463件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

このため、有識者からは省庁の壁を越えた連携で法整備などを迅速化するよう求める意見が相次いだ。

本日も東奔西走/中小企業診断士からの応援歌(230) (2020/1/7 中小・ベンチャー・中小政策)

■空の産業革命 有人地帯(都市部を含む人が住む地域)での上空をドローンが目視外での飛行、つまりその場に操縦者がいなくても飛べるための法整備やルールづくりを政府が22年度を目標に行って...

ただ日本は緩和の条件として韓国の輸出管理体制の強化や法整備、政策対話の継続の三つを挙げる。

コミュニティーの集合体として国家があり、必要な際にだけコミュニティーのデータは国家単位でのその都度一回きりの不可逆的な利用が許されるデータ移動でセキュリティーを担保するようなシステムを作り、権力の乱用...

20年の通常国会で法整備する。

法整備の影響などで自動運転の普及が当初想定より鈍化する中、データを用いたビジネスモデルに転換する。... これを都市整備や車両管理、他のサービスなどに利用してもらう。

SIPとして22カ国・地域の専門家を招き、自動運転の法整備や開発要素について協議した。... 具体的な評価ツールの整備も進む。... 葛巻PDは「評価法を押さえると製品開発も優位になる」と期待する。&...

ロボットとの自然な対話を実現するための課題を洗い出し、人間とロボットの共生に必要となる法整備までを含めて議論を深める狙い。... 実証を通じて人間とロボットが共生するための「ロボット法」整備に向けた研...

通常兵器の不拡散に向けた法整備や審査に関わる人員不足など、韓国側の輸出管理体制の不備についても議論する。

今後は対策を義務付ける法整備や、司令塔となる組織の新設も検討する。

日本は韓国の輸出管理体制や法整備などを確認し、不備の是正を求める見通し。... 一方、日本は緩和の条件として韓国の輸出管理体制の強化、通常兵器の転用防止に関する法整備、政策対話の継続の三つを挙げる。

具体的には、今年に入ってから、3月に外国企業による中国への投資の新たな基本法である「外商(外資企業)投資法」ができ、来年1月1日から施行されることになっている。... 開放を強調する中国は、法整備を含...

DX 変革を迫られる日本の産業(下)物流に押し寄せる技術革新 (2019/11/21 電機・電子部品・情報・通信2)

「ハードウエア系」については設備投資負担や法整備など参入障壁が高いため、それらを乗り越えた勝ち組が早期に確定する可能性があるが、不安定なメンテナンス体制など課題は残る。

川重、東京海上・三井物産と宇宙ゴミ除去で連携 (2019/11/19 機械・ロボット・航空機1)

3社の強みを生かし、宇宙ゴミ除去の市場創出のスキーム構築や、法整備、国際協調などの実現に向けた働きかけを行う。

現在、私有地では利用できるが公道での利用は法整備に取りかかった段階。

MaaSユーザーの需要が地域や年代ごとに異なるほか、自動運転の法整備が地域ごとにまちまちなためだ。

【「法整備」課題】 そこで第6期科学技術基本計画では、より具体的な国家像を描き、社会需要に応える技術開発と実装化を加速するよう検討する。... 次期の計画では、こうした技術を実装化し...

FATFが08年に実施した前回審査では、顧客管理や法整備が不十分と指摘された。その後も法整備が遅れ、14年にはFATFが迅速な立法措置を促す異例の声明を出した。 声明の後、政府はテロ...

市場調査会社のBCN総研は「設置義務の法整備が進む可能性がある」と指摘。

ツルオカ、比参入調査 自動車解体などリサイクル事業目指す (2019/10/2 建設・生活・環境・エネルギー2)

事業を通じてELV解体や鋳造に関わる人材を育成するほか、自動車の環境規制やELV処理など法整備への貢献を目指す。

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる