104件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

◇MVR型蒸発装置 ガス使用量3割超削減 東洋化学(三重県川越町、河村義浩社長、059・365・4101)は、和洋菓子の材料に用いる水あめ、ブドウ糖などを製造加工する。製造過程のうち...

「モノづくり現場―エレクトロヒート技術最前線―」は休みました。

◇スパイラル式熱交換器 ボイラの燃料費抑制 独自の染色加工技術で高い競争力を持つ小松精練。

「モノづくり現場―エレクトロヒート技術最前線―」は休みました。

給食調理の現場が長年抱える課題にエレクトロヒート技術が活躍している。 ... 可能としたのは中島製作所が強みとする板金加工技術。... エレクトロヒート技術は省電力だけでなく、患者や...

船舶用や陸上用の海水淡水化装置で技術力を培ってきたササクラ。... 「熱を効率よく極限まで利用する」(水処理事業部水処理営業室の朝倉千絵主任)機械式蒸気再圧縮(MVR)の技術を用いている。

エンジンブロックや変速機のケース、さらにはモーターのハウジングなど、自動車の中核を担う駆動部品にはアルミニウムが不可欠。工業炉メーカーの三建産業にとってアルミ溶解炉は中核商品だ。&...

空調などの省エネ対応と違い、高度な技術が求められる生産プロセス内の導入に成功した。

明日に架ける橋の加藤俊作技術顧問によると「製品の品質に加えて、省エネ効果も高い」と強調する。 ... 加藤技術顧問は「本来の我々の目的は障がい者に就労の場を提供すること。

省エネ性能の高いヒートポンプや誘導過熱などの「エレクトロヒート技術」について、モノづくり現場での活用や、装置・機器を手がける企業の事例を紹介する。... 大森部長は「今後、処理作業の技術を開発すること...

地球規模で環境への意識が高まる中で、省エネルギー、二酸化炭素(CO2)排出抑制などから、モノづくりの現場で電力を高効率で熱エネルギーとして活用するエレクトロヒート技術が評価されている。... 最新のエ...

木村化工機は化学装置やプラントのエンジニアリングで蒸発と蒸留の技術で強みを持つ。... 蒸留装置は運転や濃度調整が必要で省エネ技術の導入は難しい。蒸発と蒸留の両技術を併せ持つ会社は世界でも有数だ。

ヤマトは産業技術総合研究所と、出力が従来比5倍のアルミ溶湯用浸漬ヒーター「アルハイパー・エックス」を共同開発した。

一方向のサービスではなく、課題に応じて最適な商品と技術で顧客のニーズに応えるスタンスだ。

「『ちりも積もれば山となる』の精神で省エネルギーに努めている」と説明するのは、南海化学和歌山工場の佐野学製造部長。2014年9月に、ゼネラルヒートポンプ工業製の冷暖同時高温型ヒートポンプを1台導入した...

南海化学土佐工場は農薬のクロルピクリンや、浄化槽の殺菌に用いる高度さらし粉などの水処理剤を手がける。全社的な環境方針のもと、同工場は2000年に環境管理監査の国際規格「ISO14001」を取得。さまざ...

更新は相当のコストがかかるため、社内の技術者が補修しながら長期に使ってきた設備が多いという。

2013年、「中部電力が開いた技術展で目にしたIHに着目した」(同製作所エンジン工場鋳造2モジュール)。

「東芝キヤリア製のヒートポンプを導入したら、蒸気や電気ヒーターを使う場合に比べエネルギーを40%も減らせた」と満足するのは、日清シスコの大阪工場の西田敬介生産本部技術開発部課長。... 「初めての技術...

純米大吟醸酒「獺祭(だっさい)」で知られる旭酒造(山口県岩国市、桜井一宏社長、0827・86・0120)。冬場に仕込む通常の酒造りと違い社員の手で年間を通じて仕込むのが特徴だ。それを可能にしたのが精密...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる