1,191件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

日本原子力研究開発機構の渡辺隆広研究副主幹らは東北大学、静岡大学、名古屋大学、金沢大学と共同で、過去の津波・浸水被害の証拠となる津波堆積物と他の堆積物とを区別する手法を構築した。... 過去...

防災産業展2021/紙上プレビュー(1) (2021/11/11 建設・生活・環境・エネルギー2)

高知県/避難所運営・感染症対策向け製品 防災先進県の高知県では、古くから台風や豪雨浸水、南海地震などの自然災害に見舞われており、官民一体となって防災・減...

ウェザーニューズから提供を受ける気象データなどを基に、浸水の発生や被害地域を予測して提示する。

関西空港は18年の台風21号により滑走路やターミナルが浸水し、利用客らが空港内に取り残される自体に見舞われた。

浸水範囲を可視化する対策や、避難所の混雑状況を配信するサービスなど、さまざまな場面で連携が進んでいる。... 同社はSNSの投稿から数分で水害発生時の浸水範囲を推定し、地図上に可視化する技術の開発を進...

進む国土強靱化(8)道路(下)ロボット使い生産性向上 (2021/11/2 建設・生活・環境・エネルギー2)

大成建設の橋本理技術センター社会基盤技術研究部先端基盤研究室主席研究員には「道路橋鉄筋コンクリート製床版(RC床版)の劣化は、路面を走行する車両の輪荷重とコンクリート内部の浸水による相...

台風19号では、団地付近の河川の氾濫で全社が約50センチ―2メートル床上浸水し、甚大な被害を受けた。

早川ゴム、打ち継ぎ部の浸水防止部材 住宅コンクリ基礎向け (2021/10/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

【福山】早川ゴム(広島県福山市、横田幸治社長)は、住宅のコンクリート製基礎の内部への浸水を防ぐゴム部材を発売した。... 床下浸水があると、打ち継ぎ部のす...

DCA型シリーズは防水仕様だが、船舶などでの使用では、さらに浸水対策を強化するため防水テープを巻くこともある。

被災状況の把握では例えば浸水センサーを用いて浸水状況の把握など、活用を進めていく」 ―地域の公共交通をどう守りますか。

豪雨による降水量と、人口や建物などの社会構成データを組み合わせて浸水による被害リスクの度合を推計し、被害地域を特定するシミュレーションなどをしている。

このほど、要介護度や浸水リスクの高さのため、水害発生時に避難支援の優先度が最も高い区分の児童を含む87人の避難計画を作成した。

文化シヤッター、アルミ製止水板 スチールドア専用で簡単設置 (2021/9/20 建設・生活・環境・エネルギー)

浸水防止性能は最も普及しているJIS規格「Ws―3」に相当する。... 台風やゲリラ豪雨から建物を守る浸水対策製品として売り込む。

豪雨による浸水被害が想定される地下街や地下通路出入口での利用を想定している。

池田模範堂、福岡支店移転 (2021/9/17 西日本)

水害に強いピロティ(吹き抜け構造)を採用し、台風や豪雨などによる浸水を防いだり、外部からの騒音防止対策を施したりして、社員が安全で安心して働ける職場環境を整える。

住宅の屋根に降った雨水を地下に一時貯留する「クロスウェーブ」を全棟に導入し、下水管への雨水排水量を抑制して内水氾濫による浸水被害を低減する。

今後は最近、増えつつある豪雨による浸水対策に力を入れたい。床上浸水をすると、復旧に時間がかかるため、地盤をかさ上げしたり、外構で止水したりする対策を考えたい。7月に住宅生産団体連合会から『住宅における...

進む国土強靱化(1)官民でデジタル技術活用 災害情報共有へ基盤構築 (2021/9/14 建設・生活・環境・エネルギー)

同セミナーでは、水害対策の事例として浸水検知や住民への通知システム、飛行ロボット(ドローン)を使った被災状況撮影、救援物資搬送の取り組みなどを取り上げた。

「現在はゲリラ豪雨など浸水対策用にも力を入れているが、業績の下支えになるのは比較的低価格帯で生産台数の多い水中ポンプ。

同社危機管理委員会危機管理推進室の端山恵介氏は「従業員の被害も工場の浸水もなかった」と一安心の様子だが、頻発する災害に気をもんでいる。

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン