57件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

(1)住所(2)社長(3)年商(4)業種 【株式】▽キーテクノロジー((1)群馬県玉村町(2)津田和光(3)非公表(4)建設機械、産業機械、重電機器などの部品・部材製造)=1億円を引...

【電機/反動減は軽微】 電機業界は消費増税後の反動減が生じたものの、その影響は軽微にとどまっている。... ただJEMAは想定の範囲としており、電機各社の経営者も問題視していない。&...

原動機や重電機器が寄与した。

日本電機工業会(JEMA)が22日発表した重電機器受注生産品の受注実績によると、2013年度の受注額は前年度比0・3%増の1兆6046億円と前年並みの水準だった。

価格面で不利なため、金属が腐食する懸念のある海沿いの建築物資材、絶縁性が求められる鉄道や重電機器、耐衝撃性ニーズの高い工事現場向け資材などとして提案していく。

建設機械や重電機器などの大型工業製品の梱包を手がけている。

台湾の大手重電機器メーカーの中興電工と合弁で大型工作機械の現地生産を決めた。

野村製作所(大阪府岸和田市、森恭男社長、072・438・8285)は、台湾の大手重電機器メーカーの中興電工と共同で、2014年4月をめどに大型のコンピューター数値制御(CNC)横中ぐりフライス盤の現地...

【企業概要】 田中久重をルーツとし、重電機器や通信機を得意とした芝浦製作所。... 提携関係にあった両社が1939年(昭14)に合併し、初の総合電機メーカーである東京芝浦電気(現・東...

富士電機は2013年度中にアジア4カ国に、工場向け制御装置や計測機器など産業インフラの営業拠点を設ける。... 今年秋にはタイでUPSなど産業用重電機器の現地生産を開始、中国に次ぐ海外生産拠点に位置づ...

日本電機工業会の新会長に就任した稲村純三会長(明電舎社長)は、政府の原子力政策について「安全性を全面に出して再稼働を推進してほしい」との考えを強調した。... また、過度な円安への警戒感が一部で広がる...

日本電機工業会(JEMA)がまとめた2013年度の電気機器の国内生産は、12年度見込みに比べて1・7%減の5兆2038億円の見通しとなった。... 重電分野は震災後の復興需要が一段落して微減。... ...

国内で最大級の大型工作機械として重電機器や建設機械などの製造現場に採用を提案し、初年度2台の販売を目指す。

本来の得意分野は環境関連や重電機器などの据え付け。

しかし同じ重電機器でも各社まだら模様。... 富士電機の電力機器部門は日立と逆に収益とも大きく伸びる計画だが、これは前年度の落ち込みの反動という面が大きく、電力機器関連では例外的な業績になりそうだ。&...

多くの日本の重電機器メーカーにとって主要な顧客は電力会社だ。... 重電機器の代表格である発電機やモーター、制御盤などを手がけているが、事業比率は高くない。... 武藤昌三社長 「当...

【電機−買収の好材料】 電機業界への打撃は品目で異なる。... 総合メーカーの重電機器のように輸出中心の分野では円高はマイナスだが、数量・金額は経営を左右するほど大きくない。

フジテックは高速・大型エレベーター用の巻き上げ機をビッグウィング製作所(滋賀県彦根市)で製造する一方、標準機用は重電機器メーカーから調達してきた。

欧州連合(EU)向け輸出の伸びが同10・1%増、アジア向けが同じく13・0%増だったのと比べ対米輸出の鈍化が目立ち、中でも自動車や風力発電機などの重電機器、印刷機用など電算機部品の落ち込みが大きい。

同社は重電機器の製造で培ったセラミックスの焼形技術を転用して膜を開発した。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる