1,454件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

土浦工場は中型油圧ショベルや中大型ホイールローダーを生産し、超大型油圧ショベルやダンプトラックの開発も手がける中核工場。... 排ガス規制への適応やショベルの操作性向上などの取り組みに加え、自動化や自...

日立建機、5Gで遠隔操縦 ショベルなど3種実証 (2021/2/23 機械・ロボット・航空機)

オペレーターが油圧ショベル、ブルドーザー、土木用振動ローラーの3種類の建機を5Gの一般回線を用いて遠隔操縦し、5Gの有効性を検証する。

【千葉】坂戸工作所(千葉市花見川区、坂戸正太郎社長、043・259・0131)は、建物全体を解体する1次解体向け小型油圧ショベル用アタッチメント事業に参入する。4月に7―13トンと幅広いクラスの油圧シ...

コベルコ建機は17日、米国子会社の北米工場(サウスカロライナ州)における油圧ショベル生産を5月1日から一時的に停止すると発表した。... 北米でのショベル販売台数は年間約1000台で、うち約600台が...

経営革新計画承認/広島県・28件 (2021/2/12 東日本・西日本)

▽寿製菓(庄原市)=製品ラインのオートメーション化による生産性向上▽トーイン(福山市)=デュアル加工体制による超短納期、低コスト加工の実現▽ナカムラ鉄工(東広島市)=窒素ガス発生装置導入による新たな生...

住重は稼ぎ頭の建設機械も「油圧ショベルの需要が国内と中国で堅調」(渡部敏朗執行役員)という。

一方で油圧ショベルの伸びに比べ、鉱山機械の回復は鈍い。... コベルコ建機や住友建機も20年4―12月期の中国の油圧ショベル販売台数が増加した。

コマツは2021年度(22年3月期)に、中国市場で30トンクラスのハイブリッドショベルを発売する計画を明らかにした。... ただ、これは安価なミニショベルも含めた台数ベースの数字で、金額の伸び率は台数...

油圧ショベルやブルドーザー、ダンプなどの需要は着実に回復しているものの、石炭向け鉱山機械の不振とコロナ禍が重しとなった。

日立建機の4―12月期、当期益9割減 中国は好調維持 (2021/2/1 機械・ロボット・航空機)

コロナ禍の市況悪化で油圧ショベルなどの新車販売や部品サービスが減少。... 油圧ショベルの21年3月期の世界需要見通しは中国の好調を踏まえ、前期比約7%減の約20万1000台(従来予想は同10%減の1...

機種別では油圧ショベルやミニショベル、補給部品はプラスになった。

コマツは26日、中小型クラスの油圧ショベルの電動化に向け、米プロテラ(カリフォルニア州)と協業契約を結んだと発表した。... コマツは08年に世界初のハイブリッド油圧ショベルを市場投入。20年にはバッ...

日立建機、有線電動ショベル拡販 南米など鉱山向け (2021/1/26 機械・ロボット・航空機2)

日立建機は南米や中央アジア、アフリカなどで、有線式の電動超大型油圧ショベルやトロリーダンプトラックを拡販する。... 有線式電動超大型油圧ショベルは2019年までの累計で全世界で約140台、トロリーダ...

サコス、中古建機販売6割増 中国・東ア需要対応 (2021/1/25 機械・ロボット・航空機2)

中国や東アジア市場で、日本製ショベルは高品質で故障も少ないイメージが強い。... 油圧ショベルの売れ筋は日本で人気の高い超小旋回機種ではなく、構造が単純でパワーのあるノーマル機種が中心という。 ...

油圧ショベルなどのサービス部品のパッケージラベルを刷新。... 1月以降、つくば部品センタ(茨城県つくば市)から国内外の拠点に出荷する部品が対象で、海外工場へ供給する油圧ポンプやバルブの制御系統部品も...

「中国の油圧ショベル市場では現地メーカーが伸びていて、日本や欧米メーカーのシェアは下がっている。

林業機械では油圧ショベルベースの「PC130F」や、傾斜地にも対応できる集材作業車「フォワーダー895」を発売済み。

トプコン、中・小型ショベルをICT化 (2020/12/28 機械・ロボット・航空機2)

トプコンは中・小型油圧ショベルに装着して情報通信技術(ICT)対応にする3次元(3D)マシンガイダンスショベルシステム「X―M3xLN杭ナビショベル」を2021年1月に発売する。レーザー光を飛ばして建...

住宅工事と関係が深い輸出向けのミニショベルは前年同月比73・8%増と大きく伸びた。... 日本国内は油圧ショベル、ミニショベルが好調で、建設用クレーンも同1・4%増とプラスだった。

キャタピラー、来年も燃費保証継続 機種拡充 (2020/12/28 機械・ロボット・航空機1)

対象機種は小型油圧ショベルなどで、21年はブルドーザーやオフハイウエートラックにも拡大し合計40機種になる。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる