1,230件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

各大学に所属するURAは研究力分析や研究戦略提案で、大学執行部の期待が高い。... そのため、各大学とともに同事業に採択されている自然科学研究機構(大学共同利用機関法人の一つ)が、コンソーシアムでUR...

情報通信研究機構(NICT)では、電離圏内で発生する変動を詳細にとらえるため、電離圏全電子数(TEC)観測システムを構築・運用している。 ... 近年、国内で多発する竜巻の発生に関す...

空飛ぶクルマの世界動向と技術的、制度的課題 東京大学 未来ビジョン研究センター特任教授、名誉教授 鈴木真二氏 &#...

太陽系の惑星はすべて太陽光と太陽風にさらされ、固有の大気や磁場の有無によりおのおのに独自のシステムを作っている。 ... これらリスクに備える基盤情報として、私たちは日々、宇宙環境の...

東北大学電気通信研究機構の中沢正隆特任教授らは、現在の基幹通信の100倍以上の伝送速度で光通信に成功した。... 伝送システムの簡素化につながると期待される。 ... 研究グループは...

加速するため、全国的な規模の第三者事業承継を促進する事業引継ぎ支援データベース『NNDB(ノンネームデータベース)』システムを、さらに利用しやすいものにする」 ―生産性向上については...

こうした中、QRコードの国際標準化において、大きな意味を持ったのは日本発のシステムとして漢字を効率よく表現することに優れていた点だ。... 規格づくりに携わった産業技術総合研究所ロボットイノベーション...

ロボットと創る!/日本の研究最前線 (2019/12/18 科学技術・大学)

AIに学習させる量が多くなれば情報量が多くなり、大がかりな演算システムが必要になる。... 6月に結果が公表された、海底の正確な地図を作る国際海底探査レースで、海洋研究開発機構を中心とする日本チームは...

情報通信研究機構(NICT)は、宇宙天気予報・警報を発信している国内唯一の公的機関である。... このような背景から、私たちは宇宙放射線被ばくに関する情報提供を目指し、国内研究機関と協力して太陽放射線...

事務機器特許情報の自動翻訳、JBMIAと情通機構が実証 (2019/12/17 電機・電子部品・情報・通信2)

ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA、東京都港区)と情報通信研究機構(NICT)は、2020年にも事務機器業界の特許情報に特化したニューラル自動翻訳の精度向上を目指したフィージビリティスタデ...

しかしそこに至るには、ブロックチェーンの真価を生かす社会システムのあり方に関する議論と、それを実現するための人文・社会学を含めた広範な分野における研究開発、実証実験が必要である。... (金曜日に掲載...

突き詰めたのが設計・解析をデジタル情報で標準化したモデルベース開発(MBD)。... MBDではマツダと資本関係を結ぶトヨタ自動車も、駆動システムの働きや起こる現象を関係式に置き換えたシミュレーション...

さらにリモート・センシング技術センターがデータの分析、宇宙システム開発利用推進機構はシステム設計を担う。 ... 今後も有効性を確認しながら開発とデータ収集を重ね、適切な栽培管理につ...

農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センターがカゴメやキッコーマンなどの民間企業と共同で進める「高付加価値野菜品種利用促進のためのAI―ロボット温室開発コンソーシアム」の一環。&#...

また、新たに加わった「未来産業」領域では、将来の産業の要となる三つの新興技術(AI・量子情報科学・コンピューティング、先進通信ネットワークと自律システム、先進製造)を特定している。... (金曜日に掲...

このような豪雨災害の防災・減災を目指し、情報通信研究機構(NICT)では各種レーダー、ライダー(電波ではなくレーザー光を用いる)など、雨・雲・風などを計測するリモートセンシング技術の研究開発を行ってい...

最先端の情報通信技術(ICT)を知ることで、2030年頃の近未来を垣間見ることができる。... 【宇宙/JAXAと連携】 宇宙航空研究開発機構(JAXA)とは、地上と宇宙を超高速でつ...

高度100kmまで即時に検出 情報通信研究機構や日本原子力研究開発機構などの研究グループは、太陽表面で発生する爆発現象である「太陽フレア」の発生時に地球に飛来する「太陽放射線」の被ば...

現在の工学部は30年ほど前に設置した情報科学部から出発した。機械システム工学科もあるが情報系、AIがもともと得意。... このほか国際協力機構(JICA)とも連携している。

静岡の2国立大の「静岡国立大学機構」(仮称)構想は浜松地区の医・工・情報学連携に対し、静岡地区が課題だった。... 豊橋・長岡の両技科大は、国立高等専門学校機構との連携強化で、教育研究活動を全国に展開...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる