263件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

IMO規制で変わる船用燃料 石油元売り、対策急ピッチ (2019/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

国際海事機関(IMO)は2020年1月、船舶排ガスの環境規制を本格導入する。... ただ、IMO規制適合確認のための国土交通省海事局による実証試験に低硫黄C重油をサンプル提供しており、当面は軽質原油を...

出光昭和シェルは、国際海事機関(IMO)による2020年1月からの船舶排ガス環境規制強化の対策として、船舶燃料に使われる低硫黄C重油(LSC)の供給体制を構築する。

川崎重工業は、シンガポールのKumiai Navigationの大型液化石油ガス(LPG)運搬船向けに、舶用電子制御式液化石油ガスインジェクションディーゼル機関を受注した。... 海上輸送は今後、国際...

機械工場内にシリンダー口径500ミリメートルの4気筒テストエンジンを設置し、国際海事機関(IMO)が進める窒素酸化物(NOx)3次規制や、二酸化炭素(CO2)削減の動きに対応。

2020年から国際海事機関(IMO)による船舶の燃料油硫黄分濃度規制(SOx規制)が強化され、天然ガスを燃料とするエンジンの需要が高まると判断した。

ただ、国際海事機関(IMO)が20年1月に、船舶排ガスの環境規制を本格導入することが波乱要因。

神鋼、船舶向けバイナリー発電の運用試験 (2019/2/25 素材・ヘルスケア・環境)

日本海事協会や英国、ノルウェーの認証機関による承認を取得済み。国際海事機関(IMO)が船舶のCO2排出量を2008年比で30年までに40%、50年までに70%削減する目標を定めたため、需要増を期待して...

川重、国内初のLPG焚きLPG運搬船 21年引き渡し (2019/2/5 機械・ロボット・航空機1)

2020年から国際海事機関(IMO)による船舶燃料油の硫黄分濃度規制が強化されることを受け、重油に比べて環境に優しいガスを燃料とする動きが広がっている。

川重、LNG燃料の大型バラ積み船 (2019/1/29 機械・ロボット・航空機1)

LNG燃料を使用する場合に適合が求められる船舶の安全に関する国際規制「IGFコード」と船級規則に基づいた設計基本承認(AiP)を日本海事協会から取得した。... 国際海事機関(IMO)による排ガス規制...

国際帝石、アブダビでLNG燃料供給 現地企業と合弁 (2019/1/8 建設・エネルギー・生活1)

国際石油開発帝石は2019年内にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで、船舶向け液化天然ガス(LNG)燃料供給(バンカリング)を事業化する。... 国際海事機関(IMO)は20年1月に船舶排ガスの環境...

新造船受注、19年は2―3割増期待 造工会会長 (2018/12/20 機械・ロボット・航空機)

20年に国際海事機関(IMO)の硫黄酸化物(SOx)、二酸化炭素(CO2)の排出規制が強化されることに伴い「改造や代替建造需要で活気づくことを期待する」と述べた。

そこで国際海事機関(IMO)は、バラスト水の生物を除去するシステムの搭載を定めた条約を制定した。

国際海事機関(IMO)による20年の硫黄酸化物(SOx)の排出規制強化をにらみ、中国や韓国の造船会社からのタンカー向け駆け込み需要が増えているため。

ガスタービンや国際海事機関(IMO)の窒素酸化物(NOx)排出量3次規制に対応する選択還元触媒(SCR)システムなども手がける。

日本郵船、安全運航へ船主と協業 “検船”基準運用20年 (2018/10/5 建設・エネルギー・生活1)

(小林広幸) 【98年に施行】 日本郵船は国際海事機関(IMO)が98年に施行した国際安全管理コード(ISMコード)への対応でNAV9000を作...

JMU、2元燃料の海洋環境整備船 国交省から1隻受注 (2018/9/4 機械・ロボット・航空機1)

ジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市西区、千葉光太郎社長、045・264・7200)は3日、軽油と液化天然ガス(LNG)の2元燃料主機関を搭載する海洋環境整備船(清掃兼油回収船)1隻を国土交通省...

国際海事機関(IMO)の硫黄酸化物(SOx)排出規制が強まる中、高木新体制の下で環境に優しいエンジンの開発などを加速させる。

【国際機関で要職に】 国際社会でのプレゼンスも高い。国際海事機関(IMO)では設立時から常任理事国だ。... さまざまな大学に船専門の学科があり、国際機関では官出身者が重要な地位を占...

日立造、舶用ディーゼルエンジン初号機を披露 (2018/4/19 機械・ロボット・航空機1)

国際海事機関(IMO)が定めるNOx3次規制に対応する。

海運業界、環境規制対応急ぐも…LNG燃料船普及に壁 (2018/4/18 建設・エネルギー・生活1)

国際海事機関(IMO)加盟国は、2050年までに海運分野の温室効果ガス(二酸化炭素、CO2)排出量を08年比半減させる目標に合意した。... シンガポール、中国、韓国も形成に動いており、国土交通省は「...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる