49件中、3ページ目 41〜49件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

民族ごとに伝統的な柄があるらしい▼ノーベル平和賞受賞者でミャンマー最大野党、国民民主連盟議長のアウン・サン・スー・チーさんが民族衣装をまとった姿は、アジア女性独特の美しさがある。... 安倍晋三内閣発...

ミャンマーの最大野党、国民民主連盟(NLD)議長のアウン・サン・スー・チー氏は13―19日の訪日時に、日本の先端技術に触れる機会をつくる。... 今回の来日は日本の外務省の招きにスー・チー氏が応じた格...

国民に人気があるアウン・サン・スー・チー氏率いる野党「国民民主連盟(NLD)」が優勢とされるが、テイン・セイン大統領の支持基盤である与党「連邦団結発展党(USDP)」も黙ってはいない。... 現政権の...

ミャンマーといえば、アウン・サン・スー・チー氏の名前と軍事政権ばかりが取り上げられていたが、ここにきて民主化が進み、国際社会への復帰も現実のものとなりつつある。

新政権は欧米との関係改善を目指し、政治犯の釈放や民主化運動指導者のアウン・サン・スー・チー氏との対話を促進。

一方で、アウン・サン・スー・チー氏の度重なる軟禁に象徴されるように、政治リスクが高く、現状は様子見の企業が多い。

国軍が強い影響力を持つ“文民政権”に、アウン・サン・スー・チー氏を始め民主化勢力は反発している。... 日本ではミャンマーと言えば「スー・チー氏と軍事政権の対立」が大きく報じられ、両国の貿易が拡大して...

アジア欧州会議(ASEM)外相会合は26日、北朝鮮の核実験に対する非難声明と、ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんについて早期釈放を求めた議長声明を出して閉幕した。

だが、90年の総選挙実施後、アウン・サン・スー・チー氏の軟禁問題も絡んで米国が軍政に対し極めて厳しい態度をとっていることや、97年7月のアジア金融危機以降、経済的に苦しくなったことで開放路線が後退して...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる