84件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

ゲリラ豪雨など、都市型水害予測−東急建設が実証 (2017/9/12 建設・エネルギー・生活2)

東急建設は中央大学と共同で、ゲリラ豪雨などの都市型水害に対応する「都市河川監視システム」を開発し、実証試験を始めた。... 新開発のシステムは、気象庁の降雨予測情報からクラウド上で洪水解析を行い、5分...

エコモット、道内IoTを普及拡大 日本MSとラボ設立 (2017/8/3 モノづくり基盤・成長企業)

食WGはスーパーマーケットで、できたて総菜を効率的に提供できるシステムや、食品工場向け品質チェックなどに広げる。 観光WGは観光地の4K映像のストリーミング、防災WGは河川監視への活...

【札幌】みどり工学研究所(札幌市中央区、繁永久美子社長、011・555・5000)は、河川や地下水位などを監視・測定するシステムの最新型「セサミIII」を2018年初にも発売し、インドネシア事業を拡大...

東京理科大学は神戸大学、三菱電機などと共同で、河川を流れる水の体積(流量)や水位をリアルタイムで観測できるシステムを開発した。... システムの計測精度や、雨や霧の環境でも撮影できるかといった実証試験...

低消費電力で広域の無線ネットワーク「LPWA」が、モノのインターネット(IoT)システム構築の幅を広げようとしている。... 広域的なデータ収集の用途に適しており、商用電源を利用できない山奥や離島など...

【神戸】TOAは同社のカメラシステムと組み合わせ、パソコンやスマートフォンを通して遠隔地からリアルタイムに映像を確認できるサービス「タウンレコーダー遠隔見守りサービス」を始めた。... 屋外駐車場や公...

【全世界で展開】 三菱レイヨン子会社のウェルシィ(東京都品川区)は、地下水や河川の水を飲料用へ浄化する事業を全世界で展開。... ウェルシィ社長の宮田栄二は「遠隔監視システムで各地の...

それだけだと簡単そうに聞こえますが、機械学習を使ってユーザーごとに最適なスパコン機能を作り上げ、その運用管理を自動化する無人化システムまで開発し、ハードウエア、アーキテクトによる設計構築、運用監視にか...

防災システム事業は、東南アジア各国に現地法人を立ち上げて営業体制を築く。... そこで中小型船向けの機器ラインアップが豊富なメーカーや保守・メンテナンスのアフターサービスの有力企業、遠隔監視などの情報...

【新体制整備】 開発しているのは、街中や河川などの野外に設置された監視カメラや、業務用放送設備などから得られた映像・音声データに意味づけして発信するシステムだ。例えば、監視カメラの映...

TOAは今秋にも監視カメラとネットワークを結び、撮影した高画質な映像をスマートフォンなどで離れた場所から確認できるクラウドサービスの提供を始める。... 災害時の河川の水位や交通量の多い交差点の監視と...

日本無線は約55億円を投じ、埼玉県ふじみ野市に地方自治体向け行政・防災システムなどを手がけるソリューション事業と全社的な研究開発を担う新拠点を建設する。... ダムや河川などの運用を管理するシステムや...

さまざまなメーカーの映像伝送装置や映像圧縮方式に対応して、監視システムの構築に利用できる。... 監視システムなどが欠かせない社会インフラ分野の企業に提案する差別化商品と位置づける。... 交差点の状...

古河電気工業は雨量や水位などを監視する防災システム事業を積極化している。... 【停電時でも機能】 古河電気工業は故障や災害に強い光ファイバーネットワークを活用し、地域の雨量や水位、...

政府の15年度予算案には、国土交通省を中心に、水害や地震対策、気象監視・予測システムなど、災害対策予算が多数計上。... 災害発生時に放置車両を迅速に移動するための体制構築や、河川や海岸堤防の耐震・液...

OKIは河川の水位をリアルタイムで確認できる「河川監視システム」を開発した。... 同システムは河川の水位を10分、30分など設定した時間ごとに把握できる。... 予測不可能な河川の氾濫に備え、中小規...

ダムや河川の水量の防災監視のほか、車両ナンバープレートの認識や、鉄道などのインフラの安全監視といった幅広い用途に対応する。... 投光器は監視カメラと組み合わせて最適な照度を提供、鮮明な画像を取得でき...

太陽工業(大阪市淀川区)の水嚢「デルタチューブ」は地方整備局の河川事務所を中心に納入が進んでいる。... 「保水性も高く、いったん水をためるので河川氾濫など都市水害防止効果も期待できる」(森河助教)と...

「有河皆干、有水皆汚」(河川があっても干上がり、水があっても汚れている)。... はるかチベット高原に源を発し、水量をたたえ中国の大地を悠々と流れる両河川に象徴されるように、水資源総量自体は豊富だ。....

日本電業工作(東京都千代田区、岩本真社長、03・3234・1700)は、河川などの災害現場の映像をリアルタイムで災害対策本部に送信できる映像中継装置「臨時可搬型パッケージシステム=写真」を10月に販売...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる