電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

45件中、3ページ目 41〜45件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.024秒)

腫瘍の危険性は、遺伝子の導入で使うレトロウイルスが原因だと見られていたが、山中教授は「c―Mycの方が心配だ」と語った。

山中教授らが当初開発した方法では、iPS細胞を作製する時にレトロウイルスを用いて四つの遺伝子を導入する。

遺伝子を細胞に組み込む「レトロウイルスベクター」を利用して「HSV―TK遺伝子」をドナーリンパ球に導入。

エイズがレトロウイルスに由来することを明らかにした。

分化した細胞がiPS細胞になる可能性として考えられた、遺伝子導入に用いるレトロウイルスによるがん遺伝子の活性化が不要であることも分かった。... iPS細胞はマウスの肝細胞および胃細胞にレトロウイルス...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン