104件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.023秒)

福井に友人がいる。何年か前に遊びに行ったときは、インドから帰国したばかりということだった。ガンジス川で水浴びをするという長年の夢をかなえてきたらしい。

病気は治してもらうものではなく、自分で治すものである、という考え方がある。これをもう一歩進めると、「病気は治すものではなく、治るものである」と言うこともできるだろう。ぼくたちの身体...

久しぶりに奈良と京都で仕事をした。奈良はともかく、京都はいつも外国人を含む観光客で溢れている印象しかないので、人影のまばらな東山などを歩いていると、寂しさを通り越してちょっと異様な...

擬声語や擬態語などを意味する「オノマトペ」。これは民族や言語によってかなり違う。というか、「なんで?」

米アップル創業者のスティーブ・ジョブズは、2011年10月5日に亡くなった。今年は没後10年である。誰も必要とは思わなかったのに、気がついた時には「これなしでは生きていけない」とみ...

「作家・片山恭一が考える『デザインのチカラ』」と「週末は別人」は、引き続き掲載します。

藤原道長は生涯、“モノノケ”におびえて暮らしたと言われる。いわゆる摂関政治のなかで、天皇の外戚として権力の頂点に上り詰めるまでに、身内を含む多くの者たちを追い落としてきた...

ゴリラやチンパンジーとヒトの遺伝子配列の違いは1・3%くらいと言われている。このわずかの違いのため、ぼくたちは「そろそろ月は飽きたから火星まで行ってみようじゃないか」なんて話をしている。一方の...

映画評論家の山田宏一さんの本に、子どものころ映画のタダ見をしていた話が出てくる。戦後、まだ間もないころ。トイレから潜入し映画を見ることを常習にしていたらしい。

翻訳家、田口俊樹氏の著書「日々翻訳ざんげ」に人称代名詞の話が出てくる。翻訳で外国の小説などを読んでいると、一人称の使い方が気になることがある。この作品の文体からすると、一人称は「私」よりも「ぼく」か「...

コンピューターのアルゴリズムが得意とするのは、いろいろなモノのマッチングである。トレーディングの世界では、売買銘柄と注文を最適のタイミングでマッチングする。腎臓移植を待っている患者とドナー、コールセン...

小学生のころ、短い期間だが「コックリさん」が流行したことがある。教室の隅などでやっていた。机の上に10円玉を置き、何人かが指を乗せて「コックリさん、コックリさん、おいでください」と呼びかけると硬貨が動...

人間はこれまで長い間、人の死を肉体の衰滅としてとらえてきた。つまり、物理現象として死を考えてきたわけだ。物理現象というのは、物質の因果関係である。

現在までのところ実在が確認されている中国最古の王朝が殷で、この王朝で使われていた文字が甲骨文字である。中国では古くから、亀の甲羅や動物の骨に焼きごてを押しつけて、出来たひびの形を占うことが行われてきた...

映画は必ず劇場で見るという人がいる。映画好きに多い。やはりあの大画面で見ないと映画の良さは分からない、という人もいる。

新型コロナウイルス感染拡大が100年前に起きていれば、「今年は重症の風邪が多いな」という程度で、存在にさえ気付かずに終わっていたかもしれない、と言う人がいる。現代では医学・疫学の発達により、感染拡大が...

地質学者のデイビッド・モントゴメリーらの著書「土と内臓」は、副題に「微生物がつくる世界」とある。いまだ十分に解明されていない地面の中と人間の体の中、特に大腸などの消化器官で微生物の果たす役割について、...

俳人・中村草田男(くさたお)の代表句「万緑の中や吾子(あこ)の歯生え初(そ)むる」。緑と白のコントラストが美しい有名な句だ。ところで、「どうして葉っぱは...

病気というと、風邪(感冒)とか胃潰瘍といった「病名」のことと思いがちだ。これは現在の医療機関のほとんどが、医療保険制度によって運営されていることも関係しているだろう。保険診療をするため...

ぼくの知人は、最後まで自分の足で歩いてトイレに行き、ベッドに戻って「では、さようなら」と言って死ぬのが最上、そういう死に方を目指すと言っている。まあ、異存はないけれど、それよりもぼくが気になるのは、死...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン