飲料水...

東レは耐汚れ性逆浸透(RO)膜で、多様な汚れ成分の付着を抑える基本技術を確立した。... 従来、RO膜を使うのが難しかった下廃水処理など幅広い用途で使用が期待される。... ただ、多様な汚れ成分を含む...

信州大学カーボン科学研究所の遠藤守信特別特任教授らの研究グループは、脱塩性能が劣化しにくい逆浸透(RO)膜を開発した。... 市販品と開発したRO膜の脱塩性能について、24時間の塩素処理により比較。そ...

オルガノは水からイオン分を除去する逆浸透(RO)膜処理向けの目詰まり防止薬品「オルパージョンE2661」で、飲料水の国際安全衛生規格「NSF」認証を取得した。海外で同認証取得が求められる海水淡水化装置...

水道水など原水の水質に応じて逆浸透(RO)膜を調整し、排水量を抑える。これによりRO水の回収率を最大70%に高め、水の消費量は従来比で最大50%削減した。

従来の純水システムでは、逆浸透(RO)膜へのスケール付着の原因となる原水シリカ濃度の変動を見越して、回収率を最適値より低く設定する必要があり、多くの濃縮水を排水していた。同装置は、フィードバック定流量...

必要に応じて逆浸透(RO)膜ユニットや全有機炭素(TOC)計、排水圧送ポンプをオプションで追加できるようにする。

従来は逆浸透(RO)膜と連続電気再生式イオン交換器(EDI)を併用した精製水製造装置を利用していた。

オルガノは冷却水処理や逆浸透(RO)膜処理向けに安全性の高い非塩素系酸化剤を用いた汚濁物(スライム)抑制剤を発売した。... 冷却水処理用とRO膜処理用にそれぞれ商品化。... また、RO膜の機能を低...

東レは1メガパスカルと低圧での水処理が可能で、約30%省エネの「超低圧高耐久性逆浸透(RO)膜=写真はイメージ」を開発した。

耐久性が高い金属微細スクリーンが実用化されれば、水処理分野では膜の交換負担低減、化学プラント分野では反応管内触媒の削減が期待できる。... 水分野では前処理として使われることが多く、微細化が進めば交換...

水処理ビジネスでは、逆浸透(RO)膜から膜分離活性汚泥法(MBR)まで全製品の提供が可能な唯一の企業としてグローバル展開を加速した。

豊田通商はプラントの運営まで手がけ、逆浸透(RO)膜を用いて海水の塩分を除去し飲料水として供給する。

イオン性物質は従来、逆浸透(RO)膜を使って除去するが、処理能力が小さい上にポンプなどの設備が必要でランニングコストがかさむ難点があった。

海外では水不足などから工業用水だけでなく、海水淡水化プラントで逆浸透(RO)膜を使い処理した水や工場排水を冷却水として使用する動きが拡大しているという。新製品は腐食性の高いRO処理水や工業排水にも適用...

排水から金属などを取り除く前処理をした後、生物処理と膜濾過を組み合わせた膜分離活性汚泥法(MBR)で浄化。その後、逆浸透(RO)膜で再処理し、工業用水として再び利用する。

同装置は逆浸透(RO)膜を外部から調達し、滅菌技術などを盛り込む。

オルガノは水道水を逆浸透(RO)膜で浄化するシステムを開発し、家庭向けに貸し出すレンタルサービスを始めた。... RO膜で浄化した水を宅配する他社サービスと比べ価格を約10分の1に抑えた。... 家庭...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる