84件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

抗体やホルモン、バイオシミラー(バイオ後続品)などの研究開発から商用化までを総合的にサポートできる体制を目指す。

そして全員が製品に直接関わりを持っていることを意識し、やりがいや最終製品への大きな責任を担えるように教育している」 ―8月にインスリン製剤のバイオシミラー(バイオ後続品)を発売しまし...

「米国で関節リウマチ治療薬『インフリキシマブ(一般名)』のバイオシミラーを20年に230億円売り上げる計画に変更はない。

関節リウマチ薬「エタネルセプト(同)」のバイオシミラーの国内発売予定も16年度から17年度に改めた。

2015年3月期に日医工は米国でバイオシミラー(バイオ後続品)開発のため約10億円を投じる。... 日医工は関節リウマチ治療薬「レミケード」(一般名インフリキシマブ)のバイオシミラー開発などに投資する...

製品化までに5―20年間という長い年数がかかるバイオ後発薬(バイオシミラー)とバイオ新薬の両中核事業の研究開発を支える安定収益源を確保する狙い。

ジーンテクノサイエンスは19日、抗がん剤の副作用を抑えるバイオ医薬品「PEG―G―CSF」の後発薬(バイオシミラー)の臨床開発に向けた提携活動を始めると発表した。

「バイオシミラー(BS、バイオ後続品)会社は新規患者だけでの事業は難しいだろう」と説明するのはイスラエル・テバファーマスーティカルでグローバルメディカルディレクターを務めるウド・ミュラーさん。 ...

「先発品の中和抗体とバイオシミラー(バイオ後続品)の反応性は重要だ。... 先発品治療後にバイオシミラーを投与できるか分かれる。 ... ただ承認時にデータを求められなかったG―CS...

「バイオシミラー(BS、バイオ後続品)は市場や医療財政に最も影響を与える因子だ」と説明するのは、イスラエル・テバファーマスーティカルでグローバルメディカルディレクターを務めるウド・ミュラーさん。...

新薬が続くがMRは踏ん張りどころだ」 ―バイオシミラー(BS)の販売戦略は。

グローバルではバイオシミラー(バイオ後続品)の量産を狙い、大型の設備投資が進む。富士フイルムは協和発酵キリンとの合弁会社でバイオシミラーの量産、開発を進めている。

リウマチの治療薬「アダリムマブ」(一般名)、がんの治療薬「ベバシズマブ」(同)、RSウイルスの感染予防薬「パリビズマブ」(同)の各先発品に対する後発薬(バイオシミラー)で、2014年春をめどに非臨床試...

「バイオシミラー(バイオ後発薬)は事業として成立するのか」と疑問視するのは、田辺三菱製薬専務執行役員の柳澤憲一さん。... 一律にバイオシミラーにも当てはめられるかはわからない」という。 &#...

バイオシミラー(バイオ医薬品の後発薬)メーカーなどに提案する。

持田製薬や日本化薬、富士製薬工業、テバ製薬(名古屋市中村区、菊繁一郎社長、052・459・2001)の4社は血液中の好中球の産生や機能を高める遺伝子組み換えヒト顆粒球コロニー形成刺激因子「一般名=フィ...

中計期間中に主力薬の高血圧症治療剤「オルメサルタン」の特許が切れることからコスト削減と新薬の早期普及、バイオ後発薬(バイオシミラー)への本格参入などで継続的な成長を維持する。

ヤクルトが持つ抗がん剤開発の経験と、バイオ医薬品の開発・製造や製剤化に関するUMNファーマ、アピの技術・ノウハウを融合し、今後の市場拡大が見込めるバイオ後続薬(バイオシミラー)分野で成長を狙う。...

UMNファーマは創薬関連サービスの米キャタレント・ファーマ・ソリューションズ(ニュージャージー州)から、バイオシミラー(後発バイオ医薬品)の開発や製造に必要な細胞株の提供を受けることで合意した。......

対象はがんや自己免疫疾患で、新薬と後発薬(バイオシミラー)が2本柱だ。... この原薬販売などで15年3月期の黒字化を目指す」 ―バイオシミラーの開発は、低分子医薬に比べて多くの資金...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる