515件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

今後、よりふさわしいクローンを選び、開発を本格化させる。 ... 抗不溶性フィブリン抗体は、国立がん研究センター先端医療開発センター新薬開発分野の松村保広分野長が樹立した。実用化に向...

創薬子会社2社は有力な新薬候補を持っている。... データ分析によって新薬開発パイプライン獲得や臨床開発を効率化している。大日本住友は、デジタル技術とデジタル人材の獲得でロイバントの手法を取り入れ、企...

製薬企業による新薬開発が期待されるものの、感染症領域は必ずしも事業化の意欲が高まらない。... 新薬創出につながる有望な研究開発案件を国が支援する枠組みの強化が望まれる。

市場の大幅拡大を見越し、新薬開発や生産設備への投資が加速している。9月には日本新薬が、初の“国産”と呼べる核酸医薬品の承認申請を実施。... 日本新薬が承認申請した核酸医薬品は、遺伝性筋疾患のデュシェ...

抗精神病薬「ラツーダ」の主要特許切れ後に収益を支える候補薬2剤の取得に加え、新薬開発を効率化するデジタル技術群を獲得する。 ... ロイバントへも10%強を出資し、データ分析によって...

田辺三菱製薬は日立製作所のIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」を活用し、同社と治験支援AI(人工知能)「CRAFT(クラフト)」の共同開発を進めている。新薬開発に...

米ファイザーなど米製薬大手13社が参画し、10年以上とされる新薬開発の短縮や業務効率化を目指すコンソーシアム「ETC」との共同開発品。... 製薬大手は業務効率化のため、医薬品開発業務受託機関(CRO...

(安川結野、冨井哲雄、編集委員・山本佳世子)(科学技術・大学に関連記事) ■生理学医学賞 前田氏・松村氏-がん治療でのEPR効果解明 生理学医学賞...

データ、安全に匿名化 NTTコムがクラウド型提供 (2019/9/26 電機・電子部品・情報・通信1)

新薬開発に用いる臨床データ、マーケティングに用いるクレジットカード情報の匿名加工といった活用を見込む。

新薬開発を手がけるロイバントの子会社を買収するほか、ロイバント株式の10%以上を取得する。... 独自のデータ分析を通じてパイプライン(開発品一覧)の拡充や臨床開発を加速するプラットフォーム技術を持ち...

新薬開発過程で薬剤とならなかった分子が、有機半導体として有効活用できる可能性もある。 ... 今後、生体分子を使ったトランジスタや肺がんの指標となる物質を検出する化学センサーなどの開...

血液がんの新規治療薬の開発が期待できる。 ... そのため新規治療薬の開発が求められている。

新薬開発を手がけるロイバントの五つの子会社を買収するほか、ロイバント株式の10%以上を取得する。... ロイバントはIT分野にも強く、独自のデータ分析を通じてパイプライン(開発品一覧)の拡充や臨床開発...

■研究開発テーマ 「環境・エネ」重視変わらず 研究開発で力を入れている分野(複数回答)には236社が応えた。... さらに「アカデミアとの共創により次世代AI技術...

そこで筆者らは「スマートポリマー」という高機能な材料と、すでに使われている薬を組み合わせることで、安価でも十分な効果を発揮する医療の実現を目指して研究開発を行っている。 ... “貼...

オプジーボ対価「対立」深まる (2019/6/13 総合3)

小野薬品のがん免疫療法治療薬「オプジーボ」開発の根幹となった分子「PD―1」関連の特許対価について、共同開発者の本庶氏が強く配分の見直しを求めているためだ。... 医薬品の多くは10年以上の長期にわた...

売上高に占める研究開発費は15%程度を維持し、年間2000億円台とする計画。樋口社長は「積極的な研究開発投資を行い、次期中計以降の収益をけん引する新薬開発を継続したい」と語った。

産業春秋/ゲノム情報の争奪戦 (2019/5/31 総合1)

今後の新薬開発に欠かせない詳細なゲノム情報や、検体そのものは米国が持つことになる。 これに対し日本では国立がん研究センターとシスメックスが共同で検査装置を開発。

革新的な新薬が登場し、治療の難しかった疾患が治癒するならば、働き手の増加にもつながる。... しかし新薬開発の成功確率が極めて低い以上、学術機関やベンチャーから創薬シーズを導入し、開発品の充実を図るこ...

機能性材料や新薬の開発を支える存在だ。... 価格が下がればペプチドが医薬品として成立するため新薬開発が一斉に始まる。... JSTとNEDOの挑戦がものになれば、新薬の開発から生産プロセスまで日本で...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる