122件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

現在、製品パイプライン(開発候補品)としてプレオブと、健常人ドナー由来の骨疾患治療薬「ALLOB(アロブ)」の二つを持つ。

ゲノム編集で原因遺伝子の変異部分を切除したところ、健康なドナー由来の変異なしの遺伝子コピーをもとに、切除部分がDNA修復機構によって修正され、手法の有効性とゲノム編集技術の正確性が確認できたという。&...

将来的には、健常なドナーから採取したミューズ細胞を慢性腎臓病患者に点滴投与するなどの治療法が考えられる。

AGは2019年9月に帯広市で開業予定の「体外受精卵培養センター」建設や、100頭ほどのドナーを飼育する牛舎の建設などに調達資金を充てる。

重い心不全患者の場合、補助人工心臓は心臓移植を受けるまでのつなぎとして使われるが、ドナー不足で装着が長期化しており、より安全性の高い装置が求められている。

3人のDNA持つ赤ちゃんが誕生−世界初 (2016/9/30 科学技術・大学)

卵子核を取り除いた健康なドナー女性の卵子に母親の卵子核を移植し、父親の精子を用いて体外受精を行い、母親の子宮に戻した。 その結果、両親の核DNAとドナー女性のミトコンドリアDNAを受...

同センターでは健康なドナーのイヌから採取した組織を、センターの培養施設で前処理から培養、試験、保存、治療用に調整した注射剤まで完成させる。

電子ドナーとアクセプターによる電子配列構造にした場合、非正多角形の電気伝導性は正多角形に比べ1800倍になった。

日本再生医療学会と三井住友海上火災保険は21日、再生医療で患者やドナーに健康被害が生じた場合の補償制度を11月に創設すると発表した。 ... 基本補償は治療で死亡した場合はドナーが4...

16年4月からは、日本骨髄バンクの全国の新規ドナー登録者を対象に協力依頼をスタートした。

HLA(ヒト白血球抗原)という細胞の型をドナーと患者で合わせれば免疫反応を抑え、安全に移植できる。

臓器提供者(ドナー)と被移植者(レシピエント)間の橋渡しを行う組織「日本臓器移植ネットワーク」とチャーター機契約を結び、空港到着から約5分で離陸できる仕組みを構築した。

健康なドナー由来のiPS細胞を作り、細胞が持つ免疫の型である『ヒト白血球抗原(HLA)』を適合し、多くの人に使えるようにするのがiPS細胞バンクの基本的な考え方だ。... 13年のプロジェクト始動から...

健康なドナーの血液から採取したiNKT細胞からiPS細胞を作り、約35日で再生iNKT細胞に分化誘導した。

臓器灌流培養システム装置の実用化で、ドナー臓器不足の問題を解決できると期待される。

補償金額は1人当たり最大3000万円、細胞を提供するドナーには最大4000万円、研究機関の賠償責任には最大3億円の保険金を支払う。

【不足するドナー】 心臓移植は、脳死のドナー(臓器提供者)から提供された心臓を移植する手術である。... 心臓移植の必要な患者に対して、ドナーは不足している。心不全は、進行性の病気で...

光を電流に変換させるには、電子を与えるドナーと受け取るアクセプターの界面で励起子を電子と正孔に分離する必要がある。... 研究グループは、ドナーとアクセプターがナノレベル(ナノは10億分の1)で混合し...

ただ、ドナー不足を背景に心臓移植自体は国内でも年間30件程度しか実施されていない。

iPS細胞パネルとは、ドナーの健康状態に関するデータを添付したiPS細胞のストック。日立健康管理センターで9月からドナーの募集を開始。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる