2,044件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.06秒)

「生物多様性も気候変動問題も、真実を正しく知る機会を国民に提供しないといけない。

冷水の湧昇は北極海の海氷を維持する役割があり、冷水源流域の気候変動が海氷量に影響する可能性がある。

コロナ感染拡大後、環境問題への意識に変化62% 旭硝子財団 (2020/9/16 建設・生活・環境・エネルギー2)

国内の環境問題で危機的と思うものを挙げてもらうと気候変動(46・6%)、環境汚染(13・6%)、環境政策など(11・9%)の順だった。豪雨災害や猛暑で変化を実感しており、気候変動が圧倒的だった。...

貿易や気候変動問題も議論した。

気候変動で閣僚級会合開催 環境省は3日、コロナ禍からの復興と気候変動対策を話し合う閣僚級会合「オンライン・プラットフォーム」を開いた。 気候変動分野の閣僚級会合で日...

モルディブ、気候変動の影響も甚大 そんな国の一つがインド洋に浮かぶ島国のモルディブだ。モルディブには2018年、異常気象や海面上昇など気候変動が人々の生活に与える影響や国連の活動の最...

力強く根を張った農作物は長雨や猛暑に強くなるため、気候変動が進行しても食料の安定供給に貢献する可能性を秘めている。

経済や貿易、気候変動をめぐるEU中国関係のほか、新型コロナウイルス対策についても協議する。

中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群総裁は、気候債券イニシアチブ会議で、2025年までに年間直接融資額のうち50%を気候変動対策関連事業に拠出する目標を設定する計画だと明...

日本が議長国を務め、新型コロナウイルスからの復興と気候変動対策を話し合う閣僚級会合が3日、オンライン形式で開かれた。... 日本が気候変動分野の閣僚級会合で議長を務めるのは、1997年の京都市での気候...

短編映画 環境問題・気候変動に警鐘 急激な気候変動の影響で大量死したカエルを救うため、人工知能(AI)搭載のカエルが誕生。

英国の国際NGOである気候債券イニシアティブ(CBI)によれば、2020年の世界全体の発行残高は、約3500億ドルに達すると予想されている(図表)。 ... 7月に欧州連合(EU)首...

環境省、「シナリオ分析」支援事業 参加企業にアスクルなど6社 (2020/9/10 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境省は気候変動が将来の経営に与える影響を検討する「シナリオ分析」の支援事業の参加企業にアスクル、JR九州、信越化学工業など6社を選んだ。環境情報開示で潮流となっている「気候関連財務情報開示タスクフォ...

地球規模の気候変動やコロナ危機の中で、経済の姿は変わっていく。

日本ゼオン、TCFDへ賛同 (2020/9/8 素材・医療・ヘルスケア)

日本ゼオンは気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)への賛同を表明した。今後、気候変動が事業に及ぼすリスクや機会を分析し、経営戦略に反映することで経営基盤の強化を図る。気候変動に関する情報開示を...

国交省、防災対応で新組織 (2020/9/4 総合2)

大気海洋部は予報部、観測部、地球環境・海洋部を統合し、台風などの短期的な情報から、長期的な季節予報や気候変動予測までを一体的に提供する。

気候変動問題を話し合うオンライン国際会合が3日、日本の環境省主催で開かれた。80カ国以上が参加し、新型コロナウイルスの大流行で傷ついた経済・社会の復興においても、気候変動対策を継続することで結束を確認...

ウィズコロナ・アフターコロナの世界が気候変動に及ぼす影響をどう考えるか。

「環境先進国」復権へ きょう気候変動・温暖化対策オンライン会合 (2020/9/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

気候変動問題を話し合うオンライン国際会合が3日、日本の環境省主導で開かれる。... 各国の気候変動対策も投稿されており、取り組みを比較できる。 ... 絶好の機会...

東京工業大学物質理工学院の服部祥平助教らは、気候変動予測の指標となる大気中の硫化カルボニルの全球収支を解明し、人為活動の寄与が従来の推定より大きいことを示した。... 気候変動予測や光合成量推定の高精...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる