3,010件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

平岡産業(東京都青梅市、平岡泰浩社長、0428・24・5606)は、マザー工場に位置付けるタイの自動車部品生産拠点の生産改革を進め、コスト競争力を高める。主力の金属加工事業の自動化のほか、省人化を進め...

そこで車高を低くし、スタンドも手で跳ね上げるようにした。... 練習は必要だが2輪車は走りだすと安定する。... 3輪の車いすにモーターを取り付けて、電気自動車の製作にも取り組む。

かつて市場を席巻した旧型車の純正部品を国内4輪車・2輪車メーカーが次々と復刻生産している。... 16年からは2輪車、4輪車を対象に旧型車の純正部品の再販売も始めた。... 新たに始める2輪車向けリフ...

川崎重工業はモトクロス専用の2輪車「KX250」の2021年モデル(写真)を8月20日に発売する。... 排気量249ccの水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。... 消費税込みの価...

2019年は基盤の整備に注力した」 ―他社との連携が増えています。 「ホンダの電動2輪車に当社のセンサーデバイスを搭載し、取得した走行データを活用して車両や運行状況...

乗用車、バス、トラック、2輪車と装着タイヤの数は異なれども、使用されるタイヤの総量は膨大である。... 多くは何らかの形でリサイクルされ、リサイクル率は2019年で94%に達する。

スズキは、インドの2輪車生産子会社であるスズキ・モーターサイクル・インディア(SMIPL)の累計生産台数が500万台を突破した。... SMIPLはスズキにとって、世界最大の2輪車工場となる。... ...

ネツレン、車向け高強度バネ鋼線増強 中国に2拠点目 (2020/7/20 素材・医療・ヘルスケア)

2021年には操業を始める計画だ。 ... 新型コロナウイルスの感染は世界的に広がっているものの、中国ではいち早く経済活動が再開されており、車関連需要を取り込む。 ...

劇中に登場する2輪車「スーパーカブ」を忠実に再現―。... 消費税込みの価格は「スーパーカブ50」が26万9500円、「同110」が31万3500円。... 年間2000台の販売を計画する。 ...

川重は2021年3月期に航空宇宙システムと、2輪車などを展開する「モーターサイクル&エンジン」の両事業が新型コロナの影響で落ち込む可能性が大きく、経営戦略の見直しを迫られている。... 川重は新型コロ...

【名古屋】プロト(愛知県刈谷市、近藤芳光社長、0566・36・0456)は、電動2輪車市場に参入する。... 日本市場に投入する電動2輪車「GOCCIA(ゴッチア)GEV600」は、ベネリを買収した中...

ホンダはクロスオーバーモデルの2輪車「400X=写真」のカラーリングを変更し、31日に発売する。... ホンダ車専売のホンダドリームで扱う。消費税込みの価格は82万6100円。

高級車ブランド「レクサス」を製造する宮田工場(宮若市)、エンジン生産の苅田工場(苅田町)、ハイブリッド部品製造の小倉工場(北九州市小倉南区)が対象。... ダイハツ工業は自動車エンジンを生産する久留米...

【電子版】先週の注目記事は? (2020/7/7 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(6/29~7/5) 1位 日本産業技術大賞、村田製作所など表彰 本社主催 2位 東レエンジ、マイクロLEDディ...

東南アジア諸国連合(ASEAN)で事業展開する2輪車メーカーの新規開拓や、既存顧客の受注量の2割増を目指す。 ... 生産は国内をはじめタイ、インドネシアの2輪車向け部品の工場で行う...

ホンダは原付き2種の2輪車「スーパーカブC125」に新しい車体色「パールシャイニングブラック」を追加して、31日に発売する。... スーパーカブC125は排気量124ccで、燃費性能に優れた空冷4スト...

ホンダは30日、旧型2輪車を最適な状態に整備する「リフレッシュプラン」の受け付けを7月28日から始めると発表した。最初は1987年に限定販売した大型2輪車「VFR750R」を対象に始める。... 21...

セグウェイ、来月15日に生産終了 (2020/6/25 自動車・機械・ロボット・航空機)

【シリコンバレー=時事】ユニークな移動手段として注目を浴びた立ち乗り式の電動2輪車「セグウェイ」の生産が7月15日に終了することが分かった。... 製造元企業が23日明らかにした。 ...

【名古屋】日本特殊陶業は愛知県発明協会(名古屋市中区)が主催する2020年度「愛知発明表彰」で「発明奨励賞」を受賞した。... 約300度Cの低温下でも低い抵抗率を維持できるため、2輪車用酸素センサー...

独ボッシュは2輪車向けの自動緊急通報システム「ヘルプコネクト」を開発した。

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる