27件中、2ページ目 21〜27件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

順天堂大学大学院医学研究科の服部信孝教授と赤松和土特任教授、慶応義塾大学医学部の岡野栄之教授は、ヒト血液由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から神経幹細胞を高効率に作製する技術を開発し...

順天堂大学大学院医学研究科の三田智也准教授や綿田裕孝教授らは、糖尿病治療薬「DPP―4阻害剤」の投与が、血糖値の低下だけでなく糖尿病において進行する動脈硬化を抑える効果があることを発見した。... 大...

慶応義塾大学医学部の岡野栄之教授や順天堂大学大学院医学研究科の赤松和土特任教授らは、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から脳や脊髄にあるさまざまな神経細胞を作り分ける技術を開発した。...

順天堂大学大学院医学研究科の服部信孝教授と今居穣先任准教授らのグループは、手足の震えや筋肉の硬直など運動機能障害を起こすパーキンソン病の発症メカニズムを解明した。... 研究グループは、若年性遺伝性パ...

順天堂大学大学院医学研究科の藤谷与士夫准教授と綿田裕孝教授らのグループは、すい臓のβ細胞から分泌される亜鉛が、インスリンを体中に供給するのに重要な役割を果たしていることを見つけた。

同装置は、順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科と帝京大学医学部付属病院泌尿器科、同社による共同研究から開発された。

順天堂大学大学院医学研究科の中野裕康准教授らのグループは、腸や肝臓の細胞の生存に必要不可欠な遺伝子「c―FLIP」を特定することに成功した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン