57件中、3ページ目 41〜57件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

米国の橋梁のコンクリート舗装点検は、車線規制を伴う目視・打音検査が主流だった。

飛島建設は京都大学大学院工学研究科の塩谷智基特定教授および日本大学理工学部の小林義和准教授と共同で、コンクリート表層部の打音検査時に表面波の波形変化から内部のひび割れやすき間などの損傷を見つけられる非...

課題は打音検査の完全代替とはならないことだ。ただ「近接目視点検、打音検査の範囲を絞り込むことで従来手法より約30%のコスト削減ができる」ためメリットは大きい。... 精度を高めて打音検査に代わるような...

コンステック(大阪市中央区)の目視打診検査ロボットのほか、新日本非破壊検査(北九州市小倉北区)の飛行ロボット、東急建設の打音検査ロボットシステムなど16件。

表面には、コンクリートの打設不良の一つで、表面に空隙ができて凹凸が生じる「ジャンカ」や、打設の間隔が空いたことで一体化せず不連続な状態となる「コールドジョイント」などの変状を再現。... JR東海は試...

事故の再発を防ぐため、国交省は、自治体に5年に1度の「近接目視」による全数検査義務づける方針。... 「橋」「トンネル」の点検向けには近接目視の代行ロボットや、壁や天井をたたき反響音で内部の劣化を診断...

社会インフラの維持には橋やトンネルなどの外観検査や打音検査、災害時には要救助者の探索や引火性ガスの検出などが想定される。

大手メーカーの非接触検査装置への搭載が決まり、鉄道会社で老朽化した在来線のトンネル検査に使われる予定という。 列車が高速で走り抜けるトンネルでは天井のコンクリートが強い風圧を受けるた...

JR西日本は打音検査に代わるコンクリート剥離検知装置を開発した。... ハンマーでたたいた音によって判別する打音検査に比べ、定量的な評価ができる。 ... 実用化に向けて測定データの...

腐食性や毒性のある容器・配管に検査員が入る必要がなくなり、定期検査などの安全性と信頼性をアップできる。 ... ただ、外部からライニング材の接着状況を確認するには、いまのところ目視や...

【北九州】福岡県工業技術センター機械電子研究所(北九州市八幡西区、井本誠二所長、093・691・0260)は、鉄道用レールボンド(電力・信号導線)の打音検査を自動で行う技術を開発した。... 打音検査...

米国では目視や打音検査による点検手法が主流で、カメラによる橋梁点検業は例がないという。... 2年ごとの点検が定められているが、目視や打音検査には交通規制などの課題があった。

ただ、従事する熟練者が減り続ける中、目視、打音といった人の五感に頼る検査の限界を指摘する声もある。... 壁面や橋の打音検査用途を想定。今後、打音の分析について学内の研究者との連携を推進する。

従来の人手に頼っていた目視・打音検査を省力化し、診断結果のバラつきもなくしてコンクリート構造物を計画的に維持管理できる。 ... 高所検査も無人で足場の仮設などが不要になるため、検査...

従来の目視による点検や、構造物をハンマーでたたいた音で判断する打音検査に比べ、より正確に判定できる。... 国内橋梁の約30%で検査が必要といわれており、太平洋コンサルタントは年間3000件程度の検査...

鉄道トンネルなどのコンクリート構造物検査はこれまで打音検査が主流で、客観的なデータが得られる検査法が求められていた。 ... 実用化すればコンクリート内部欠陥を素早く検査でき、正確な位置、形状...

赤外線サーモグラフィー検査には、(1)非破壊・非接触で遠隔から検査できる(2)短時間に広範囲を検査できる(3)温度分布が画像表示されるため欠陥を視覚的に検出できる(4)赤外光学系の選択により測定視野を...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる