381件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.021秒)

本田技術研究所オートモービルセンター開発責任者 宮原哲也氏 アコードは今回で10代目。

本田技術研究所オートモービルセンター 商品企画室LPL主任研究員 田中健樹氏 「心地よさ」にこだわり 4代目となる「フィット」は...

ホンダ、「アコード」車台刷新 (2020/2/21 自動車)

開発責任者の宮原哲也本田技術研究所主任研究員は「本質を見極める人に自信を持って薦められる」とアピールした。

一方、本田技術研究所は先進領域の開発に集中し、新たな技術や事業の創造力を高める。 ... 本田技術研究所の人員は約1万人だが、異動対象人数は非公開。 ... 本田技...

(編集委員・後藤信之) 新型フィットは、消費者の潜在ニーズを探る独自の調査手法で「心地良さを追求した」と開発責任者の田中健樹本田技術研究所主任研究員はアピールする。....

本田技術研究所のテーマに挑んだ4人組は、小学生が高齢者の荷物を持って、手助けできるモビリティーを考えた。

4月からは、ホンダの研究開発子会社、本田技術研究所やトヨタ自動車、日産自動車のデザイナーと協業し、50周年記念デザインのスポーツカータイプのトミカを発売する。

大型トラックに適したFCVシステムや車両制御などの基礎技術の構築を目指す。 ホンダは研究開発子会社の本田技術研究所を通じ、いすゞと契約した。... ホンダのFCV技術といすゞの大型ト...

県内の機械系モノづくり企業の製品や技術を一堂に集め、県外の大手メーカーとのマッチングなどによる販路拡大を支援する。... 本田技術研究所の輪嶋善彦執行役員らによる基調講演も行う。

ホンダは二輪事業本部と研究開発子会社である本田技術研究所の2輪の研究開発機能を4月に統合した。

マツダの武重伸秀車両開発本部首席エンジニアは、品質工学会が11月下旬に東京都内で開いた技術戦略研究発表大会で、技術を先行する開発戦略を示した。 ... 【ホンダ/データ重視...

これを受けて、静音・放熱のための材料技術を特集する。 音・熱という二つの観点から各メーカーの材料技術の最新事例を取り上げる。プロローグは本田技術研究所の「自動車の電動化時代に高まる静...

研究開発子会社の本田技術研究所を通じ、9月26日付で完全子会社化した。... 開発してきたコネクテッドカー(つながる車)領域などの新技術・サービスが、実用化段階に入ったため、完全子会社...

本田技術研究所の出身。

カシオ、ホンダとコラボ第2弾 腕時計にF1エンジン素材 (2019/9/2 機械・ロボット・航空機1)

ホンダのパワーユニット開発を担う本田技術研究所HRD・Sakuraと共同開発した。

コスト高になる同機構を軽で採用するのは業界で珍しく、社内に慎重な意見もあったが、「軽のユーザー層の広がりを考慮」(本田技術研究所の黒崎涼太パッケージデザイナー)して踏み切った。

また外部の知見やデータを取り込み技術開発を効率化する。... 電動化のコア技術はモーター、電池、PCUの三つ。... 本田技術研究所の松尾歩常務執行役員は「HV技術を進化させ、効率的にEVやPHVを開...

IBMの量子計算機活用へ テラスカイ、コンソーシアム形成 (2019/7/17 電機・電子部品・情報・通信1)

併せて人工知能(AI)や量子化学などの先進技術を組み合わせたハイブリッド利用のあり方や材料開発への応用などにも力を注ぐ。 Qネットワーク・メンバーズに参加している日本...

今回、「まだ世界で実現されていない『レベル3』の技術を確立する。テレビやDVDを見られるようになり、渋滞時のストレスを減らせるだろう」(本田技術研究所の玉川裕執行役員)と踏み込んで説明...

4輪車では「ハイブリッド車(HV)を中心にプラグインハイブリッド車(PHV)や、電気自動車(EV)などのゼロエミッション車を展開する」と本田技術研究所の...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン