570件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

石油の安定供給の継続に不透明感が増している。サウジアラビアの石油関連施設が攻撃を受け、世界経済にとって重要な石油施設の守りが脆弱(ぜいじゃく)であったことが露呈、原油相場も反応した。... (総合1参...

石油元売りなど、海外で資源開発結実 エネルギー多様・安定化 (2019/9/5 建設・生活・環境・エネルギー1)

石油元売りや資源開発大手による海外での液化天然ガス(LNG)や石油開発が実を結び始めた。国際石油開発帝石がインドネシア政府とLNG大型計画で正式合意するなど、各社肝いりの案件が前進している。... 子...

経営ひと言/石油連盟・月岡隆会長「自衛が基本」 (2019/7/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

「有志連合が機能するか判断材料がない」と認識を示すのは、石油連盟会長(出光興産会長)の月岡隆さん。... 石油元売り各社はホルムズ海峡通過時に、タンカーのスピードを上げて運航している。 ...

石油元売り3社は、10月の消費増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元を全給油所で実施する。... 元売り各社の給油所は、直営店やFC加盟の大手企業の店舗もあり、これらは政府の還元対象ではない。

石油元売り各社は、すでに長期的なエネルギー転換を見据えて事業の多角化に取り組んでいる。... 石油の高付加価値化と操業の効率化のため、石油化学部門の強化も必須だろう。... 現在、石油・電気・ガスの三...

石油元売り業界も例外ではない。... 【大きな転換点】 各社の収益が悪化し、99年に日本石油と三菱石油が合併して日石三菱が誕生するなど、大手の元売り同士の提携が相次いだ。... 10...

経営ひと言/三谷商事・三谷聡社長「縮小市場で勝機」 (2019/5/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

石油元売り会社の再編により、石油卸売りの事業分野で効率化が課題となっており、その人員などを「GSを伸ばす方に振り向ける」。

石油元売りの通期見通し、営業・経常増益 統合でシナジー発揮 (2019/5/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

石油元売り大手3社が収益性向上へ体質強化を進める。... コスモエネルギーHDは前期にあった製油所不具合が解消することによる販売増で、石油開発事業の落ち込みをカバーする。

IMO規制で変わる船用燃料 石油元売り、対策急ピッチ (2019/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

舶用燃料を供給する石油業界にとって「海運会社は重要なビジネスパートナー」(石油連盟)。... 日本の石油業界は原油の大部分を重質の中東産に依存してきたこともあり、現状では石油精製プロセスで一定量のC重...

石油元売り大手の新規制対応が本格化してきた。 ... 船舶と火力発電の燃料になるが、長期的な需要減が見込まれており、石油元売り大手は新規制の対応策定に慎重だった。 ...

国内石油元売りもコスト増を反映できない設備投資には踏み切りづらい。 【適合油で検証】 外航船事業者は、石油メジャーと情報交換しながら、燃料調達拠点で調達できる適合油...

【内航船も対象】 検討会では国内石油元売り事業者が提供したサンプルを試験し、混合した場合の安定性も確認した。... 国内石油元売り各社は秋以降に適合油の供給を始める見通しを示している...

将来的には同システムで石油元売りや総務省消防庁、事業者などをつなぎたい考え。 【変革を促す】 「石油業界は売りっぱなしではいけない」と伊東社長は力を込める。今後はタ...

石油業界では17年4月に旧JXホールディングス(HD)と旧東燃ゼネラル石油が統合し、国内燃料油販売で過半のシェアを握るJXTGHDが誕生。... 昭シェルの母体となった旧昭和石油が上場したのは1949...

石油産業が事業の軌道修正を迫られている。... (編集委員・青柳一弘) 足元では石油元売り各社の業績自体は決して悪くはない。... 中長期の需要減少が確実視される中、脱石油依存を余儀...

カーライフ市場を開拓 石油元売りの再編は、2017年4月にJXTGホールディングスが発足し、2年遅れて経営統合にこぎ着けた出光昭和シェルの始動で一段落する。... 「石油事業は少なく...

国内の石油元売り会社や検査機関向け。 ... 石油化学業界の材料分析特有の同定・計算処理や、日本工業規格(JIS)対応リポートの作成などができる。

統合シナジー、さらに先へ 4月に出光興産と昭和シェル石油が経営統合し、石油元売りの再編は一つの区切りを迎える。... ◇  ◇ ―石油元売りの第2勢力、出光昭和シェ...

ガソリンカードは石油元売り会社とカード会社が提携するクレジットカードだ。

「日本は人口減少社会に差し掛かり、電気自動車(EV)をはじめとするエコカーの普及もあって、石油製品需要が減り続ける状況は変わらない。... 一方で、石油化学製品の需要はアジア新興国を中心に伸び続けてい...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる