1,555件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

【札幌】燃焼合成(札幌市東区、鏡好晴社長、011・776・7406)は、2020年度から電子機器の放熱シートなどで用いる窒化アルミニウムの充てん材を日系電子部品メーカーに供給する。... 燃焼合成は北...

「実は、働き方改革が影響している」と自動車用アルミの需要増の意外な背景を明かすのは、日本アルミニウム協会会長の石原美幸さん。 ... 積載量の増加に伴い大型車種のニーズが高まり、トラ...

10月のアルミ圧延品生産、8.8%減 機械・サッシ向け低調 (2019/11/28 素材・医療・ヘルスケア)

日本アルミニウム協会がまとめた10月のアルミ圧延品生産(板・押出合計)は、前年同月比8・8%減の16万1525トンだった。... 主要分野別の出荷のうち、缶材向け板類は同0・2%減の3万3289トン。

今後は、曲げの精度や強度、自由度を高めることで、少量加工やプレス後の修正作業、試作、デザイン性の高い内装材といったニーズを探る。 ... 試作機による加工では、厚さは鉄が0・6ミリメ...

従来のアルミニウム材やカーボン材は軍需、航空機からレーシングカーという流れで普及したが金属3Dプリンターも同様だろう。

直径70ミリメートルまでの棒材に対応し、金属を加熱、せん断して強度を高める。... リナシメタリは、これまで直径50ミリメートルまでの棒材を加工できる装置を開発していた。... 小型EV向け以外にもア...

「UACJはアルミニウム事業に経営資源を集中し、拡張路線を図っている。... 工場を拡張する可能性はあり得る」 【記者の目/再始動のかじ取り 手腕に期待】 NJT銅...

わが国では新地金アルミニウムの100%を海外からの輸入に頼っており、輸入した地金は伸ばして板材や箔材、押し出し材、鍛造品や鋳造品、ダイカスト品として加工している。 ...

富士電機、軽量パワコン発売 (2019/11/14 電機・電子部品・情報・通信1)

工場などの屋上に設置する自家消費用途を想定し、筐体(きょうたい)材料を従来の鉄材からアルミニウム材に変更して軽量化した。

座面の裏側が水槽となっており、結露を防ぐために潜熱蓄熱材(PCM)を使う。座面や背もたれの素材はアルミニウム。... ネギシは1986年設立で、潜熱蓄熱材を使った製品の開発を手がける。 ...

自動車部品やアルミニウムの強度を高める添加剤などに使われる中国産マグネシウムの価格は続落。... 軽量なマグネシウムは自動車向けのダイカスト材などに使われるが、中国では自動車販売が振るわない。... ...

天田財団、今年度前期の助成テーマ95件(中) (2019/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽上杉祐貴/東北大学多元物質科学研究所光物質科学研究部門「フェムト秒レーザーによるナノ薄膜加工と高品質な電子位相ホログラムの実現」▽東口武史/宇都宮大学工学...

(敬称略) 【重点研究開発助成(塑性加工)】▽御手洗容子/物質・材料研究機構構造材料研究拠点耐熱材料設計グループ「1500t鍛造シミュレータにより組織制御したTi合金の破壊機構解明と...

素材には従来と同じアルミニウム押し出し材を採用した。金型の設計次第で板圧を自在に変えられる同材の特長を生かし、各部位の厚みを変更して強度を保ちつつ軽くした。

例えば、YAGと呼ばれるイットリウムとアルミニウムからなる複合酸化物。... NIMSで脈々と引き継がれてきた超伝導線材を作るための加工のノウハウと経験を駆使し、ニオブとアルミニウムの箔(はく)を重ね...

液晶を混ぜた樹脂を作製し紫外光を当てると、液晶成分の構造が変化し、塗料材の密着性が低下することを見いだした。溶剤を使わずに剥がせるペンキや被膜材、ジェルネイルなどへの利用が期待される。... 基材とな...

津根精機、アルミ向け全自動丸鋸機 切断時間を3割短縮 (2019/10/29 機械・ロボット・航空機1)

【富山】津根精機(富山市、津根良彦社長、076・469・3330)は、切断時間を従来機比で最大30%短縮し高速化したアルミニウム向けの全自動式丸鋸切断機「TK5M―90GL=写真」を発売した。... ...

4―9月期のアルミ圧延品生産、3.8%減 半導体関連低迷 (2019/10/28 素材・医療・ヘルスケア)

日本アルミニウム協会がまとめた2019年度上期(4―9月期)のアルミ圧延品生産(板・押出合計)は、前年同期比3・8%減の96万5136トンと2年連続でマイナスとなった。... 板類はアルミのパネル材採...

そこで、MIが予測した強力な接着剤で2枚のアルミニウム板を接着し、引っ張り試験を実施。... 物材機構は材料開発に強みを持つ国立研究開発法人。

【名古屋】オプトン(愛知県瀬戸市、與語照明社長、0561・48・3382)は、人手作業が一般的なアルミニウムのロウ付けをロボットで高精度に自動化する技術を開発した。... アルミ自...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる