281件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

ゲルマネンはグラフェンやシリセンより質量数やスピン軌道相互作用が大きい。

JSTと青山学院大、22日に新技術説明会 (2018/11/15 大学・産学連携)

「炭素原子1層のグラフェンで作製した透明なアンテナ」「非接触の生体情報計測技術を利用した健康管理センサシステム」「ICTを使った地域活性化技術」「非接触歪み分布測定技術」「高性能熱制御デバイスの応用展...

5年をめどにグラフェンの液体を製品化する。... 樹脂メッキの前処理に、ナノカーボンの酸化グラフェン水溶液を用いるが、酸化グラフェンは非導電性のため、還元剤でグラフェンに還元し、樹脂を導体とする。&#...

KRI、耐水性窒化アルミ開発 高熱伝導材向け提案 (2018/10/23 素材・ヘルスケア・環境)

同社が持つ酸化グラフェンの表面改質技術を活用し、耐水バリアー層の機能を付加することに成功。... 酸化グラフェンを吸着し熱処理した窒化アルミと、酸化グラフェンを吸着させず熱処理だけした窒化アルミを、一...

その後、単層・多層のCNT、グラフェンを分散液にする技術や半導体型CNTと金属型CNTを分離する技術を導入。

最近では新素材「グラフェン」を使った装置も活躍している。

【東大阪】DNAメタル(大阪府東大阪市、前田茂樹社長、06・6732・4334)はリチウム電池用電極製造で、銅の上にカーボンナノチューブ(CNT)とグラフェンの混合被膜(写真右の黒い部分)や、アルミ上...

ナノスケールの「窓」をあけたグラフェンを分解膜に使うことで常温常圧下で酸素分子を優先的に透過・分離できるという。... 「窓」は炭素原子が蜂の巣状につながったシート状のグラフェンに高温で酸化させてあけ...

電子部品原料としてのゲルマニウムは既にシリコンにその座を奪われて久しく、さらにグラフェンなどに移りつつもあるがゲルマニウムはその底堅い需要を喚起し続けている。

東京大学生産技術研究所の増渕覚特任講師と町田友樹教授らは、グラフェンなどの単原子シートを何層にも重ねるロボットシステム「2DMMS」を開発した。... 扱える単原子シートは炭素材料のグラフェンや窒化ホ...

三菱マテ、グラフェン複合材開発を本格化 VBに出資  (2018/4/23 素材・ヘルスケア・環境)

三菱マテリアルは、炭素材料の「グラフェン」と、アルミニウムや銅などの素材を組み合わせた複合部材の開発を本格化する。... 銅の10倍の熱伝導率を持つグラフェンの性質を生かし、今後2―3年内に自動車向け...

炭素原子が蜂の巣状につながったシート状物質「グラフェン」に着目。電流が流れない磁性体をグラフェンに貼り合わせることで、グラフェン内の電子スピンの向きを制御できた。... YIGの薄膜をグラフェンと貼り...

京都大学大学院工学研究科の松田建児教授と大阪大学大学院基礎工学研究科の宮坂博教授らは、電子機器の小型化や省電力が期待できる、炭素材料のらせん状グラフェンのモデル化合物(らせん状ナノグラフェン)合成に成...

1枚のグラフェンに電極を貼り付け、電界効果トランジスタとして機能させる。まず銅基板上に単層グラフェンを成膜して薬液で銅を溶かす。... 単層グラフェンはシリコン基板上で約1センチメートル角。

同センサーは炭素素材でシート状炭素分子の「グラフェン」を用いた。グラフェン表面に人間由来の糖鎖を含ませる。

【名古屋】名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所の伊丹健一郎教授らは、炭素原子のみのシート状物質で湾曲した炭素材料「グラフェン」の性能付加技術を開発した。 湾曲グラフェンを化...

物質・材料研究機構の馬仁志(マ・ルンジ)准主任研究者らは、酸化マンガンと炭素材料の「グラフェン」のナノシート(ナノは10億分の1)を交互に積層した電池負極材料を開発した。... 高容量だが壊れやすい酸...

炭素材料であるグラフェンの大きさを精密に制御して作成できる。... 実際にベンゼン環が五つ連なった鎖2本を結合させ、18個のベンゼン環をもつグラフェンを合成できた。 ... グラフェ...

電気伝導率が高いグラフェンをエレクトロニクスに応用しやすくするため、ハニカム格子は維持したまま構成元素の炭素をスズに置き換えたスタネンの作製において、下地基板との原子スケールでの化学反応性や界面歪みを...

炭素材料「グラフェン」の発見以降、層状物質半導体の研究が行われている。グラフェンは機械的強度や熱伝導などの特性に優れているが、原子層トランジスタとしては使いにくい欠点がある。 一方、...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる