1,854件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

ロート製薬は新型コロナウイルス感染症の治療薬候補物質に関して、細胞性医薬品の研究開発を手がけるバイオミメティクスシンパシーズ(東京都江東区)とライセンス契約を結んだ。間葉系幹細胞と同じ仕組みで、新型コ...

マイオリッジ(京都市左京区、牧田直大社長)は、京都大学発の技術を用いたiPS細胞(人工多能性幹細胞)の心筋細胞への分化誘導法について、米アベリー・セラピューティクス(アリゾナ州)と非独占的ライセンス契...

現在、幹細胞(iPS細胞、間葉系幹細胞など)を病変部位に移植し生体機能の再生を目指す、再生医療の開発が活発に進められている。これらの細胞本来の機能に頼った天然型の細胞医療は、今後も着実に進展すると期待...

第一三共、白血病で臨床試験 (2021/4/15 ヘルスケア)

急性白血病の発症要因の一つに、メニンたんぱく質とMLLたんぱく質の相互作用によって異常発現する、造血幹細胞の維持に必要なたんぱく質が関連しているとされる。「DS―1594」は、この相互作用を阻害し、白...

毛髪を作る起源とされる毛包幹細胞に着目した。同細胞が存在する毛包のバルジ領域を分析したところ、たんぱく質の一種「デコリン」が毛包幹細胞の数の維持に関与していると明らかにした。 ......

心筋細胞の再生誘導、国循が遺伝子発見 (2021/4/14 科学技術・大学)

Klf1を7日間発現させると、損傷のない心臓においても心筋細胞が増殖し、1カ月後には心筋細胞数が約5倍に増加した。 これまでiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の心筋シートにより、心筋...

ヘリオス、臨床試験患者を登録 (2021/4/13 ヘルスケア)

ヘリオスは、体性幹細胞再生医薬品「HLCM051」の急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を対象とする臨床試験について、患者の登録を完了した。

京都大学iPS細胞研究所の井上治久教授、長崎大学感染症共同研究拠点の安田二朗教授ら研究グループは、複数のRNAウイルスに効果のある既存薬を特定した。ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)と、RNAウイルス...

研究で特殊なゲルによるがんの元になる「がん幹細胞」への先祖返りを実現。... 「作製した特殊なゲルは程度の差はあるが、大腸がんや膀胱(ぼうこう)がん、子宮頸(けい)がん、脳腫瘍、肉腫などで、がん幹細胞...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の高島康弘講師らの研究グループはiPS細胞(人工多能性幹細胞)から胎盤の細胞ができる過程を模倣するモデル構築に成功した。... さらにCTから栄養とガスの交換やホル...

セルージョン(東京都中央区、羽藤晋社長)は、他家iPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の角膜内皮細胞移植の有効性を、動物試験で確認した。iPS細胞を内皮細胞に分化させて目に注射する手法で、角膜移植に代替し...

ゲルの孔にはヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製された膵臓(すいぞう)にあるインスリンを作り出す細胞を内包。... ヒトiPS細胞由来のインスリンを産生するβ(ベータ)細胞を移植する際は、免疫反...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の桜井英俊准教授らは、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から筋肉を再生する骨格筋幹細胞を作るとき、目印となる2種類のたんぱく質を発見した。... iPS細胞から分化...

ゲルの上にがん細胞をまくと、特別な培養液がなくても、24時間以内という極めて短時間でがん幹細胞のマーカー(目印)が増え、がん幹細胞に戻すことを突き止めた。... がん組織の中には、化学療法や放射線療法...

京都大学iPS細胞研究財団(京都市左京区、山中伸弥理事長)は25日、新型コロナウイルスに感染して回復した人の血液から作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を国内外の研究機関に無償提供すると発表した。....

富士フイルムは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた心不全の治療法の実用化を目指す再生医療ベンチャーのクオリプス(東京都中央区)に1億円を出資し、業務提携した。... FCDIは...

経営ひと言/ヘリオス・鍵本忠尚社長「UDC実用化」 (2021/3/11 素材・医療・ヘルスケア)

iPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の独自細胞「ユニバーサルドナーセル(UDC)」の実用化に挑む。 「iPS細胞と遺伝子編集技術の出会いで実現した」と明かす。... 細胞医療でどんな病...

マイオリッジ(京都市左京区、牧田直大社長、075・746・7804)は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を心筋細胞に分化する技術を提供する。... 提供する技術は低分子化合物を利用し、iPS細胞を心筋細...

ワクチン保管から解凍、接種、接種後のデータ管理までを1台で完結させる「移動ワクチン接種車」や、将来はiPS細胞(人工多能性幹細胞)輸送への対応なども視野に入れ、市場を先読みする。 &...

大腸の一部の内壁を剥がし、人工的に増殖させた小腸の細胞を移植することで、小腸の機能を持たせる技術が開発された。... 絨毛の谷間にある腸管上皮幹細胞が増殖する一方、さまざまな細胞に変わることで、新陳代...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる