230件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

(編集委員・青柳一弘) トランプ・ショック 前進ムードに水 パリ協定は先進国に温室効果ガス排出削減を義務付けた京都議定書(97年、COP3で採択...

さらに環境対策に関して「30年の温室効果ガス排出削減目標を策定している」(製造業など限定設問)も追加した。

火力発電対象、地球温暖化対策後退  【ワシントン時事】トランプ米政権は10日、火力発電所からの温室効果ガス排出削減を義務付けた「クリーンパワープラン」を撤廃すると...

岐路に立つ石炭火力、国内 計画見直し相次ぐ (2017/9/25 建設・エネルギー・生活)

すでに世界的には、温室効果ガス排出削減の取り組みが加速し、化石燃料の利用を縮小する動きが広がる。 ... 【風当たり強まる】 日本も温室効果ガス排出量を30年度に1...

環境省は経済成長にもつながる気候変動対策として、一般家庭における温室効果ガス排出削減を推し進める。日本が地球温暖化対策の新たな国際枠組み「パリ協定」で掲げた温室効果ガス削減目標、2030年度に13年度...

同年までに80%の温室効果ガス排出削減を目指すパリ協定を踏まえ、技術開発の方向性などを探る。

同協定は先進国に温室効果ガス排出削減を義務づけた京都議定書に代わって2020年以降、発展途上国を含むすべての国が協調して地球温暖化対策に取り組む国際条約。... 【米なし協定効果を減殺−経済界、憂慮の...

パリ協定は、先進国に温室効果ガス排出削減を義務づけた京都議定書(1997年採択)に代わって2020年以降、発展途上国を含むすべての国が協調して地球温暖化対策に取り組む国際条約。... 米国は中国に次ぐ...

産業界にとって温室効果ガス排出抑制は厳しい課題だ。... 日本は温室効果ガス排出を2030年度に13年度比で26%削減、50年度までの長期目標として80%削減を目指すことを決めている。 ...

具体的には「照明の消灯・間引き」「空調の温度管理」「社員への呼びかけ」といった投資を伴わない活動と、LED照明の導入など効果のわかりやすい施策が多かった。... 特に対策未実施の企業には「省エネがコス...

ESCO・エネ推進協、省エネセミナー開く (2017/1/20 建設・エネルギー・生活1)

協議会の中上英俊代表理事(住環境計画研究所会長)は日本の温室効果ガス排出削減目標を解説し「省エネを支援するESCO事業者の活躍が期待される」と基調講演。

パリ協定は、先進国に温室効果ガス排出削減を義務づけた京都議定書(1997年、COP3で採択)に代わって2020年以降、発展途上国を含むすべての国が協調して地球温暖化対策に取り組む国際条約。... パリ...

環境省が6日公表した2015年度の温室効果ガス排出量(速報値)は二酸化炭素(CO2)換算で前年度比3・0%減の13億2100万トンとなり、14年度に続き減少した。... □  □ 政...

プルトニウムの利用方針やこれを踏まえた核燃料サイクル、福島事故の反省を踏まえた国民理解の深化への取り組み、50年以降を見据えた長期的な温室効果ガス排出削減への貢献、人材育成、放射線利用など分野横断的な...

すでに同協定は温室効果ガスの主要排出国である米国や中国、インド、欧州連合(EU)などが批准して要件を満たし、4日に発効している。 ... すべての国が自主的に温室効果ガスの排出削減目...

スミカ・サステナブル・ソリューションは新規性を前提に、温室効果ガス排出削減、廃棄物削減・省資源化、持続可能な社会構築など、いずれかに効果がある製品を選ぶ。... 認定製品は20年度に5200万トンのC...

パリ協定は、先進国に温室効果ガス排出削減を義務づけた京都議定書(1997年、COP3で採択)に代わり、2020年以降に発展途上国を含むすべての国が協調して地球温暖化対策に取り組む国際条約。... 京都...

同協定は先進国に温室効果ガス排出削減を義務づけた京都議定書に代わり、2020年以降、途上国を含むすべての国が協調して地球温暖化対策に取り組む国際条約。

また、原子力行政に関し「原子力発電抜きに(日本の温室効果ガス排出削減目標である)2030年度までに13年度比26%減を達成するのは難しい」と見解を述べた。

【温室ガス削減の有力手段】 省エネを目指した政府の推奨温度は28度C。... 長期的には、国のエネルギーミックス(エネルギーの種類の割合に関する政策)や温室効果ガス排出削減を目的にし...

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる