273件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

国立大学の評価と運営費交付金の傾斜配分が始まったのもその一つだ。... 各大学の特色に基づく組織運営で「これらを経営層と現場の“コミュニケーションツール”にすべきだ」と強調した。

さらに気象庁は全国に展開した地震計や震度計などの観測網、地震や津波の監視システムの運営費用として19億円を計上した。 ... 政府全体の概算要求額には国立研究開発法人などへの運営費交...

文部科学省は国立大学のマネジメント改革などを相対評価し、運営費交付金を傾斜配分する2019年度の新方式で、各大学の結果を公表した。... これは運営交付金のうち700億円で、各大学の改革の進捗(しんち...

健康・医療など重点分野のデータ基盤整備費などに30億円を計上する。... 教員人件費を研究費から拠出し、国立大学の運営費交付金を別の若手採用などに回す工夫もできる。研究費から事務や資料整理の人件費を出...

文部科学省がこのほど公表した運営費交付金の傾斜配分でも、各大学の人事給与マネジメント改革の進捗(しんちょく)状況や若手研究者の比率が、評価対象となった。... 運営費交付金削減で教員の定員削減に踏み切...

国立大学は近年、運営費交付金の削減を背景に、定年など退職教員の補充を遅らせたり、組織再編で部局を縮小させたりし、浮かせた教員ポストを学長裁量で活用する例が増えている。... 埼玉大は全学予算のうち人件...

A 国立大が企業から集めた共同研究費や寄付などの関連指標に応じ、国が交付金を配分する仕組み。... このうち国立大学運営費交付金は国立大の定常的な組織運営のため配分され、教員や職員の人件費、設備費など...

文部科学省も2019年度から、大学経営の切り口で見た傾斜配分を運営費交付金に導入した。... 対象の700億円は運営費交付金1兆971億円の6・4%分だ。... さらに22年度からの第4期中期目標期間...

国立大学の運営を文部科学省が支える各年の運営費交付金に対し、中長期で施設(建物)をカバーするのが「施設整備費補助金」だ。... (編集委員・山本佳世子) 国立大学や大学共同利用機関法...

キーワード/施設整備費補助金 (2019/7/18 大学・産学連携)

Q この文科省「国立大学法人等施設整備実施事業」による補助金の対象は。 ... 一方、同じ設備でも、教育研究向けの机や実験台には各大学の運営費交付金が使われる。... 貴重な運営費交...

内閣府は、国立大学が企業から募る共同研究費や寄付などの集金力に応じて支給する新たな交付金事業を始める。... 文科省が支給する従来の運営費交付金や補助金に加え、内閣府による新たな交付金を新設し、国立大...

国立大学について共通・定量的な成果指標による相対評価に基づく配分を徹底し運営費交付金の10%程度、1000億円程度まで配分を拡大する必要性を示した。

“研究費で研究時間を買う”ことで、研究者の研究専念を後押しする業務代行の人件費などだ。... そこで研究以外の業務の代行人件費を、競争的資金の直接経費から出そうとしている。... その分、国立大学に配...

運営費交付金の削減が続く中、改革を求める社会の声も受けて「反対一辺倒では乗り越えられない」ことを多くの関係者が実感するようになった。 ... さらに政府は、切り詰めて緊縮財政に対応す...

国立大学運営費交付金など国から大学への研究費が減少傾向にある中で、社会の課題を解決するような研究に個人が資金を提供する仕組みはイノベーションを起こす大きなきっかけとなるかもしれない。... 一方、クラ...

教育、医学、工学分野の教育・研究で存在感を放つが、大学運営費を縮減する国の政策の影響を福井大も受けている。... 「運営費交付金を、1年ごとの業績評価で配分する施策は致命的だと考える。

◇ ―運営費交付金が削減されました。

研究費がどの研究でどのように使用されたかという情報を指針に基づいて登録し、集計して分析する。... 国立大学と研究開発法人において、運営費交付金や競争的資金、民間資金といった異なる財源の研究費が、どの...

同法人は国立大の仲間で、運営費交付金削減に対応した運営効率化や、学際研究推進を目的とした再編計画も進んでいる。 ... 研究費支援では科学研究費助成事業が力を発揮する。

大学内の産学連携部局は、研究者の人件費や施設・設備の使用対価を連携企業から徴収できていなかった。新会社がビジネスとして適切に算定すれば、共同研究費の大幅な引き上げが期待される。産学連携に携わる教員は新...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる