125件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.034秒)

JR各社、異常気象備え技術磨く 安全・利便性を両立 (2019/4/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

事故を再び起こさないため、気象庁気象研究所とともに前例のない突風を探知する手法の研究に取り組んだ。... 進路予測を算出する技術を実用化した。 ... また、JR各社の基礎研究を担う...

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)が現地調査し、ずれていた鉄筋コンクリート桁を据え直し、台座を拡幅して復旧させる方法を示した。 ... 鉄道総研は桁ずれが生じた原因について、鉄筋コンクリ...

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は、劣化したバラスト軌道の低コストな沈下対策で、生分解性ポリマーを用いたバラスト安定処理工法を開発した。

鉄道各社が将来の人手不足に備え、情報通信技術(ICT)を使った設備メンテナンスの省人化に取り組んでいる。... 軌道変位モニタリング装置は、鉄道総合技術研究所が20年以上前から「検査の効率化、無人化を...

鉄道総合技術研究所が考案した超電導技術を採用し、フライホイールを浮上させ、非接触とすることで回転損失を低減する。... 鉄道のエネルギー効率向上に貢献する。 同システムは3月に山梨県...

大成建設は京王電鉄井の頭線下北沢駅付近の鉄道橋に、超高強度繊維補強コンクリート(UFC)を使った「UFCホロー(中空)桁」を適用し、架け替え工事を実施した。... UFCを採用した国内の鉄道橋は2例目...

超電導き電システム送電 鉄道総研、電圧降下の抑制確認 (2018/8/3 建設・エネルギー・生活1)

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は2日、営業線を使って超電導き電システムの送電試験を実施し、電圧降下が抑制できることを確認したと発表した。... エネルギーを効率的に活用できる可能性はあるものの、実験距...

鉄道総研・熊谷理事長に聞く、国内鉄道技術の現状と課題 (2018/5/23 建設・エネルギー・生活1)

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)はJR発足以来、グループ各社に共通する基礎的な技術開発に取り組んできた。... 総研は基礎研究や少し先の技術に取り組んでいく」 ―鉄道への情報通信技術(...

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は月内に、約5年ぶりにスーパーコンピューターを更新し、処理能力を従来比5倍に高める。... 鉄道総研が設定する「鉄道の将来に向けた研究開発」においても、四つの課題の一つと...

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は、自動運転や保守の省力化など、鉄道への情報通信技術(ICT)活用研究を加速する。... 最新技術を低コストかつ効果的に採用できるように研究開発を進める。 ...

鉄道総合技術研究所などとの調査で発覚した。

この電気をためる技術として超電導フライホイールに着目し、11年に鉄道総合技術研究所と提携して電気の貯蔵技術開発を始めた。

鉄道総研、吹き付けのり面低コストで補修 (2017/12/18 建設・エネルギー・生活)

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は、老朽化した吹き付けのり面の低コストな補修・補強工法「吹き付け受圧板工法」を開発した。

初期会員は51人で鉄道総合技術研究所(鉄道総研)やJR東日本からの参加が大半。メーカーや他の鉄道事業者からの参加を促し、技術者同士の交流の輪を広げたい考えだ。 ... これまで鉄道の...

防災科学技術研究所は30日、JR東日本、JR東海、JR西日本の3社と地震発生時の列車走行の安全確保のため、運用する海底地震津波観測網データの活用を始めると発表した。... 防災科研と鉄道総合技術研究所...

東武鉄道は2016年5月に東上線中板橋―大山間で発生した脱線事故の原因となった台車の亀裂が、製造時の溶接不良による可能性が高いと公表した。鉄道総合技術研究所との調査の結果、亀裂部の内側で補強板と構造部...

JR東日本は2020年の導入を目指してタレスと設計作業を進めていたが、技術課題と費用の面から実現困難と判断した。... 自動運転に展開できる技術で、国内の鉄道システムメーカーも開発や海外での営業に力を...

間伐材チップで枕木 鉄道総研が開発、原木より長寿命 (2017/9/26 建設・エネルギー・生活1)

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は積水化学工業と共同で、間伐材チップを使った鉄道用枕木を開発した。... 木製の枕木は調達が難しくなっており、間伐材を原料に使えれば鉄道林の有効活用になる。... 海岸や...

鉄道総研、電車“空転”を早期検知−発生後の急加速抑制 (2017/9/1 建設・エネルギー・生活2)

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は、雨天時などに車輪が滑ることで起きる電車の“空転”を早期に検知する技術を開発した。

複合実験水路は港湾空港技術研究所や鉄道総合技術研究所に設置されているが、大学は初めて。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる