131件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

ヒトの生きた脳で神経原線維変化を評価するためのPET(陽電子放射断層撮影法)向けタウタンパク質造影剤の[18F]MK−6240について研究していく。

脳内における神経原線維変化を評価するためのPET(陽電子放射断層撮影法)向けタウタンパク質造影剤の[18F]MK―6240について研究していく。

「急性期の造影剤は日本市場は横ばいか微減。... 後発薬といえども我々の造影剤は、自社で副作用情報を追いかけて医療機関に共有している。

従来は月経困難症治療薬「ルナベル」や天然型黄体ホルモン製剤「ウトロゲスタン」、造影剤「オプチレイ」といった新薬を販売してきた。... だが富士製薬は造影剤の後発品について独自に安全性情報を蓄積し、医療...

研究テーマには、太陽電池材料やX線造影剤といったヨウ素応用製品の開発のほか、ヨウ素の効率的な抽出技術やリサイクル技術の開発などが含まれる。

1方向からの透視・撮影に比べて治療時間を短縮し、造影剤使用量を最大で約50%低減できる。

同デバイスは血管造影剤なしで血流を可視化。... 造影剤到達までの時間差もなく即時測定ができ、手術の効率化にもつながる。

ゲルに抗がん剤と造影剤を搭載し、磁気共鳴断層撮影装置(MRI)で体内の薬物を観察しながらがん細胞を狙い撃ちする。今後は「ゲルの性質を生かし、さらに体に負担が少ない抗がん剤や造影剤の応用」を考える。&#...

放射線医学総合研究所の青木伊知男チームリーダー、大阪府立大学の河野健司教授らは、抗がん剤と造影剤が入った熱に反応するナノサイズ(ナノは10億分の1)の粒子を開発した。ナノ粒子中の造影剤を磁気共鳴断層撮...

新商品は抗血栓性や疲労耐性を維持しながら、カテーテル先端部に造影剤の含有量を高めた加工を施し、X線透視下での視認性を高めた。

がん検査に使う磁気共鳴断層撮影装置(MRI)の造影剤投与量を少なくし、副作用を減らす技術への応用を見込む。

担当者は「例えば造影剤を練り込むこともできる」と、もう一段の事業成長に期待する。

血管のX線画像は血管造影剤を入れた後の画像から、造影前の骨や臓器の像を減算して得る。... 使用する血管造影剤の低減ほか、撮り直しの減少によって検査時間短縮につながる。

近年、需要が伸びている貴重な資源だが、日本はヨウ素やヨウ素塩などの原料輸出にとどまり、それを加工した欧米諸国からは、逆にX線造影剤や消毒薬など高額な医薬品として輸入しているのが現状だ。 ...

富士製薬工業はタイ子会社であるOLIC(アユタヤ市)の工場敷地内に注射剤製造棟(写真)と倉庫棟を完成し稼働した。... 当面、製造棟では富士製薬が富山工場(富山市)で生産していた造影剤のバイアル製剤の...

大塚製薬は5日、水で溶かして飲む粉末タイプの造影剤「オーラルタグ」(一般名イオヘキソール)を米国で発売したと発表した。液体を希釈して使う従来の造影剤に比べて調整がしやすく、医療従事者の作業効率向上につ...

既存の注射剤生産の知見を活用し、受託製造事業を伸ばす。富山工場(富山市)の注射剤の年産能力を、主力製品の造影剤と抗がん剤などで21年までに現行比約2倍の6000万本に引き上げる。... 富山工場では造...

MRIの感度を高める技術として、片岡さんらは狙った細胞に薬物を送る技術を応用した造影剤を開発。... 開発した造影剤は「車に例えれば、排気量の低さを補う過給器」と説明。

既設の低磁場のMRIを同造影剤で高感度化することができる。... 開発した造影剤は「ナノマシン造影剤」と名付けた。直径約60ナノメートル(ナノは10億分の1)のカプセル状の粒子に、造影剤となるマンガン...

物材機構時代には、青柳隆夫日本大学教授らと共同で、複数の造影剤や抗がん剤を同時に調整する技術を開発した。低温では水に溶けるが、加熱すると凝集する特性を持つ温度応答性高分子を使い、抗がん剤を高分子カプセ...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる