7,145件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

景気回復の継続が期待された日本経済は曲がり角に立たされている。... 設備投資もマイナスに転じ、わが国景気は明らかに下降局面にある。新型肺炎の国内感染が景気を一層下押しする懸念も出てきた。 &...

東京五輪までに収束しないと景気への影響は甚大だ。... 政府は月例経済報告で景気は「緩やかに回復している」との判断を維持している。だが内閣府による19年12月の景気動向指数は5カ月連続の「悪化」で、景...

今後、マイナス成長が続くような様相が確認されれば「景気後退期入り」の是認は避けられない。... 今回、1月中旬までの景気は「比較的明るいトーンで語られていた」(エコノミスト)。... 同報告はこれまで...

変化と進化 電子部品トップに聞く(1)TDK社長・石黒成直氏 (2020/2/14 電機・電子部品・情報・通信2)

ただ、2年目の景気後退による影響はかなりきつい。... これらセンシングと電源を提供することでアルゴリズムと、自動車、ICT、産業機器・エネルギーの重点3分野などの企業の製品をつなぐことが、DXとEX...

20年度上期もリスクオフムードが続けば、企業マインドの停滞やそれに伴う世界経済の回復の遅れといった懸念材料が発生し、「景気の好転は見込めない可能性がある」。

営業利益は主力のビニルアセテート事業が景気減速によるポバール樹脂の販売減や液晶パネルの在庫調整で光学用ポバールフィルムが低調だった影響などを受け、減益だった。 ... ビニルアセテー...

内閣府が10日発表した1月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、現状判断指数(DI、季節調整値)は前月比2・2ポイント上昇の41・9で3カ月連続の伸びとなった。... 消費増税による落ち込みから...

日本の景気は「外需は弱いものの、雇用・所得環境の改善で内需中心に緩やかに回復」と、従来の認識を踏襲。... 中国経済の低迷や米中貿易摩擦などに加え、為替レートの変動もリスクには違いないが、今回、13年...

仮に米中貿易摩擦がなければ、世界景気はもっと早くに回復していた可能性があり、また今後米中摩擦の影響が緩和していけば、輸出全体が緩やかに回復してくるであろう。 ... 世界景気の安定化...

昭和電工、欧拠点閉鎖で労使協議 黒鉛電極稼働調整 (2020/2/6 素材・医療・ヘルスケア)

顧客の電炉鋼メーカーによる在庫調整が続き、特に景気減速の目立つ欧州市場で稼働率が低下しているため。... 需要が回復した場合、同事業所への小規模投資により生産能力を回復できるという。 ...

すでに回復しており、19年度の受注額は前年度に迫りそうだ。... 機能商品も景気に左右されなかった」 ―今後の半導体産業の投資への対応は。

新型肺炎が終息しなければ個人消費の回復は難しく、現地での生産活動も慎重にならざるを得ない。... 19年10月の消費増税や相次ぐ台風被災に伴い、すでに足元の景気は弱含みで推移。

業績回復に向けて同活動に着手した。... 鈍化しているだけでなく、読みにくい市場だ」 ―中国は新型コロナウイルスによる影響で景気減速が懸念されています。

景気減速などを招いており、自動車や半導体関連の顧客が生産を抑制している。市場回復にはまだ時間がかかるため、どう乗り切るかが難しい」 ―どのように対処しますか。

財務省は30日開いた全国財務局長会議で、各財務局から提出された直近3カ月の経済情勢報告を「1月判断」としてまとめ、全国11財務局のうち東海で景気の総括判断を下方修正した。... 個人消費は緩やかに回復...

展望2020/キユーピー社長・長南収氏 中国・東南ア、海外展開加速 (2020/1/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

業績としては7月の長雨で野菜が高騰するなど厳しい状況もあったが、その後は回復傾向になった。10月の消費増税は軽減税率により影響はほぼなかった」 ―20年の景気動向をどうみていますか。...

日本は緩やかな景気回復が続く一方、中長期の成長力を示す潜在成長率は1%程度で頭打ちの状態が続く。

2014年4月の前回の消費増税後に比べ、落ち込んだ指数の回復が緩やかなことについて「消費税だけでなく、台風被害など他の事象の影響もあったのではないか」(景気統計部)とした。

08年の米リーマン・ショックから1年が経過し、経済回復の兆しが見え始めた一方で、政府は物価が継続的に下がる「デフレ」を宣言。... 菅直人副総理兼経済財政担当相(肩書は当時、以下同)が11月20日にデ...

展望2020/アサヒGHD社長・小路明善氏 天候影響に強い事業構築 (2020/1/27 建設・生活・環境・エネルギー)

特に酒類事業の回復にスピードアップが必要だ。... 今後、天候影響にも強い事業構築を進めたい」 ―20年の景気をどう見通しますか。 「英国の欧州連合(EU)離脱など...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる