210件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

スマートフォンなどの2・4ギガヘルツ帯(ギガは10億)の無線を使用したオーディオ機器での使用を想定する。... 無線通信により発生するバズノイズを抑制したほか、国際的な静電気放電規格「IEC61000...

2020年をめどに自動運転レベル4の実用化を目指し、全国各地で実証実験に取り組む。

同社以外の商用車各社も25年以降にレベル4以上の自動運転トラックの実現を目指す。... UDは限定領域のレベル4で先んじ、さらに30年までにレベル5の完全自動運転トラックの量産化という目標を掲げる。....

安全技術を高め、25年以降に計画する「レベル4」の自動運転トラック実用化にもつなげていく。

【さいたま】埼玉高速鉄道(さいたま市緑区、荻野洋社長、048・878・6845)などは3日、「埼玉スタジアム2002」(同区)周辺の公道約4・5キロメートルで自動運転バスの走行実証実験を行った。「レベ...

UDトラックスは29日、日本通運やホクレン農業協同組合連合会と実施している大型トラックの自動運転「レベル4」の実証実験を公開した(写真)。大型トラックを使うレベル4の実証実験は国内で初めて。

愛知県、空港島で自動運転実証 衛星測位など活用 (2019/8/28 中小企業・地域経済2)

【名古屋】愛知県は30日と9月2―4日に、愛知県常滑市の中部国際空港島で自動車の自動運転の実証実験を行う。... 運転席が無人で伴走車無しでのレベル4運転、第5世代通信(5G)を活用してプロジェクショ...

住友理工は道路の種類や天候など一定の条件下ではシステムが運転を担い、緊急時には運転手が操作する「レベル3」、一定の環境下で人間の関与なく走行できる「レベル4」の自動運転車での採用に照準を合わせる。&#...

自動運転車や人工知能(AI)などを搭載した車は約4412万台にのぼり、レベル3以上の自動運転が実現される見通し。... 40年には販売されるレベル3以上の自動運転車、約4412万台のうち約92%でレベ...

緊急時にドライバーが運転する「レベル3」、限定された領域で運転手の操作が不要な「レベル4」の自動運転技術を装備した試験車両を開発。... 一方、レベル4以上の自動運転技術は、日米欧中で20年からカーシ...

トレーラーなどの大型車両の複輪タイヤを幅広の1本に置き換えて、車軸1本に対し従来の4本から2本に減らす試みだ。... 限定された領域で運転手の操作が不要となる自動運転の「レベル4」を想定し、群馬大次世...

UDトラックスが日本通運などと組み、大型トラックで限られた区域を無人で走る自動運転「レベル4」の実証実験を8月に実施する。... 三菱ふそうはレベル2での安全機能を拡充しつつ、レベル4の早期実用化を目...

UDトラックスは8月に、日本通運やホクレン農業協同組合連合会と限られた区域を無人で走る自動運転「レベル4」の大型トラックの実証実験を北海道で実施する。大型トラックを使うレベル4の実証実験は国内で初めて...

IdriverplusはSAEレベル4の自律走行車のほか、先進運転支援システム(ADAS)も開発している。

仏自動車部品大手フォルシアの第4事業部門「フォルシアクラリオンエレクトロニクス(FCE)」は8日、低速先進運転支援システム(ADAS)による自動遠隔出庫システムを開発し、さいたま市中央区で日本のメディ...

鹿児島、熊本、宮崎、愛媛の4県には避難指示・避難勧告が出された。今年から導入された5段階の大雨警戒レベルのうち、2番目に高い「レベル4」。企業活動への目立った被害は報告されていないものの、梅雨前線は4...

警戒レベル1~2は気象庁が発表する防災気象情報、警戒レベル3~5は市町村が発令する避難情報に付記して伝えられる。... 居住者は前段階である警戒レベル3と4が発令された段階で避難する必要がある。...

国土交通省は26日、2020年に限定地域での実現を目指している無人自動運転移動サービス(レベル4)について、実施主体となるバス・タクシー事業者向けのガイドライン(指針)を策定、公表した。レベル4では運...

すでに日産はディー・エヌ・エー(DeNA)と、ウェイモは欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)などと自動運転領域で協業しているが、今回は自動運転レベル4―5に相当するMaaSの分野に...

「自動運転に関して量産型では現在、緊急時以外はシステムが運転する『レベル3』にまで対応している。研究開発では、限定領域で運転手の操作が不要となる『レベル4』に引き上げる。市内で走るタクシーは走る領域が...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる