76件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

京都大学学術研究支援室は京都市などと9月13日13時半から京大大学院工学研究科イノベーションプラザ(京都市西京区)で「京都大学インダストリアルデイ(産学マッチング交流会)」を開く。企業ニーズと、京大の...

これらの研究ユニットなどで効果的な成果を上げるため、共同研究の奨励やアウトリーチ活動支援、知財管理などを行う学術研究・産学官連携推進本部のリサーチ・アドミニストレーター(URA)も現在の約50人から拡...

知財管理や情勢・論文分析などを行うリサーチ・アドミニストレーター(URA)を現在の約50人から増やし支援を広げる。

文科省の支援事業などで約100機関で約900人のURAが活動しており、質の確保が重要になっているためだ。 ... 文科省は2011年から活動を支援し、22業務のスキル標準を示したり、...

これにより事業に採択された22機関のURAの数は、16年度で計476人になった。... これらのデータ分析もURAが手がけた。 ... 阪大ではURAの1人が副学長に就く事例が出て、...

キーワード/研究大学強化促進事業 (2017/12/14 大学・産学連携)

A 柱の一つは研究のマネジメント人材である大学の「リサーチ・アドミニストレーター」(URA)の定着だ。... A URAは各研究者支援の一方で、学長や研究担当理事のリーダーシップを支える役割もある。研...

大阪大学は、外国人や若手、女性研究者らを、研究マネジメントの専門職「リサーチ・アドミニストレーター」(URA)が支援する仕組みを整備した。... 研究力向上につながる研究者の多様性を、URAが広げる点...

共同研究の企画や設計を行うベテラン教員を選んで海外駐在のURAとし、同URAのリードで共同研究に携わる博士研究員(ポスドク)を外国大学と国際共同公募した。... ドイツではマックスプランク協会の3研究...

URAは、所属機関の研究力分析、研究プロジェクト企画、外部資金獲得支援、成果発信などを行う専門職。文科省は2013年度から10年間の同事業の推進で、日本にURAを根付かせることを狙っている。 ...

「それだけに、間をつなぐ大学リサーチアドミニストレーター(URA)が重要だ。

大型研究プロジェクトの企画・運営・成果活用を手がける大学のリサーチ・アドミニストレーター(URA)を現在のほぼ2倍となる20人程度に増員し、企業への情報提供などによるマーケティングを強化。... 増員...

キーワード/URA (2016/12/8 大学・産学連携)

Q URAとは。 A 大型研究プロジェクトの企画・運営・成果活用を手がける大学のリサーチ・アドミニストレーター(URA)を指す。... Q 大学やURA自身により多様だとか。 ...

協定締結の下地となったのは、各大学に所属するリサーチ・アドミニストレーター(URA)同士の交流。... 「産業界出身など多様な経歴を持つURAが間に入ることで、異分野が交わる議論も円滑に進められる」と...

キーワード/産学連携人材の雇用 (2016/9/29 大学・産学連携)

Q 研究費獲得の企画や成果活用で企業とも関わる「リサーチアドミニストレーター(URA)」はどうか。 A 業務の一部に産学連携があるURAは、博士課程修了の若手などが目立つ。文科省「研究大学強化...

問い合わせは首都大学東京URA室(042・677・2728)へ。

キーワード/研究大学強化促進事業 (2016/6/2 大学・産学連携)

研究戦略や知的財産管理などを担うマネジメント人材「リサーチ・アドミニストレーター(URA)」の育成・活用が特徴。URAの活用により国際水準の研究環境整備などの取り組みを後押しする。

URAは研究の資金獲得や成果活用を担う専門人材だが、「水産・海事は産業から生まれた学問だけに、URAも生産地、消費地の現場と密着した活動が欠かせない」と東京海洋大の和泉充副学長は説明する。こうした考え...

それを担う人材としてURA(リサーチアドミニストレーター)の大学への配置が政策的に誘導されてきた。 一方、大学を取り巻く環境やURA自身の力量が多様なことから、URAの意識も多様であ...

これを受け、URAのウン・ラン最高経営責任者(CEO)は、周辺エリアを整備する上で、オフィスやホテル、小売り、娯楽スペースを設けるなど「ビジネスに魅力的な複合型開発」を進める考えを示した。

研究資金の調達などのマネジメント業務を担うリサーチアドミニストレーター(URA)を両戦略室に配置、連携を支援する。... その過程でURAは外部資金の申請、獲得を支援する。併せて計8人のURAはチーム...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる