52件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

トヨタ自動車は2020年開催の東京五輪・パラリンピック向けに、専用開発した電気自動車(EV)や既存の電動車など約3700台を提供する。... 大会専用車両として開発した移送用EV「APM」を約200台...

例えばトヨタとソフトバンクが設立したモネ・テクノロジーズが提案する自動運転機能を搭載した箱形の電気自動車「eパレット」をプラットフォームとした、移動と生活のさまざまなステージを組み合わせた新しいモビリ...

【移動の自由】 電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)など大会に約3000台のモビリティーを提供するトヨタ自動車。目玉は自動運転機能搭載の箱形EV「eパレット」だ。

中国は自動車メーカーに電気自動車(EV)などの生産を義務付ける新エネルギー車(NEV)規制を設けており、トヨタは20年以降に現地生産するEVの提供も検討する。 ... 滴滴とはライド...

2019年度に移動サービスを搭載した車両を運行し、23年以降にはトヨタが開発を進める箱形の専用車両「eパレット」を活用したサービスを開始する。

20年に発売予定の電気自動車(EV)も披露した年でもある。... NEV分野では現地EVメーカーや欧州勢が先行しており、追い上げる。 ... MaaSの一翼を担うのが電動車で、23年...

一方、93年(平5)に米国で無公害車の販売を義務付ける規制が制定され、各社は電気自動車(EV)の開発にも注力した。... 18年(平30)にトヨタは自動運転機能付きEV「eパレット」を披露した。......

23年以降は、トヨタのMaaS用次世代電気自動車(EV)「eパレット」の実用化を始めることも明示した。トヨタ出身のモネの山本圭司取締役は、「eパレットでサービスそのものを届ける。

車両ではMaaS専用の次世代電気自動車(EV)「eパレット」とミニバン「シエナ」のハイブリッド車(HV)、小型EVの3種類のラインアップで幅広い用途に対応する方針。

とはいえトヨタは18年にサービスとしての乗り物「MaaS(マース)」向け車両として、自動運転にも対応する電動車両「eパレット」を発表。... eパレットを使ったサービスを20年代半ばにも始める見通しで...

ガーディアンは、18年に発表したサービスとしての乗り物「MaaS(マース)」向け車両「e―パレット」に標準装備する方針。 ...

(下氏香菜子) 【車室空間広く】 パナソニックはMaaS向けで自動運転技術を備えた電気自動車(EV)のコンセプトカー「スペイシー」を2018年1...

会場で自動運転技術などを備えたMaaS専用の次世代電気自動車(EV)「eパレット」を披露した。 ... トヨタの友山茂樹副社長は「今回の提携の最終的な姿は、eパレットを実用化するとこ...

20年代前半には自動運転などを備えたMaaS専用の次世代電気自動車(EV)「eパレット」を導入し、グローバル展開を狙う。

2020年代半ばには、トヨタが開発中の乗り物のサービス化「MaaS(マース)」専用の自動運転機能付き電気自動車(EV)「eパレット」の活用を想定する。... 【半導体の塊】 「今回の...

会場内で豊田は「トヨタを自動車の会社からモビリティー・カンパニーに変革する」と宣言し、自動運転などCASEに必要な要素のすべてを備えたMaaS専用の次世代電気自動車(EV)「eパレット」を紹介した。&...

既存車両によるオンデマンドモビリティーサービスのほか、20年代半ばまでにトヨタが開発中のMaaS専用の次世代電気自動車(EV)「eパレット」を導入。

20年以降、トヨタが開発する次世代電気自動車(EV)「eパレット」を使い、移動中に料理を作って宅配するサービス、移動中に診察する病院送迎サービス、移動型オフィスなどの展開を目指す。

さらに今年1月には中国の配車サービスの滴滴出行と次世代電気自動車「eパレット」でパートナーとなり、6月には東南アジアで拡大する配車サービス大手グラブに約1100億円を出資するなど、今後のモビリティーサ...

トヨタ自動車はマース専用となる電気自動車(EV)「e―パレットコンセプト」を1月に公開した。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる