電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,048件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

深層学習(ディープラーニング)では類似度が高くなりやすい性質がある。

AI分野においても、ディープラーニング(深層学習)を製造業に活用しようという試みは、新型コロナ禍以前からずっとなされてきた。... そこで近年、AIの深層学習(ディープラーニン...

ガイドラインは日本ディープラーニング協会(松尾豊理事長=東京大学大学院教授)のものを参考に策定。

4月以降に情報処理推進機構(IPA)が実施する情報処理技術者試験や日本ディープラーニング協会(JDLA)認定資格などを取得した社員が対象。... 新制度では、情報処理技...

AIで被写体検出 富士フイルム、軽量ミラーレス発売 (2023/6/13 電機・電子部品・情報・通信1)

約2610万画素のセンサーと高速画像処理エンジンの搭載により、高画質での撮影ができるほか、ディープラーニング(深層学習)技術を用いて開発した被写体検出オートフォーカス(AF&#...

南米ペルー南部の世界遺産「ナスカの地上絵」の研究所を持つ山形大学は、日本IBMと共同で、人工知能(AI)のディープラーニング(深層学習)技術を活用して地上絵4点を特定し...

一方でLLMのような深層学習(ディープラーニング)の大規模計算は富岳よりもグラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)に一日の長がある。

大阪大学の松原崇准教授と神戸大学の谷口隆晴教授は、深層学習(ディープラーニング)で観測データから物理法則を見つける技術を開発した。

我々アラヤ(東京都港区)が7年前に技術協力した事業で、いけすにいる養殖マグロの個体数把握にAIの深層学習(ディープラーニング)による画像解析を活用した事例がある。...

人工知能(AI)の産業活用の促進を目指す業界団体、日本ディープラーニング協会は、対話型AI「チャットGPT」に代表される「生成AI」を利用する際のガイドライン(指針)を...

これまで筆者のような立場の人間としては事業を紹介する際に、そもそもAIが行える画像認識とは何か、ディープラーニング(深層学習)とはいかなるものか、という説明をすることが半分仕事のように...

センシング技術や深層学習(ディープラーニング)を用いた燃焼管理による自動燃焼制御の向上も評価された。

(神戸市中央区) ソフト部門 優秀賞 エイゾス AI統合解析プラットフォーム「Multi‐Sigma」 ...

このような作業を機械が代替可能になった理由の一つとしてディープラーニングの普及が挙げられる。

深層学習(ディープラーニング)により、従来の熱負荷予測よりも予測精度を向上した。

深層学習(ディープラーニング)などのAIモデルは特定の誤認識を直すと、別の認識率が下がるといった課題があった。

深層学習(ディープラーニング)を用い、対象となる被写体の種類を増やす。

例えば、深層学習(ディープラーニング)の当初のキラーコンテンツは労働力の減少を補うためのチャットボットや帳票読み取りのための光学式文字読み取り装置(OCR)といったコス...

深層学習(ディープラーニング)の概念が一般的にも波及した2017年、厚労省による「保健医療分野におけるAI活用推進懇談会」を開き、科学技術を使って、効率的に患者に対して最適かつ質の高い...

顔認証については深層学習(ディープラーニング)を用いて、マスク着用時や逆光・暗所などの厳しい環境における認証精度を大幅に向上させた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン