1,157件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

新規受注獲得を目指しトップコート処理を本格化することにした。

大成建設の通期見通し、4期ぶり減収 建築・土木とも投資抑制 (2020/5/14 建設・生活・環境・エネルギー)

新型コロナウイルスの影響で、民間の建築、土木とも新規投資抑制が見込まれ、新規受注が減少する見通し。

その中で購入しやすい環境を整え「最初の購入を促す」(鈴木社長)ことで、優れた潤滑・浸透・防錆・防湿性能を訴求して新規受注の獲得を進める。

ボーイング、商用機納入66%減 1―3月、受注も大幅減 (2020/4/16 機械・ロボット・航空機1)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う注文のキャンセルが相次ぎ、純受注は307機のマイナスだった。... 1―3月の新規受注は49機と、前年同期の92機から47%減少した。

対応策としては「新規受注(顧客)の確保」が36・6%と最も多く、次いで「運転資金の借り入れ」(30・3%)、「人件費以外の経費削減」(29・5%)、「緊急融資制度の活用」(24・2%)など。新規開拓を...

大型案件は先安観から需要家が様子見姿勢を強め新規明細が減少。... 切断など加工受注は少量多品種、即納を条件に多忙ながら全体の加工量は増えていない。... 専業電炉メーカーは物流費や人件費などの諸コス...

工場内に新規受注した油圧部品の生産ラインを構築するほか、工場敷地内に倉庫を新設する。... 幅広く部品加工の仕事を獲得することで一部部品に集まる売上高比率を下げ、受注減の際のリスクに備える。 ...

日系やアジア系車メーカーからの受注増に対応し、増産体制を整える。 ... 増強する生産能力はアジア系メーカーからの新規受注分などに充てる。

新型コロナのピーク時には春節で帰郷した従業員が省内に規制で戻れないこともあったが、現在はフル体制で新規受注分、感染拡大前の受注分の製造をこなす。

中国では感染抑制に進展が見られ、国内の新規感染者はごくわずかになっている。... PMIの構成指数では、柱となる生産と新規受注がいずれも20ポイントを超える改善となり、50台を回復。一方、新型ウイルス...

また同社は、一部の住宅設備機器は新規受注を中止し、照明器具や住宅設備用エアコンなど一部の製品も通常納期で提供できない可能性があるとしている。

半導体デバイス事業の不採算製品の終息について、19年夏頃に見極めがつき、今後の成長戦略の中核となるモジュール製品群の新規受注の獲得も進むなど、次のステップに進む前提条件が整った。

ドラムブレーキなどの生産の海外シフトを計画していたが、顧客のニーズや新規受注への対応などを検討する中で、閉鎖をせずに国内での部品供給体制を一定程度維持する方がメリットが大きいと判断した。

特に中小の建設案件で新規受注が乏しく、即納小口当用買いの商いに終止する。

レイスマネジメント、中小に「顧問」紹介 経営課題の解決支援 (2020/3/19 建設・生活・環境・エネルギー2)

(編集委員・丸山美和) 【最適人材】 中小企業は新規取引先の開拓や生産性改善、販路拡大、営業組織や販促強化などの課題を抱える。... 【工場見学を企画】 &...

2021年度は継続受注と他の新規受注で、20件以上の納入を目指す。

後日、大手アパレルと競合しながらも、大企業から新規受注を勝ち取ったからだ。「欧州の本場の“においと味”を感じるとプレゼンの説得力が違った」と、環境配慮を訴えて受注につなげた従業員をたたえる。 ...

需要は建機や産機など製造業向けが総じて不調で、建設関連は不需要期要因から新規受注に精彩を欠く。

19年度末が18年度末水準を上回るためには3月に800万総トン近い受注が必要になる。... 業界では「新規受注の話をほとんど聞かない状態」(関係者)。... 19年4月から20年2月までの受注量は16...

東北で最大規模の老舗造船業者で、漁師ごとに要求が異なる小型漁船の建造で培った技術力を強みに外航貨物船、コンテナ船等を受注し業容を拡大、ピーク時の2010年3月期には年売上高約198億2100万円を計上...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる