84件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

いずれも近年は苦戦を強いられてきたが、円高是正やアルミニウム材の自動化製造設備導入によるコスト低減効果で競争力が増し、今回の受注を含め約3年分の仕事量を確保した。

UACJの山内重徳会長は17日都内で講演し、米国で検討中の自動車パネル用アルミニウム材の供給に関する共同事業について「もうすぐ結論を出す」と述べ、早ければ5月中にも正式合意を結ぶ見通しを明らかにした。...

シートはリクライニングの角度調整が電動でできるほか、本革やアルミニウム材のテーブルを採用した高級感あるつくり。

【東大阪】フロントクロス(大阪府東大阪市、木下久義社長、06・4309・3630)は、アルミニウム材に塗装が容易にできるプライマー(下塗り)を製品化した。... アルミ材は酸化被膜を形成しやすい特性上...

新日鉄住金の溶接軽量H形鋼「スマートビーム」が、京都市成長産業創造センター(京都市伏見区)の外装材(ルーバー材)に採用された。アルミニウム材が多く使われるルーバー材での採用は今回が初めて。アルミ材に比...

UACJは自動車パネル用アルミニウム材の米国展開で、アルミ圧延大手のコンステリウム(オランダ)と共同事業化の検討を始めた。

UACJは9日、自動車向けアルミニウム材の製造販売事業について3月31日付で新日鉄住金との共同運営を解消すると発表した。4月1日から新日鉄住金が務めてきた自動車向けアルミ材の販売、技術サービス窓口業務...

技術開発はこれまで鉄、銅、アルミニウム材で板厚0・8ミリメートルの分割に成功していたが、今回、ステンレスと真ちゅうでも成功するなど、技術力の向上にも努めている。

現在の北米での現地調達比率は明らかにしていないが、アルミニウム材を一部調達している程度で大半は日本から輸出していると見られる。

アルミ箔とガラス繊維を合わせた厚さ10ミリメートルのシート状の吸音材、不織布、エンボス加工したアルミニウム材を重ねた構造。

【名古屋】OSGはさまざまな機械や被削材に適する新切削タップ「Aタップシリーズ」について、秋から海外展開を推進する。... 一般的な材料である炭素鋼をはじめ、ステンレス鋼やアルミニウム材など「特別なタ...

自動車部品向け精密プレス金型で培った技術を活用し、金属の材質、材圧、形状などの条件に応じて作成した数百種類の割り裂き道具を変更することで実現した。... 割裂(わりさき)加工技術で現在までに、鉄、銅、...

ネジ商社の実績からジャスト・イン・タイムで部品を組み合わせたキットを納入できる由良産商はアルミニウム材や小物を、高林製作所は強みとするアクチュエーターや機械加工を担当するなど受注品ごとに使い分け、海外...

特に鉄やステンレス、アルミニウムなどの薄板加工で、高い生産性を発揮する。... 板厚0・8ミリメートルのアルミニウム材の場合で、毎分100メートルの超高速加工を実現した。

【ビーティーティー/高速・高能率でアルミを加工】 ビーティーティー(名古屋市守山区)は、アルミニウム材の高速・高能率・ドライ加工を実現するエンドミル「プリズムシリーズ=写真」と、小型...

利昌工業(大阪市北区、利倉幹央社長、06・6345・8331)は、発光ダイオード(LED)用基板材料に使うアルミニウム材を個別仕様で内製化する体制を整えた。... アルミ材は顧客ごとに仕様が異なる場合...

出力2キロワット型の場合、厚さ1ミリメートルの軟鋼の切断速度は従来の出力3・2キロワットのCO2レーザー切断機と比べて約3倍、厚さ1ミリメートルのアルミニウム材の切断速度は同約2倍に早まる。

一般的にクリーンMIGはアルミニウム材に用いられる。... また溶接金属は「共金(ともがね)」と呼ぶ母材同質の金属が適当とされてきたが解析の結果、その手法では溶接施工時の課題克服が無理だと早い段階で見...

板厚0・8ミリメートルのアルミニウム材の場合で、毎分100メートルの超高速加工を実現した。

板厚0・8ミリメートルのアルミニウム材の場合、毎分100メートルで超高速加工できる。... 銅や真ちゅうなどの高反射材も安定して加工できる。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる