368件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

ADCは動物細胞を培養してつくる抗体に、低分子化合物などの薬剤を融合させたもの。抗体が標的細胞まで薬剤を運び、薬剤が標的を攻撃する。副作用が少なく、標的への攻撃力が高いとされる。

京都大学iPS細胞研究所の井上治久教授らは26日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象に、白血病治療向けの分子標的薬「ボスチニブ」(製品名ボシュリフ錠)を投与する第1相臨床試験を実施すると発表した。

慶応義塾大学医学部の吉村昭彦教授らは、がん細胞を攻撃する細胞「T細胞」表面の免疫チェックポイント分子「PD―1」が、T細胞の機能を低下させる分子的な仕組みを解明した。... PD―1のような免疫チェッ...

また、その変異した遺伝子の産物であるたんぱく質や核酸などを標的としてがん細胞を攻撃する分子標的薬が多く開発されている。がんの原因である遺伝子の変異がわかれば、それに対する適切な分子標的薬を選択すること...

免疫を活性化する医薬品などの新たな標的としても応用が期待できる。 研究グループは、小腸のマクロファージが細胞外の分子と結合するたんぱく質「GPR31」によって、乳酸やピルビン酸を認識...

【開発分子選ぶ】 創薬は、標的となるたんぱく質への結合力や特異性、溶解性などに加え、製造コストなどさまざまな要素について、実験を通じて勘案し、開発する分子を選び出すプロセスだ。......

がんの場合、遺伝子変異を治療標的とした創薬が成功している。がん細胞特有の分子を標的とした薬剤「分子標的薬」は患者の遺伝子異常に応じて使われるため、治療効果が高い。

こうしたがん細胞特有の分子を治療標的として利用する治療薬は、「分子標的薬」と呼ばれる。... 分子標的薬は患者の遺伝子から、がんのタイプに最適な薬として使うため、治療効果が高い。 ....

「体内の分子ネットワークの揺らぎが疾患の状態を表す」と語るのは、京都大学特任教授の金久実さん。... 「配線図となる分子ネットワークに生物の個性が出る」と強調する。 ... 「特定の...

虚血性心疾患の予防や治療薬の開発、運動を模倣する創薬開発の標的分子になり得る。

(大阪・安藤光恵) がん細胞が免疫細胞に対して働きかけ、免疫細胞からの攻撃を阻止する際に働くブレーキ役の分子を「免疫チェックポイント分子」と呼ぶ。がん細胞は、この分子を活性化すること...

本庶氏は、研究室の大学院生が1992年にT細胞の表面で偶然発見した分子「PD-1」の研究を進め、T細胞のブレーキ役になっていることを突き止めた。... PD-1を標的とした世界初の皮膚...

そのコア技術の一つが、溶液中で化合物と標的となるたんぱく質の相互作用を原子レベルで解析できる溶液NMR測定技術である。 我々は、溶液NMR測定に、より高度な定量性を持たせて、化合物が...

薬の標的分子は、扱ったことのないものや、扱いが難しかったものが多く出てくる。... 「標的分子が細胞内にある場合、抗体では基本的に狙えない。低分子は細胞内の標的に作用するが、分子サイズを大きくしていく...

低・中分子原薬の製法開発機能を強化し、早期に工業化技術基盤を確立する狙い。... 中外は創薬手法として、従来の低分子医薬品や抗体医薬品以外に、中分子医薬品の研究も進める方針を掲げている。 &#...

免疫分子を標的とした新しい抗うつ薬の開発につながる。... 微生物の侵入などに応答する「自然免疫」を担う受容体を活性化させる分子の発現が上昇していた。

たんぱく質を発現させず、疾患の治療に役立つ標的分子に直接作用して薬効を示す。低分子医薬品や抗体医薬品に比べ、標的となる分子に高い結合特異性と親和性を備えるという。

一般的な抗体は、標的となる抗原と結合する部位が二つの異なる分子から構成される。一方、ラクダの抗体は1分子で抗原を認識することができる。人工的に抗体を作る場合、ラクダの抗体のように結合部位が1分子で構成...

抗がん剤を中心とした分子標的薬について、治験原薬から商用初期生産まで対応できる。

核酸医薬は従来の薬では標的とすることが難しかった細胞内の分子に作用できるとされており、これを創製することで未充足の医療ニーズへの対応を図る。 ... 核酸医薬品は、遺伝情報をつかさど...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる