102件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

石炭火力発電は燃料の供給安定性、経済性が高く、運用実績も多いことからベースロード電源として重要視されている。

ベースロード電源の議論の行方次第で、その存立基盤も揺らぐ。... 太陽光発電の自家消費は分散型電源の新たな提案にもなりそうだ。

政府が安定性や経済性の高さから「重要なベースロード電源」と位置づける原子力の利用再開で、電気料金の引き下げも期待できそうだ。

政府がまとめた2030年度時点での望ましい電源構成「エネルギーミックス」でも、原発を構成比20―22%を占める重要なベースロード電源と位置づけた。

会社側は、電力料金にもかかわるベースロード電源として原発の重要性を説明。... 【中国電/原発は重要なベース電源だ】 【広島】中国電力は25日開いた株主総会で、「エネルギーバランスの観点からも...

【柔軟な改革を−電事連会長】 電気事業連合会(電事連)の八木誠会長(関西電力社長)は17日、改正電気事業法の成立を受け、電力の安定供給や競争環境下でも重要なベースロード電源である原子...

将来の電源構成(エネルギーミックス)で先週まとまった政府案では、原発の比率を20―22%としたが、老朽化した原発の廃炉が相次いだ場合、この水準を維持するのは難しい。... 政府が2030年時点での電源...

原子力と再生可能エネルギーによるゼロエミッション電源比率は「約4割」とした。... 日商がまとめたエネルギーミックスは「水力・地熱」が10%程度、原子力が25%程度、石炭が25%程度として、これらベー...

7日に党原子力政策・需給問題等調査会(額賀福志郎会長)が党政調審議会の承認手続きを経ずに、「ベースロード電源6割」とする提言を安倍晋三首相に提出。

東電の火力電源入札ではさまざまな組み合わせで各社が応札。... (5)関電にとって首都圏初の火力電源を建設する極東石油工業(6)東電と中部電が石炭火力を新設する横須賀火力発電所 再応...

発電量ベースで30万キロワットと、軽水炉の3分の1から4分の1程度にとどまる。 ... 原子力はベースロード電源として安全性の追求が強調され、高温ガス炉固有の安全性が注目を集めた。....

関西経済連合会は9日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の抜本的な見直しや、安全性が確認された原子力発電所の早期再稼働などの要望政策を含むエネルギーミックス(電源構成)の早期策定を政府に改めて提...

安定的に発電できる原発や石炭火力、水力といったベースロード電源の比率を、現在の40%から欧米並みの60%に引き上げるよう求めた。... ベースロード電源の確保をその手段と位置付けた。... 政府は提言...

経団連は6日、政府で策定が進む2030年の望ましいエネルギーミックス(電源構成)に関する提言をまとめた。... 経団連は提言で、低廉かつ安定的に発電するベースロード電源(原子力、石炭、地熱、水力)の比...

その場合にベースロード電源比率の維持には、石炭火力の存在が欠かせない。 ... 【用語】ベースロード電源=燃料コストが安く、天候などに左右されず1日を通して安定して発電できる電源。政...

(1面参照) 現在、政府で議論が進むエネルギーミックス(電源構成)に対しては、中長期的に電気料金の低減につながるよう、原子力や石炭火力などベースロード電源の比率を欧米並みの6割に高め...

NAS電池は主に工場・ビル向けに電力のピークカットや非常用電源といった用途に使われている。... 経済産業省は3月30日に開いたエネミックスの有識者会議で、安定した電力供給の基盤となるベースロード電源...

九州電と東ガスは16年度からの電力小売り完全自由化を見越し、首都圏で安価なベースロード電源を確保するのが狙い。特に九州電は供給域外への電源立地は初めて。

政府は14年4月にまとめた「エネルギー基本計画」で原発を重要なベースロード電源と位置付け、原子力規制委員会が新しく定めた規制基準に適合すると認められたものから順次、運転再開を目指す考えを示している。....

ベースロード電源としての原発の必要性を指摘、安全性や経済性など「S+3E」に基づくエネルギーミックスの実現を求めている。 ... 原発依存度については、30年時点で「20%程度を下限...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる