472件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

初年度の販売目標は5000台で、価格は前輪駆動モデルが600万円、4輪駆動モデルが650万円(ともに消費税込み)。... EVでは車載電池が車両コストの3―4割を占め、EVビジネスの採...

電動化による自動車向け駆動部品の事業縮小を見据え、新市場の開拓に動きだした。... ユニバンスは4輪駆動車用トランスファーなど駆動系部品が主力。

計3基の駆動用モーターを用いた4輪駆動を採用し、動力性能を高めた点を訴求する。... 通常の走行は後輪駆動だが、天候・路面の状況などに応じて前方のモーターも作動する。時速0キロメートルから時速100キ...

ボルボ・カー・ジャパン(東京都港区、マーティン・パーソン社長)は、電気自動車(EV)「C40リチャージ」に前輪駆動のエントリーモデル「C4...

スズキ、湖西工場きょうも停止 (2022/3/17 総合3)

同工場の4輪駆動車「ジムニー」の生産ラインは稼働する。

スズキはロシアへの物流停滞で船での出荷ができず、4輪車と2輪車の輸出を停止した。4輪車は日本から4輪駆動車「ジムニー」を、ハンガリーからスポーツ多目的車(SUV)「ビターラ」...

bZ4Xに乗り込みアクセルを踏み込む。... bZ4XはSUBARU(スバル)と共同開発した専用プラットフォーム(車台)を採用した。... スバルとは新たな4輪駆動技術...

Q2シリーズの中で高性能スポーツタイプに位置付けられており、同シリーズでは唯一、4輪駆動(4WD)システムを搭載している。... 排気量2000ccの直列4気筒DOHCターボエンジンを...

ビー・エム・ダブリュー(東京都港区、クリスチャン・ヴィードマン社長)は、4ドアクーペの電気自動車(EV)「i4」を発売した。高性能モデル「Mシリーズ...

日産自動車が電動車の4輪駆動(4WD)技術に磨きをかけている。... 同技術をベースにした電動4WDシステム「eパワー4WD」は、最高出力100キロワットと同50キ...

四つのモーターの4輪駆動方式で出力は1000馬力超となる。

CX―50は、4輪駆動でオフロードでも安心して走行できる最低地上高を確保したという。

4輪駆動(4WD)車では車両運動統合制御システム「S―AWC」を搭載。

連合(アライアンス)を組む日産自動車と部品を共有して開発を効率化しつつ、PHV技術や4輪駆動(4WD)技術で“個性”を発揮できた自負心が垣間見える。 ...

ダイハツが投入したロッキーHVは、排気量1200ccエンジンを発電専用とし、発電用と駆動用で二つのモーターを配置する。... HVモデルのほかに、同1200ccのガソリン車、同1000ccの4輪駆動タ...

電池容量を従来比約4割増の20キロワット時に拡大。... 新型車では前後二つの駆動用モーターの出力をそれぞれ同約4割向上。強みの4輪制御技術に高出力な駆動システム「ツインモーター4WD(4輪駆...

排気量2500ccのガソリンエンジンを搭載したワゴンとバンの一部に4WD(4輪駆動)を追加した。

もう一つは「ロンジチュード4×4」。前2輪駆動を基本にしつつ、4輪駆動へ切り替え可能なシステムを導入し走破性を高めた。

4輪のタイヤの能力をバランス良く引き出すことで、安全・安心で快適な走りを提供する。 ... 新型アウトランダーでは、前後に1基ずつ駆動用モーターを搭載したシステム「ツインモ...

スズキは軽4輪駆動車「ジムニー」と小型4輪駆動車「ジムニーシエラ」を一部改良して10月20日に発売する。... 今回の改良により4速オートマチックトランスミッション...

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン