105件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

眼底カメラ市場では金額ベースで約3割のシェアを持ち、トップレベルに位置する。

ニデック 網膜の断層像を撮影する光干渉断層計と、眼底撮影用の無散瞳眼底カメラを一体化した複合機「レチナスキャンデュオ」を国内外の病院向けに発売した。... 複合化により両データを照合しやすくなり、総合...

このネットワークを生かし、眼底カメラなどキヤノンが手がける医療事業の製品の拡販も狙う。

トプコン 検査時に点眼薬を使わないで眼底を撮影する無散瞳眼底カメラで、1回のタッチパネル操作で撮影を完了できるフルオート型の新機種「TRC―NW400」を月内に発売する。... 「誰でも簡単に眼底写真...

トプコンは検査時に点眼薬を使わないで眼底を撮影する無散瞳眼底カメラで、1回の操作で撮影を完了できるフルオート型の新機種「TRC―NW400=写真」を月内に発売する。

眼底網膜中心部の網膜感度の悪化を食い止め、視機能の低下を抑えるという。

血液を拡散して精密検査用の標本を作製する卓上型遠心塗抹装置の「とまつくん(LT1000)」を発売したのに加え、2016年をめどに眼底検査機器を投入する。... 眼底検査機器は、家庭で一般の人が眼底の静...

LSFG―NAVIはレーザー光の反射散乱を利用して眼底の血流を測定、画像化する。

同機器は家庭で一般の人が眼底の静脈を撮影する。... 眼底検査機器は目の全体に光を当て、特殊レンズによって眼底の静脈を撮影する。... 一般の人が自分で眼底を検査する機器はまだないが、光の当て方を間違...

東北大学大学院医学系研究科の中澤徹教授と共同で、失明につながる眼底虚血のラットをモデルに調べたところ、網膜で虚血となった部分で緑色の蛍光が確認できた。

眼圧や眼血流などの調節にかかわるカリウムイオンチャネルの働きを活発化させる作用があり、眼底網膜中心部の網膜感度が悪化して視機能が低下するといった網膜色素変性の症状を改善させる効果が見込める。

例えば直径0・3ミリメートルの微細血管をつなぐ、同0・1ミリメートルの眼底の血管に針を刺すといった、従来はごく限られた医師しかできなかった高度な手術が可能だ。

AMDは初期症状を簡単な眼底検査で見つけられる。

キヤノンはオート撮影機能を充実した無散瞳型デジタル眼底カメラ「CR―2プラスAF=写真」を5月1日に発売する。... 網膜疾患の観察や診断向けに眼底自発蛍光(FAF)撮影にも対応した。FAF撮影は造影...

トプコンは網膜の状態を観察する眼底カメラや光干渉断層計(OCT)、視力測定に使う屈折検査装置といった眼科機器のプラットフォームを統合する。... トプコンは屈折検査装置と眼底カメラが世界シェアでトップ...

【散瞳眼底の診察を】 では一体この病気に対して、注意すべきことは何だろうか。一言で言えば、“飛蚊症”を自覚したらすぐ眼科受診して、散瞳(瞳を検査薬で広げて)眼底の診察をして病気の有無...

【深刻な思いで受診】 今回は眼底出血に関連する三つの病気についてとりあげる。... 【深刻な三つの病気】 一方、本当に深刻となる眼底出血の代表的なものは大きく三つあ...

厄介なことに視力は良好で、自覚症状はない時期に眼底出血は確実に進行しているので、治療を開始するタイミングを患者さん自身は自覚症状がなく、全く分からないのである。 ... 簡便なのは健...

検診では眼底写真を持って視神経乳頭陥凹拡大異常を根拠として検診を促すのだが、これもまた、医学用語で一般に浸透しているとは言い難く、理解しにくいものである。 ... 【眼底写真で発見】...

第3回は眼精疲労とドライアイ、アレルギー、加齢の話題について、第4回は糖尿病合併症としての網膜症について、第5回は眼底出血を引き起こす血管病変と最近ようやく治療の対象となりつつある加齢性黄斑変性症につ...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる