65件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

例えば環境発電機器を手がけるエナジーワイヤレスは、入居者のM&Wiseコンサルティングから事業計画や資金財務戦略の支援を受けている。... 単なるスペース提供ではなく、入居者が刺激を受けて、積極的にビ...

【京都】オムロンは23日、オランダのアイメックと共同で、振動などのエネルギーを電力に変換する環境発電用の小型電源モジュールを完成、サンプル出荷を始めたと発表した。... モジュール自体が発電するため、...

【アダマンド/電磁式環境発電デバイスを展示】 アダマンド(東京都足立区、03・3919・1171)は、身の回りの捨てられている小さなエネルギーを電力に変換する電磁式エナジーハーベステ...

「当社が開発した無線通信規格『EnOcean』は光や温度、振動などの微弱なエネルギーを集めて電力に変換するエネルギーハーベスト技術(環境発電技術)の一つ。

同キットを家電や産業機器に組み込むことで、家電の作動、ドアの開閉状況、工場の製造設備の稼働状況といったデータの収集や保存などが無線環境下で行える。... エンオーシャンは光や温度、振動など微弱なエネル...

【京都】ロームは環境発電で駆動できる低消費電力無線通信技術「エンオーシャン」を当麻寺(奈良県葛城市)に導入した。

同社や東京大学、オムロンなどが参画する団体「エレクトレット環境発電アライアンス」の振動発電器に材料が使用されている。

東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻の鈴木雄二教授、オムロン、旭硝子など6者は18日までに、半永久的に電荷を保持できる絶縁体(エレクトレット)を用いて微弱な振動を電気エネルギーに変換する技術の普及に...

富士通セミコンダクターは22日、エナジーハーベスティング(環境発電)電源ICとして、降圧型と昇圧型のDC/DC(直流/直流)コンバーター2製品(写真)を開発し、6月にサンプル出荷を始めると発表した。....

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)成形技術などの「成形分野」、電力変換技術や環境発電技術などの「新エネルギー関連分野」に関して、技術動向や市場動向などを報告する。

「キー技術の電源を開発した」とうれしそうなのはフジクラ環境・エネルギー研究所所長の田辺信夫さん。... ボタン電池で動く機器に組み込めば、「配線や電池交換が不要な環境発電機器ができる。

新潟県工業技術総合研究所は13日13時半から新潟市中央区の同研究所で、第3回エネルギーハーベスティング(環境発電)技術セミナーを開く。セラテックエンジニアリングの岡本正昭社長が「圧電振動発電デバイスの...

押し込む動作で発電してオン・オフの信号を送信する照明用スイッチなどの販売を想定する。... 【用語】エンオーシャン=環境発電(エネルギーハーベスト)を利用した超低消費電力無線通信の国際規格。

環境発電で駆動できる低消費電力無線通信技術の開発促進を目的とした組織で、グローバルに300社超が加盟。

電力供給を受けずに長期間動作させるための環境発電素子の活用に注目が集まる。

新規分野はセンサーネットワークや、セラミックス技術を活用した各種エネルギーハーベスト(環境発電)など幅広い」 ―パワーエレクトロニクス分野の開発は。 ... ルネサ...

NTT経営データ研究所の竹内敬治氏が「エネルギーハーベスティング技術〜注目されている環境発電技術の現状と事業化に向けた課題」をテーマに話す。

振動体の振動、人体の運動や風の揺らぎなど生活環境にある振動から微弱な電力を取り出す「エネルギー・ハーベスト(環境発電)」。... セラテックエンジニアリング(東京都あきる野市、岡本正昭社長、042・5...

しかし、車の騒音など日常的に周辺環境にあふれている振動エネルギーを電力に変えられるため「環境発電」という考え方を提唱している。... 周辺環境の振動から発電して発光ダイオード(LED)を点灯したり、無...

携帯電話や音楽プレーヤーなどの蓄電池を例に、最先端の環境発電と技術革新を取り上げる。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる