808件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

情報通信研究機構(NICT)は2017年から、製薬企業との共同研究によって、電波を利用した消化管運動機能の可視化に向けた研究開発に取り組んでいる。... (火曜日に掲載) ◇ワイヤレ...

岐阜大など、テラヘルツ帯の無線通信成功 (2021/1/25 科学技術・大学)

岐阜大学、ソフトバンク、情報通信研究機構などの研究グループは、300ギガヘルツ帯(ギガは10億)の「テラヘルツ(テラは1兆)無線」で動作する小型アンテナを使った通信実験に成功し、テラヘルツ帯がスマート...

指摘された4法人は情報通信研究機構(NICT)、医療基盤・健康・栄養研究所、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、情報処理推進機構(IPA)。... さらに、同院は、業務に必要な費用を賄う収...

情報通信研究機構、慶応義塾大学、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループは、米IBMの超電導量子コンピューター「IBMQ」を使って、小規模な離散対数問題の求解実験に成功した。....

地方自治体のクラウド活用による情報システムの標準化、共通化に向けた環境整備に1508億円を計上。... あらゆる産業、社会の基盤となる第5世代通信(5G)の次の世代「ビヨンド5G」(6G)の実用化に向...

情報通信研究機構(NICT)では長年にわたって音声認識技術の研究開発の成果を基に、多言語音声翻訳技術の研究開発を推進し、さまざまな分野での実証実験や社会実装を進めている。... (火曜日に掲載)...

【福島】福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)と情報通信研究機構(NICT)ワイヤレスネットワーク総合研究センター(神奈川県横須賀市)、大分県産業科学技術センター(大分市)は、飛行ロボット(ド...

(金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター フェロー/ユニットリーダー(科学技術イノベーション政策ユニット) 原田裕明 名古屋大学大学院工学...

総務省は、2030年ごろの実用化が見込まれる第6世代通信(6G)に係る技術の国際標準化や知的財産の取得を推進するバーチャル組織「Beyond(ビヨンド)5G新経営戦略センター」を12月中に立ち上げる。...

情報通信研究機構(NICT)では、上記の課題解決のため、大規模衛星通信システムにおけるリソース割り当てとネットワーク構築の最適化アルゴリズムを提案した。... さらにNICTでは、5G(第5世代移動通...

情報通信研究機構(NICT)では、衛星地上間の光通信に影響を及ぼすこの大気ゆらぎの影響を克服すべく研究を進めている。 ... (火曜日に掲載) ◇ワイヤレスネットワ...

情報通信研究機構(NICT)では、高速な衛星通信を実現するためKa帯(20ギガ―30ギガヘルツ帯〈ギガは10億〉)を用いた衛星通信の研究を行っている。... その情報は最適な通信方式や、地球局のアンテ...

情報通信研究機構(NICT)は宇宙光通信分野の長い歴史を持つ。... (火曜日に掲載) ◇ワイヤレスネットワーク総合研究センター・宇宙通信研究室研究員 アルベルト・カラスコ・カサド&...

NEC、量子暗号で電子カルテ秘匿 バックアップ成功 (2020/10/29 電機・電子部品・情報・通信2)

NEC、情報通信研究機構(NICT)、ZenmuTech(ゼンムテック、東京都中央区、岡積正夫代表取締役、03・6260・6195)は、約1万件の電子カルテのサンプルデータの伝送を量子暗号で秘匿化し、...

情報通信研究機構はエレベーターのボタンに触れずにロボットが移動できるシステムを開発した。... 免許不要のIoT無線通信規格であるWi―SUNや近距離無線通信技術(BLE)などを組み合わせた。

“超スマート社会”実現へ 国内最大の電機・情報通信技術の総合展示会「CEATEC(シーテック)2020オンライン」が20―23日に開催する。... 情報通信研究機構は「感染対策と社会...

このような時代の到来を想定し、情報通信研究機構(NICT)では、海中ロボットが海底下の埋蔵物をセンシングし、それが何か判別する技術の確立を目指して研究開発を行っている。... (火曜日に掲載) ...

東芝、量子暗号通信システムを情通機構で実証 来春 (2020/10/19 電機・電子部品・情報・通信)

東芝は2021年から量子暗号通信システム事業に乗り出す。情報通信研究機構からシステムを受注し、21年4月に実証事業を始める。... 東芝子会社の東芝デジタルソリューションズ(川崎市幸区)が21年1―3...

【神戸】兵庫県立大学と情報通信研究機構は15日、情報通信技術(ICT)分野などで包括的研究連携推進に関する協定を結んだ。 ... 密度の濃い情報通信の連携を図りたい」と語った。......

情報通信研究機構はイタリア国立計量研究所などと共同で、従来比10倍以上の周波数帯域を同時に観測してデータ処理できる広帯域な天体電波観測技術(VLBI)システムを開発した。... 新しい時間・周波数標準...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる