156件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

教育施策に関しては、超スマート社会「ソサエティ5・0」の実現に向けた動向を記載。プログラミング教育や数理データサイエンス教育の推進、実務家教員を育成・活用するシステムの構築などを示した。

藤原電子工業(大阪府八尾市、藤原義春社長、072・991・3927)は、プログラミング教育用ロボット「エレボット」を4月21日に発売する。... 八尾市のモノづくり体験施設「みせるばやお」で同日に教室...

サイバーエージェントは、小学生のためのプログラミング検定「サイバーエージェント キッズプログラミング検定(プロ検)」を始める。プログラミングの知識や技術力を測定する指標を作って成長を実感できるようにし...

「小学校でのプログラミング教育必須化を受けて、何かできないかと16年に検討を始めた。... 「16年に長野県白馬村と青森県八戸市でプログラミング教室を実施した。... 2種類のプログラムを用意しており...

放送大学は外部の業界団体などと連携した社会人教育を4月から始める。... 公共事業の入札資格になっている建設技術者の継続教育(CPD教育)や最新の知識が求められる金融業界の資格など、幅広い業種を想定す...

会議所のキャリア教育、活動広がり実施率78% 日商まとめ (2019/3/7 中小・ベンチャー・中小政策)

内容もデジタル社会に対応した先進的なものからキャリア教育観光といった新しいジャンルのものまで拡充・進化している。 ... 次いで「地元大学との連携(人材教育等)」68件などと続くが、...

同市はソフトバンクの人型ロボ「ペッパー」100台を使ってのプログラミング教育を行うほか、ドローン操縦の育成を進めている。

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるのを前に、文部科学省は18日、総務、経済産業両省と共同で、企業と連携して児童にコンピューターのプログラムが社会で果たす役割を理解してもらうための...

ロボットはプログラミングの勉強の枠を超えて、小中学生の課題解決の手段になりつつある。... 多くのプログラミング教材はロボを動かすことが目的となり、学びに上限を設ける側面がある。 ....

シャープ、家電・PC連携戦略 ダイナブックに営業の一部移管 (2019/2/11 電機・電子部品・情報・通信)

またロボホンは、20年度に小学校で必修化されるプログラミング教育向けに需要が高まっている。ロボホンの対話や動きをプログラミングする際にパソコンを使うため、相乗効果を見込みやすい。

福島・南相馬市と東大、小中学生向けドローン教育で連携 (2019/1/28 機械・ロボット・航空機1)

「福島イノベーション・コースト構想」で重点分野と位置付けている教育・人材育成の一環。... 東大とドローンを生かした教育で連携し、ロボット分野への若年層の関心を高め、人材を育成することで産業の活性化に...

必修化されるプログラミング教育はこの動きを後押しする。

小学生からのプログラミング教育が2020年度から始まろうとしており、中学生、小学生のスマホ利用も容認される方向にある。... 子どもを教育できる人材は不足しているし、子どもを見守るべき親のITリテラシ...

他方、県内の中学校でロボット関連のプログラミング教育を推進する取り組みも加速している。... 学校教育にも採用広がる 特区域内の自治体も、特区の盛り上がりを地域振興に生かす取り組みを...

プログラミング教育の流れも後押しになる。

19年1月にはプログラミング教育用ロボの販売も開始する。

秋東精工、小型コンピューター搭載の鉄道玩具 北米で拡販 (2018/12/4 中小・ベンチャー・中小政策)

子ども向け玩具としての利用のほか、小学校などプログラミング教育現場への導入を狙う。

文部科学省では2020年から、小学校でプログラミングを必修化する(文部科学省「小学校プログラミング教育の手引き〈第二版〉18年11月」)。... 米国でも、小学校からのプログラミング教育に熱心に取り組...

日本商工会議所(日商)は「日商プログラミング検定」を創設した。... 20年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるなど、不足するIT人材の育成に注目が集まる中、日商は約12年ぶりに新たな検定試...

【津】ITサービスが主力のFIXER(東京都港区、松岡清一社長、03・3455・7755)は、2020年に小学校で必修化となるプログラミング教育を支援する。... 教材は同社のパートナー企業でもある米...

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる