324件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

産業技術総合研究所(産総研)は、世界に先駆けたゼロエミッション(温室効果ガス排出ゼロ)技術の確立を推進するため「東京湾岸ゼロエミッションイノベーション協議会」を設立する。... 電力、ガス、石油、化学...

【共用装置群】 産業技術総合研究所(産総研)では、指向性を高めた低エネルギーの陽電子ビームの生成技術や、それを応用した空隙分析技術を開発してきた。... これらの装置群は、産総研の共...

今後は素材に応じた混練技術の確立やコストダウン、培養の効率化などに向けて、PNFの製造に関する基本特許を有する産業技術総合研究所(産総研)や宮崎大、大手化成品メーカーと連携して実用化を目指す。 ...

石油根源岩の成因解明 【新生代に注力】 産業技術総合研究所(産総研)地質調査総合センターでは、石炭の持つさまざまなポテンシャル評価のための技術開発を進めており、特に...

産業技術総合研究所(産総研)では、微量水分測定の高精度化を目指して、独自に微量水分計の開発を進めている。... 【技術普及へ】 さらに産総研では、微量水分測定技術の普及を目指して、C...

大日印、高精度マーカー開発 搬送位置の誤差1度以下 (2020/5/11 電機・電子部品・情報・通信)

全地球測位システム(GPS)が使えない場所でも誤差10センチメートル未満の測位ができる、産業技術総合研究所(産総研)の高精度なマーカーを独自技術で低コスト化した。... 産総研の技術移転ベンチャーであ...

昭和電工は、産業技術総合研究所(産総研)などと共同で、フレキシブル透明フィルムを開発する際の実験回数を25分の1以下に低減した。

【代替材が課題】 産業技術総合研究所(産総研)は企業との共同研究によりAlNへスカンジウム(Sc)を添加すると圧電性能が飛躍的に向上することを世界に先駆けて見いだした。... 【添加...

【熱輻射を利用】 産業技術総合研究所(産総研)では、多くのナノ材料が導電性を示し、それらが形成するネットワーク構造もまた導電性を示すことに着目して、新たなナノ材料ネットワーク構造の評...

産業技術総合研究所(産総研)の元研究者で同社技術顧問の垰田博史氏と共同開発した光触媒技術を応用した。... (総合1参照) 日本ポリマーの光触媒技術は、太陽光のほか蛍光灯や発光ダイオ...

【屋内でも走行】 産業技術総合研究所(産総研)では、歩行者と同じ空間での電動車いすの自動走行技術を蓄積してきた。... 産総研で開発したシステムは、小型の3次元形状取得センサー(Li...

コマツ、産総研と連携 人と建機の協調技術開発 (2020/3/30 機械・ロボット・航空機1)

コマツと産業技術総合研究所(産総研)は「コマツ―産総研 ヒューマンオーグメンテーション連携研究室」を4月に設立する。... 同研究室は産総研情報・人間工学領域人間拡張研究センター内に設立する。... ...

超広帯域発光素子が有効 産業技術総合研究所(産総研)が開発した発光ダイオード(LED)型超広帯域発光素子は、200ミリワット以上の明るさと1000時間以上の長寿命...

研究データを内外共有 日立、システム基盤提供 (2020/3/27 電機・電子部品・情報・通信1)

クラウドやオンプレミス(自社設備)など企業や研究所のニーズに応じて構築する。... 日立は産業技術総合研究所(産総研)に、同ソリューションの中核となるオープンソースソフトウエア「オープン・サイエンス・...

産業技術総合研究所(産総研)では、Siパワエレを超える性能を目指して、新材料であるワイドギャップ半導体、特に炭化ケイ素(SiC)に注目し、ウエハーからモジュールまでの各階層で研究開発を進めている。&#...

産業技術総合研究所(産総研)は、地域の地中熱のポテンシャルを評価する手法を確立している。... 産総研は2014―18年度に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の地中熱利用技術を開発するプロ...

農業用ハウスの温湿度調整 産業技術総合研究所(産総研)は、先端技術を農業分野に適用する「農工連携」に力を入れ始めている。... 産総研は農業者と製品やシステムを提供する企業の間に立ち...

産業技術総合研究所(産総研)では、QRコードのような個体識別バーコードをアリの胸部に付けて個体の行動を追跡した。... (木曜日に掲載) ◇産総研 生物プロセス研究部門 生物共生進化...

【薄膜転写技術】 産業技術総合研究所(産総研)では、独自の低温貼り合わせ技術と高度な半導体転写法を用いて高品質なゲルマニウム薄膜や化合物半導体薄膜をシリコン上に形成する薄膜転写技術を...

DICと産総研、連携研究ラボ設置 機能材料を開発 (2020/2/27 素材・医療・ヘルスケア)

DICと産業技術総合研究所(産総研)は26日、産総研の材料・化学領域内に「DIC―産総研 サステナビリティマテリアル連携研究ラボ」を設立し、共同研究を始めたと発表した。... 産総研のつくばセンターと...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる